月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

桐生「勝てばタイムもついてくる」屋外初戦に向け「良い流れを作りたい」/織田記念前日会見


サトウ食品日本グランプリシリーズ、織田記念を明日に控え、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が前日会見に臨んだ。

すでに東京五輪の参加標準記録10秒05を突破済みの桐生だが、「タイムを切っているからといって安心できない」と気を引き締める。3月の日本選手権室内60mは左膝裏に違和感があったため決勝を棄権したが、「1、2週間休んで、最近はスピードアップしてきて良い感じ」と笑顔を浮かべる。

実質、屋外初戦で「いい流れを作りたい」と桐生。昨年は「50mまで省エネ過ぎた。物足りない感じがあった」と言う。その課題克服に向け、「トップスピードを上げたい」。スタートから中盤まで「踏む感じ」でトップスピードに乗せていくイメージで、「思いっ切り走るのとは違うけど、力を使わず進む」のだという。その結果、「100mを走りきった後に疲れ切っているのが良い走り」と、桐生の原点とも言える『よーいドン』の完成形を目指す。

織田記念は「自分にとって分岐点の一つ」と桐生。2013年に10秒01をマークし、一躍トップスプリンターへと駆け上がった。それから8年たってもなお、桐生は桐生であり続けてきた。「(高速)トラックについてはあまり気にしていない」としつつ、「僕にとっては好きな競技場」と話し、観客も入ることから「楽しんでもらえる走りをしたい」と言う。

山縣と織田記念で対決になると、その2013年以来、8年ぶりとなる。その時は桐生が0.01秒差で山縣を抑え、それが日本人による初の10秒0台決着だった。「山縣さんとは僕が高校生の時から走っていて、勝ったり負けたりしている相手。楽しみです。山縣さんに向けられる地元の応援を僕に変えられるようにします」とニヤリ。

山縣はもちろん、小池祐貴(住友電工)ら有力選手がそろうレース。「試合で緊張しないことはない。今も話していてドキドキしています。もちろん、(レースは)勝つ、そこに重点を置いていきます。そうすれば記録もついてくる」と話し、笑顔で会場を後にした。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com