月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

やり投・佐藤友佳「東京五輪の参加標準記録狙いたい」/織田記念前日会見


サトウ食品日本グランプリシリーズ、織田記念を明日に控え、女子やり投の佐藤友佳(ニコニコのり)が前日会見に臨んだ。

昨年の日本選手権で初優勝を飾った佐藤。シーズン終了後はフィンランド、南アフリカと渡り合宿を行ってきた。3月には南アフリカで60m34をマーク。その投てきについて「条件、体調面も良かった」と言う一方、「やり先が上がり過ぎて、ズレがあったので、この1ヵ月はそこの修正に取り組んできた」と話す。

高校から大阪(東大阪大敬愛高)に越境したが、地元・広島の福山市出身。「リレーで走ったこともある思い出のある大会」だという織田記念で、「東京五輪の参加標準記録である64m00を狙い」と堂々と宣言した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com