HOME ニュース、国内

2021.04.11

最終選考会で強さを発揮した丸尾が主要大会初Vで五輪代表つかむ/日本選手権50km競歩
最終選考会で強さを発揮した丸尾が主要大会初Vで五輪代表つかむ/日本選手権50km競歩


写真/フォート・キシモト
◇日本選手権50km競歩・全日本競歩輪島大会(4月11日/石川・輪島)

東京五輪代表選考会を兼ねた男子50km競歩は丸尾知司(愛知製鋼)が大会新記録の3時間38分42秒で初優勝。2017年ロンドン世界選手権で5位に入った実力者が、東京五輪最後の代表選考会でその強さを発揮して東京五輪代表に内定した。

序盤こそ1km4分25~30秒と派遣設定記録(3時間45分00秒)のペースで推移したが、20km競歩で五輪・世界選手権で5回出場している藤澤勇(ALSOK)が13kmまでの1kmを4分14秒に上げるとレースはハイペースに。そのなかで16年リオ五輪銅、17年ロンドン世界選手権銀の両メダリスト・荒井広宙(富士通)が離れ、24kmには17年ロンドン世界選手権銅メダリストの小林快(新潟アルビレックスRC)、25km過ぎには藤澤が脱落。優勝争いは丸尾と野田明宏(自衛隊体育学校)に絞られた。所属先や年齢(丸尾29歳、野田25歳)も違うが時折練習も一緒にする2人が、最後の五輪代表という切符を懸けてマッチレースを繰り広げた。

その後も1km4分10~15秒のペースを維持し、30kmは2時間9分15秒、35km2時間30分11秒で通過。日本記録(3時間36分45秒)やアジア記録(3時間36分07秒)だけでなく、あわよくば世界記録(3時間32分33秒)にも届きそうな展開となった。2人のレースは10km以上にも及んだ。

動いたのは35km過ぎ。野田に次の1kmを4分07秒に引き上げられると、丸尾はやや離れた。わずかずつ差が広がったが、ここで粘る。前日の記者会見で「冷静に進めていくことが大事。落ち着いて進めたい」と話していた通り、野田の勢いにやや陰りが出るとじわじわと詰めていく。40km付近では再び並んだ。

そして、42kmで丸尾が前に出て、野田を引き離す。中盤までのハイペースが影響したからか、野田はつくことができない。丸尾自身もペースを落としていったが、順位を確認してしっかりと歩き抜いた。

優勝記録は2年前に鈴木雄介(富士通)がマークした大会記録(3時間39分07秒)を25秒更新。丸尾にとっては2019年10月の全日本50km競歩高畠大会で出した自己記録3時間37分39秒(日本歴代2位)に次ぐセカンドベスト、歴代パフォーマンスでは3番目のタイムとなった。

京都府出身で、洛南高3年時の2009年新潟国体少年共通5000m競歩で優勝したことがある。男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)や男子走高跳の戸邉直人(JAL)、男子やり投のディーン元気(ミズノ)らと同学年の『プラチナ世代』だ。

びわこ成蹊スポーツ大卒業後は和歌山県教育庁や16年に入社した愛知製鋼でそのキャリアを重ね、17年のロンドン世界選手権の他にも、18年世界競歩チーム選手権では3位に入っている。しかし、シニア以降は好記録を出して日本代表として国際舞台を踏んでも、この種目での主要大会優勝がなかった。金メダルが狙える位置にあった18年のジャカルタ・アジア大会は腕がつってしまうアクシデントで4位。世界歴代15位に位置する自己ベストを出した時も、川野将虎(東洋大/現・旭化成)が日本新の3時間36分45秒を出して先着された。

派遣設定記録の突破者で優勝した選手が東京五輪代表を手にすることができる今大会。そんな大一番で、丸尾はこれまでの“脇役”から、“主役”に躍り出た。

この種目の五輪代表は19年ドーハ世界選手権金メダリストの鈴木、日本記録保持者の川野がすでに内定しており、そこに日本歴代2位の記録を持つ丸尾が加わる。熾烈な争いを経て、日本史上最強トリオで8月の本番に臨みそうだ。

■男子50kmW上位8人の成績
①丸尾 知司(愛知製鋼) 3.38.42
②勝木 隼人(自衛隊体育学校) 3.42.34
③小林  快(新潟アルビレックスRC) 3.43.31
④野田 明宏(自衛隊体育学校) 3.45.26
⑤藤澤  勇(ALSOK) 3.46.27
⑥高橋 和生(ADワークスグループ) 3.47.38
⑦荒井 広宙(富士通) 3.50.11
⑧伊藤 佑樹(サーベイリサーチセンター) 4.02.46

■男子50kmW日本歴代10傑+パフォーマンス
3.36.45 川野 将虎(東洋大3) 2019.10.27
3.37.39 丸尾 知司(愛知製鋼) 2019.10.27
3.38.42  丸尾 2  2021. 4.11
3.39.07 鈴木 雄介(富士通) 2019. 4.14
3.39.24  川野 2  2019. 4.14
3.39.47 野田 明宏(自衛隊体育学校) 2018.10.28
3.40.04  丸尾 3  2019. 4.14
3.40.12 山﨑 勇喜(長谷川体育施設) 2009. 4.12
3.40.19 谷井 孝行(自衛隊体育学校) 2014.10. 1
3.40.20 荒井 広宙(自衛隊体育学校) 2015. 4.19
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
3.41.19 小林  快(ビックカメラ) 2017. 8.13
3.43.02 吉田 琢哉(盛岡市役所) 2014.10.26
3.43.14 森岡紘一朗(富士通) 2012. 8.11

写真/フォート・キシモト ◇日本選手権50km競歩・全日本競歩輪島大会(4月11日/石川・輪島) 東京五輪代表選考会を兼ねた男子50km競歩は丸尾知司(愛知製鋼)が大会新記録の3時間38分42秒で初優勝。2017年ロンドン世界選手権で5位に入った実力者が、東京五輪最後の代表選考会でその強さを発揮して東京五輪代表に内定した。 序盤こそ1km4分25~30秒と派遣設定記録(3時間45分00秒)のペースで推移したが、20km競歩で五輪・世界選手権で5回出場している藤澤勇(ALSOK)が13kmまでの1kmを4分14秒に上げるとレースはハイペースに。そのなかで16年リオ五輪銅、17年ロンドン世界選手権銀の両メダリスト・荒井広宙(富士通)が離れ、24kmには17年ロンドン世界選手権銅メダリストの小林快(新潟アルビレックスRC)、25km過ぎには藤澤が脱落。優勝争いは丸尾と野田明宏(自衛隊体育学校)に絞られた。所属先や年齢(丸尾29歳、野田25歳)も違うが時折練習も一緒にする2人が、最後の五輪代表という切符を懸けてマッチレースを繰り広げた。 その後も1km4分10~15秒のペースを維持し、30kmは2時間9分15秒、35km2時間30分11秒で通過。日本記録(3時間36分45秒)やアジア記録(3時間36分07秒)だけでなく、あわよくば世界記録(3時間32分33秒)にも届きそうな展開となった。2人のレースは10km以上にも及んだ。 動いたのは35km過ぎ。野田に次の1kmを4分07秒に引き上げられると、丸尾はやや離れた。わずかずつ差が広がったが、ここで粘る。前日の記者会見で「冷静に進めていくことが大事。落ち着いて進めたい」と話していた通り、野田の勢いにやや陰りが出るとじわじわと詰めていく。40km付近では再び並んだ。 そして、42kmで丸尾が前に出て、野田を引き離す。中盤までのハイペースが影響したからか、野田はつくことができない。丸尾自身もペースを落としていったが、順位を確認してしっかりと歩き抜いた。 優勝記録は2年前に鈴木雄介(富士通)がマークした大会記録(3時間39分07秒)を25秒更新。丸尾にとっては2019年10月の全日本50km競歩高畠大会で出した自己記録3時間37分39秒(日本歴代2位)に次ぐセカンドベスト、歴代パフォーマンスでは3番目のタイムとなった。 京都府出身で、洛南高3年時の2009年新潟国体少年共通5000m競歩で優勝したことがある。男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)や男子走高跳の戸邉直人(JAL)、男子やり投のディーン元気(ミズノ)らと同学年の『プラチナ世代』だ。 びわこ成蹊スポーツ大卒業後は和歌山県教育庁や16年に入社した愛知製鋼でそのキャリアを重ね、17年のロンドン世界選手権の他にも、18年世界競歩チーム選手権では3位に入っている。しかし、シニア以降は好記録を出して日本代表として国際舞台を踏んでも、この種目での主要大会優勝がなかった。金メダルが狙える位置にあった18年のジャカルタ・アジア大会は腕がつってしまうアクシデントで4位。世界歴代15位に位置する自己ベストを出した時も、川野将虎(東洋大/現・旭化成)が日本新の3時間36分45秒を出して先着された。 派遣設定記録の突破者で優勝した選手が東京五輪代表を手にすることができる今大会。そんな大一番で、丸尾はこれまでの“脇役”から、“主役”に躍り出た。 この種目の五輪代表は19年ドーハ世界選手権金メダリストの鈴木、日本記録保持者の川野がすでに内定しており、そこに日本歴代2位の記録を持つ丸尾が加わる。熾烈な争いを経て、日本史上最強トリオで8月の本番に臨みそうだ。 ■男子50kmW上位8人の成績 ①丸尾 知司(愛知製鋼) 3.38.42 ②勝木 隼人(自衛隊体育学校) 3.42.34 ③小林  快(新潟アルビレックスRC) 3.43.31 ④野田 明宏(自衛隊体育学校) 3.45.26 ⑤藤澤  勇(ALSOK) 3.46.27 ⑥高橋 和生(ADワークスグループ) 3.47.38 ⑦荒井 広宙(富士通) 3.50.11 ⑧伊藤 佑樹(サーベイリサーチセンター) 4.02.46 ■男子50kmW日本歴代10傑+パフォーマンス 3.36.45 川野 将虎(東洋大3) 2019.10.27 3.37.39 丸尾 知司(愛知製鋼) 2019.10.27 3.38.42  丸尾 2  2021. 4.11 3.39.07 鈴木 雄介(富士通) 2019. 4.14 3.39.24  川野 2  2019. 4.14 3.39.47 野田 明宏(自衛隊体育学校) 2018.10.28 3.40.04  丸尾 3  2019. 4.14 3.40.12 山﨑 勇喜(長谷川体育施設) 2009. 4.12 3.40.19 谷井 孝行(自衛隊体育学校) 2014.10. 1 3.40.20 荒井 広宙(自衛隊体育学校) 2015. 4.19 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 3.41.19 小林  快(ビックカメラ) 2017. 8.13 3.43.02 吉田 琢哉(盛岡市役所) 2014.10.26 3.43.14 森岡紘一朗(富士通) 2012. 8.11

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top