月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

小池祐貴が追い風参考ながら10秒04!初戦「上出来」東京五輪100mメダル目指す/出雲陸上


◇吉岡隆徳記念第73回出雲陸上(4月10、11日/島根・浜山公園陸上競技場)

日本グランプリシリーズの出雲陸上2日目、男子100m決勝は小池祐貴(住友電工)が10秒04(+4.0)をマークした。予選で10秒37(-1.5)だった小池。決勝では一転、追い風4.0mで、「風が強くて転びそうになった」と言うが、「その中では上出来」と振り返る。今季初戦で「自分の走りの確認がメイン」。19年には100mで9秒98をマークしている小池。東京五輪への意気込みを聞かれ「100mでメダル獲得を目指して頑張ります」を力強く語った。小池はすでに東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破している。

2着には多田修平(住友電工)が10秒08で入り、10秒14の遠藤泰司(新日本住設)が3着。今年33歳になった草野誓也(Accel)が10秒23で続き、同タイム着差ありで宮本大輔(東洋大)。予選で10秒35(+0.2)をマークして1着通過していたケンブリッジ飛鳥(Nike)は決勝を欠場している。

男子300mは東田旺洋(栃木県スポーツ協会)が32秒65でタイムレーストップだった。

女子300mでは、200mU20日本記録保持者の齋藤愛美(大阪成蹊大)が日本歴代2位、アジア歴代2位となる37秒19をマークした。また、女子100mでは石川優(青学大)が11秒46(+3.0)と、追い風参考ながら好タイムで優勝。「11秒4台が目標だった。追い風参考は残念ですが、このタイムが出て、いい経験ができました。今年は日本選手権優勝を目指したいです」と語る。2着の三浦愛華(園田学園女子大)も11秒53の好記録だった。

女子400mは松本奈菜子(東邦銀行)が53秒80で優勝。「53秒5は出したかったので悔しい。マイルで世界リレーで入賞して東京五輪の出場権を獲得したい」と語った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com