月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

法大・鎌田が箱根1区に続く快走!「ユニバでも優勝したい」/第24回日本学生ハーフマラソン選手権

◇第24回日本学生ハーフマラソン選手権(3月14日/東京・立川市・陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース)

3月14日に2年ぶりに開催された日本学生ハーフマラソン選手権は法大の鎌田航生(3年)が1時間3分00秒で初優勝。1月の箱根駅伝で1区区間賞に輝いた男が、再びその実力を見せつけた。

レースは強風が吹き荒れた影響で序盤からペースが上がらず、先頭集団は5kmを14分50秒、10kmを29分50秒、15kmを44分58秒で通過。鎌田は集団の中でじっと力を溜めていた。

「(昨年10月の箱根駅伝)予選会でも同じコースを走り、路面が硬くて後半が伸びにくいことも含めてどんなコースかわかっていた。風が強く、暑くなるとわかった時点でタイムよりも着順ということを意識しました」(鎌田)

勝負どころになったのはラスト1周(約2.6km)だった。「常にどこで仕掛けるかを考えて走っていた」という鎌田がスパートし、後続を引き離していく。最終的には2位の鈴木芽吹(1年)に7秒差をつけて初の全国タイトルを獲得した。

箱根駅伝に続く勲章に「優勝はうれしいです。ラストで競り勝てたということが良かった。風が強い中で最後までしっかり押し切れたのは自信につながります」とコメント。2月は学生ハーフに向けて距離を意識して取り組んでいたとのことで、「今回のレース終盤の粘りにつながった」と自信を深めた様子だった。

神奈川・法政二高時代は全国都道府県対抗駅伝の5区(8.5km)で区間3位と好走した実績はあるものの、インターハイは5000mで予選落ち。法大に入学して2年時から箱根駅伝のエース区間である2区を任せられると、3年生になった今年の箱根駅伝では1区区間賞と覚醒した。

ユニバでの目標については「やはり優勝。今まで出場されてきた先輩方に負けないような結果を残していきたい」と力強くコメントしつつ、「チームを引っ張っていけるように1年間がんばっていきます」と最終学年に懸ける思いも口にした。

■日本学生ハーフマラソン選手権
1位 鎌田航生(法大3)1.03.00
2位 鈴木芽吹(駒大1)1.03.07
3位 島﨑慎愛(國學院大3)1.03.08
4位 藤木宏太(國學院大3)1.03.09
5位 小林 歩(駒大4)1.03.09
6位 伊豫田達弥(順大2)1.03.12
7位 栗原啓吾(中央学大3)1.03.24
8位 中谷雄飛(早大3)1.03.31


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com