HOME 国内、大学

2021.03.14

法大・鎌田が箱根1区に続く快走!「ユニバでも優勝したい」/第24回日本学生ハーフマラソン選手権
法大・鎌田が箱根1区に続く快走!「ユニバでも優勝したい」/第24回日本学生ハーフマラソン選手権

◇第24回日本学生ハーフマラソン選手権(3月14日/東京・立川市・陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース)

3月14日に2年ぶりに開催された日本学生ハーフマラソン選手権は法大の鎌田航生(3年)が1時間3分00秒で初優勝。1月の箱根駅伝で1区区間賞に輝いた男が、再びその実力を見せつけた。

レースは強風が吹き荒れた影響で序盤からペースが上がらず、先頭集団は5kmを14分50秒、10kmを29分50秒、15kmを44分58秒で通過。鎌田は集団の中でじっと力を溜めていた。

「(昨年10月の箱根駅伝)予選会でも同じコースを走り、路面が硬くて後半が伸びにくいことも含めてどんなコースかわかっていた。風が強く、暑くなるとわかった時点でタイムよりも着順ということを意識しました」(鎌田)

勝負どころになったのはラスト1周(約2.6km)だった。「常にどこで仕掛けるかを考えて走っていた」という鎌田がスパートし、後続を引き離していく。最終的には2位の鈴木芽吹(1年)に7秒差をつけて初の全国タイトルを獲得した。

箱根駅伝に続く勲章に「優勝はうれしいです。ラストで競り勝てたということが良かった。風が強い中で最後までしっかり押し切れたのは自信につながります」とコメント。2月は学生ハーフに向けて距離を意識して取り組んでいたとのことで、「今回のレース終盤の粘りにつながった」と自信を深めた様子だった。

神奈川・法政二高時代は全国都道府県対抗駅伝の5区(8.5km)で区間3位と好走した実績はあるものの、インターハイは5000mで予選落ち。法大に入学して2年時から箱根駅伝のエース区間である2区を任せられると、3年生になった今年の箱根駅伝では1区区間賞と覚醒した。

ユニバでの目標については「やはり優勝。今まで出場されてきた先輩方に負けないような結果を残していきたい」と力強くコメントしつつ、「チームを引っ張っていけるように1年間がんばっていきます」と最終学年に懸ける思いも口にした。

■日本学生ハーフマラソン選手権
1位 鎌田航生(法大3)1.03.00
2位 鈴木芽吹(駒大1)1.03.07
3位 島﨑慎愛(國學院大3)1.03.08
4位 藤木宏太(國學院大3)1.03.09
5位 小林 歩(駒大4)1.03.09
6位 伊豫田達弥(順大2)1.03.12
7位 栗原啓吾(中央学大3)1.03.24
8位 中谷雄飛(早大3)1.03.31

◇第24回日本学生ハーフマラソン選手権(3月14日/東京・立川市・陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース) 3月14日に2年ぶりに開催された日本学生ハーフマラソン選手権は法大の鎌田航生(3年)が1時間3分00秒で初優勝。1月の箱根駅伝で1区区間賞に輝いた男が、再びその実力を見せつけた。 レースは強風が吹き荒れた影響で序盤からペースが上がらず、先頭集団は5kmを14分50秒、10kmを29分50秒、15kmを44分58秒で通過。鎌田は集団の中でじっと力を溜めていた。

「(昨年10月の箱根駅伝)予選会でも同じコースを走り、路面が硬くて後半が伸びにくいことも含めてどんなコースかわかっていた。風が強く、暑くなるとわかった時点でタイムよりも着順ということを意識しました」(鎌田)

勝負どころになったのはラスト1周(約2.6km)だった。「常にどこで仕掛けるかを考えて走っていた」という鎌田がスパートし、後続を引き離していく。最終的には2位の鈴木芽吹(1年)に7秒差をつけて初の全国タイトルを獲得した。 箱根駅伝に続く勲章に「優勝はうれしいです。ラストで競り勝てたということが良かった。風が強い中で最後までしっかり押し切れたのは自信につながります」とコメント。2月は学生ハーフに向けて距離を意識して取り組んでいたとのことで、「今回のレース終盤の粘りにつながった」と自信を深めた様子だった。 神奈川・法政二高時代は全国都道府県対抗駅伝の5区(8.5km)で区間3位と好走した実績はあるものの、インターハイは5000mで予選落ち。法大に入学して2年時から箱根駅伝のエース区間である2区を任せられると、3年生になった今年の箱根駅伝では1区区間賞と覚醒した。 ユニバでの目標については「やはり優勝。今まで出場されてきた先輩方に負けないような結果を残していきたい」と力強くコメントしつつ、「チームを引っ張っていけるように1年間がんばっていきます」と最終学年に懸ける思いも口にした。 ■日本学生ハーフマラソン選手権 1位 鎌田航生(法大3)1.03.00 2位 鈴木芽吹(駒大1)1.03.07 3位 島﨑慎愛(國學院大3)1.03.08 4位 藤木宏太(國學院大3)1.03.09 5位 小林 歩(駒大4)1.03.09 6位 伊豫田達弥(順大2)1.03.12 7位 栗原啓吾(中央学大3)1.03.24 8位 中谷雄飛(早大3)1.03.31

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top