月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

09年世界選手権女子円盤投Vのスティーヴンスが復帰、女子棒高跳のケネディが4m82/WAコンチネンタルツアー

国際陸連(WA)のコンチネンタルツアー・ブロンズ大会のシドニー・トラッククラシックが3月13日、開催された。

女子円盤投はD.スティーヴンス(豪州)が63m36をマークし優勝した。1988年生まれの32歳のスティーヴンスは、2009年のベルリン世界選手権ではこの種目史上最年少で金メダルを獲得すると、16年リオ五輪では4位、17年ロンドン世界選手権銀メダルなどの実績がある。背中や首のケガで19年ドーハ世界選手権には出場できず、キャリア続行が危ぶまれていたが、復帰を果たした。

女子棒高跳では23歳のN.ケネディ(豪州)が4m82のナショナルレコードをマークした。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com