月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場チーム決定!

来年の元日に行われる全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選を兼ねた中部、北陸、関西、中国の各地区で駅伝が行われ(北陸はトラックレース)、すでに予選が終了している東日本、九州とあわせて、出場37チームが出そろった。
関西ではNTT西日本が1区からトップを譲らず3時間57分01秒で2年ぶり2回目の優勝。住友電工が2位に入り、5位の大塚製薬が2年ぶりの上州路を決めた。
中部はトヨタ自動車が7区間中5区間で区間賞を獲得する強さで7連覇を達成。
中国はマツダが6年連続13回目の優勝。今年度限りで駅伝の活動を停止する日本製鉄瀬戸内が21年ぶり9回目の全日本大会出場出場権を獲得した。
トラックレースでの予選となった北陸はYKKが29年連続31回目の全日本大会出場を決めた。

全日本実業団対抗駅伝出場チーム
■東日本(12枠)
富士通       2年ぶり30回目
GMOインターネット 2年連続2回目
Honda       37年連続38回目
ヤクルト      8年連続41回目
日立物流      9年連続9回目
カネボウ      6年連続58回目
JR東日本     3年連続14回目
コニカミノルタ   36年連続46回目
サンベルクス    3年ぶり3回目
埼玉医大グループ  初出場
NDソフト     4年ぶり2回目
コモディイイダ   2年連続2回目
■中部(6枠)
トヨタ自動車    32年連続42回目
トヨタ紡織     24年連続24回目
愛三工業      20年連続20回目
トーエネック    9年連続11回目
愛知製鋼      16年連続37回目
中央発條      7年連続38回目
■北陸(1枠)
YKK       29年連続31回目
■関西(5枠)
NTT西日本    13年連続56回目
住友電工      4年連続7回目
SGホールディングスグループ
          26年連続27回目
大阪ガス      2年連続9回目
大塚製薬      2年ぶり26回目
■中国(5枠)
マツダ       19年連続56回目
中国電力      29年連続29回目
JFEスチール   2年連続44回目
中電工       25年連続25回目
日本製鉄瀬戸内   21年ぶり9回目
■九州(8枠)
旭化成       35年連続58回目
三菱重工      12年連続25回目
トヨタ自動車九州  12年連続19回目
九電工       46年連続52回目
黒崎播磨      10年連続33回目
安川電機      31年連続43回目
ひらまつ病院    4年連続4回目
戸上電機製作所   2年ぶり2回目



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com