月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【四種競技】中学キング&クイーンは男女とも中学新!高橋3091点、林3233点/全国中学


◇全国中学生陸上(10月16日~18日/神奈川・日産スタジアム)2日目

中学日本一を決める全国中学生大会の2日目が行われ、四種競技で男女ともに中学記録が誕生した。

「中1の冬季から中学記録を出すのが目標だった」というのは高橋大史(上山南中3山形)。昨年の全中で2年生ながら3位に入っていた高橋は、ケガもあったというが走高跳を除く3種目でベストを更新した。総合3091点は中学新記録で、2004年に中村仁(播磨南中・兵庫)が作った中学記録3054点を更新。「中学記録も出せてうれしいの一言。最高です」と笑顔を見せる。高校では八種競技に挑戦したいと言い、「1年目からインターハイに出場したいです」と意気込みを語った。

また、女子では今年8月に3191点の中学記録を樹立していた林美希(翔南中3愛知)が、さらに自己記録を更新し、史上初の3200点超えとなる3233点をマークして優勝した。1種目めの100mハードルで向かい風1.3mの中で13秒76の自己ベストで、「波に乗れました」と林。最終200m前に26秒10を切れば記録更新とあって、「26秒は切りたいと思って走りました」との言葉通り、最後は25秒64(-0.9)のトップでフィニッシュして華を添えた。愛知・中京大中京高出身の伊藤桃子(現・東京学芸大)があこがれ。「高校では七種競技にチャレンジして、1年目からインターハイで入賞できるように頑張ります!」と次の目標を話した。

同時開催の日本選手権リレーの4×100mリレー、男女の決勝が行われ、男子は法大が4年ぶりの優勝、女子は東邦銀行が制した。

■男子四種競技
高橋 大史(上山南中3山形) 3091=中学新
高橋  諒(桐朋中3東京)  2884点
鮎川 大輝(調布三中3東京) 2825点
■女子四種競技
林  美希(翔南中3愛知) 3233点=中学新
下元 香凜(御堂中3東京) 2945点
田島七里香(TSM/3年・愛知)2941点



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com