HOME 国内、大学

2024.06.16

山形愛羽が200mも圧巻V!学生歴代5位の23秒53 日本選手権で「走るからには金メダル狙う」/日本学生個人
山形愛羽が200mも圧巻V!学生歴代5位の23秒53 日本選手権で「走るからには金メダル狙う」/日本学生個人

24年日本学生個人女子200mを制した山形愛羽

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)3日目

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の3日目に行われた女子200mは山形愛羽(福岡大)が100mに続いて制して2冠を達成した。23秒53(+1.4)は学生歴代5位、U20日本歴代4位の好記録で、高2以来の自己新だった。

準決勝で追い風参考ながら23秒77(+2.8)をマーク。「高2で出した23秒88のベストが止まっていたので、絶対に更新したい」と決勝のスタートに立った。信岡沙希重コーチと「前半から突っ込んで、120mまでは全速力で走り、最後までキープする」と確認し合ったといい、「最後はすこしたれてしまいました」と反省するも、「100m(11秒41)と200mで自己ベスト更新できて、2冠ができたのでよかったです」と笑顔で6本を走り抜いた。

中学時代から全国を経験し、熊本中央高時代には1年目からインターハイ200mで4位。100m11秒78、200m24秒14を出していた逸材だ。3年時にはインターハイ100m、200m2冠し、鹿児島国体では100mと300mを制した。その3年間を振り返り「本能で走っていた」という。

福岡大に進学してからは、兒玉芽生(ミズノ)や久保山晴菜(今村病院)らと信岡コーチとで、綿密に話し合いながらトレーニングしている姿を見て「ちゃんと考えながら取り組んで、レースごとに修正できるようになりました。先輩たちは一つひとつの動きにも集中している」と刺激的な毎日を過ごしている。

身長154cmは、決して恵まれているとはいえないが、類い稀なピッチが特徴。「世界大会の決勝には小柄な人もいます。小さくても速く走れるというのを見せたいですし、厳しいと言われる日本の女子短距離でもやれるというところを見せたい。個人種目で(世界大会に)出たい」と瞳に力を込める。

次戦は2週間後の日本選手権。「出るからには金メダル、2冠を目指します」。小さな身体に秘める無限の可能性。女子短距離のホープが、堂々と日本選手権の舞台に立つ。

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)3日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の3日目に行われた女子200mは山形愛羽(福岡大)が100mに続いて制して2冠を達成した。23秒53(+1.4)は学生歴代5位、U20日本歴代4位の好記録で、高2以来の自己新だった。 準決勝で追い風参考ながら23秒77(+2.8)をマーク。「高2で出した23秒88のベストが止まっていたので、絶対に更新したい」と決勝のスタートに立った。信岡沙希重コーチと「前半から突っ込んで、120mまでは全速力で走り、最後までキープする」と確認し合ったといい、「最後はすこしたれてしまいました」と反省するも、「100m(11秒41)と200mで自己ベスト更新できて、2冠ができたのでよかったです」と笑顔で6本を走り抜いた。 中学時代から全国を経験し、熊本中央高時代には1年目からインターハイ200mで4位。100m11秒78、200m24秒14を出していた逸材だ。3年時にはインターハイ100m、200m2冠し、鹿児島国体では100mと300mを制した。その3年間を振り返り「本能で走っていた」という。 福岡大に進学してからは、兒玉芽生(ミズノ)や久保山晴菜(今村病院)らと信岡コーチとで、綿密に話し合いながらトレーニングしている姿を見て「ちゃんと考えながら取り組んで、レースごとに修正できるようになりました。先輩たちは一つひとつの動きにも集中している」と刺激的な毎日を過ごしている。 身長154cmは、決して恵まれているとはいえないが、類い稀なピッチが特徴。「世界大会の決勝には小柄な人もいます。小さくても速く走れるというのを見せたいですし、厳しいと言われる日本の女子短距離でもやれるというところを見せたい。個人種目で(世界大会に)出たい」と瞳に力を込める。 次戦は2週間後の日本選手権。「出るからには金メダル、2冠を目指します」。小さな身体に秘める無限の可能性。女子短距離のホープが、堂々と日本選手権の舞台に立つ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top