HOME 高校

2024.06.14

男子400m衝撃の46秒台決着!久保が高2歴代4位46秒69でV 高宮が走幅跳6m23 アツオビン67m05/IH近畿
男子400m衝撃の46秒台決着!久保が高2歴代4位46秒69でV 高宮が走幅跳6m23 アツオビン67m05/IH近畿

24年インターハイ近畿地区大会男子400mでそろって46秒台の大会新をマークした久保拓己(滝川二2兵庫、中央)、橋詰竜輝(社3兵庫、左)、岸本恭汰(洛南3京都)

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)1日目

福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の初日が行われ、早くも男女3種目で6つの大会新記録が誕生するなど好記録に沸いた。

その先陣を切ったのが男子400m。兵庫県大会覇者の久保拓己(滝川二2)が前半から積極的な走りを見せ、高2歴代4位となる46秒69で優勝を飾った。1997年に山村貴彦(清風・大阪/現東京・城西高教)が持っていた46秒92の大会記録を27年ぶりに更新。2、3位の橋詰竜輝(社3兵庫)、岸本恭汰(洛南3京都)も46秒74、46秒88と従来の大会記録を上回り、上位3人が46秒台に突入するという超高速バトルとなった。

過去、高校生の同一レース46秒台3人は、インターハイ本番では1996年の山梨大会、2013年の大分大会、2019年の沖縄大会の3例がある。だが、地区大会では初の快挙だ。

大会前のベストは、県大会の決勝でマークした47秒59だった久保。それを準決勝で0.15秒更新。決勝は8レーンに入ったことで、「普段は後半型ですが、強い先輩方が内側のレーンだったので、攻めのレースを心掛けましたた」。9レーンの奥村晃大(西京1京都)とともに序盤から一気に加速し、バックストレートを快走する。

200mで奥村を抜き去った久保は、5、6レーンを行く橋詰、岸本をリードして最後の直線へ。残り50mを切ったあたりから橋詰、岸本が徐々に差を詰めて久保に迫ったが、「もともと後半型でラストには自信がありました」と、2人の猛追を見事に振り切った。

「優勝は狙っていましたが、まさか46秒台が出るとは思っていなかったので、タイムはビックリ。大会記録も更新でき本当にうれしいです。前半から積極的に行ったのが好タイムにつながりました」と久保は笑顔で振り返る。

兵庫・塩瀬中3年時に全中400mで3位に食い込んでいる。同じ中学出身で、全中100mを制している1つ上の先輩・年綱晃広にあこがれ、同じ滝川二に進学。「冬季から先輩の背中を追いかけ、1本1本全力を出し切ることを意識して取り組んできました」と話すように、体力、スピードを強化。県大会では200mも21秒22(-0.5)で優勝した年綱に次ぐ2位(21秒45)を占めるなど、調子を上げてこの近畿に乗り込んできていた。

これまでとは異なる前半から飛ばすレースで結果を出した久保。「まずは次の200mでも年綱先輩とワン・ツーを決め、400mは全国でもベストを更新して優勝することが目標です」ときっぱり。今回の快走をステップに、さらにここからギアを上げていく心構えだ。

2位の橋詰も初の46秒台に、「タイムは驚いていますが、順位はまた後輩に負けたので納得していません。全国では、今回以上に積極的なレースでリベンジを果たし、46秒5を切って優勝したい」と力強く話した。

3位の岸本は、「残り120mから切り替え、後半追い込むことができましたが、最後は詰めが甘かったです。それでも46秒台が3人そろったレースを経験できたのは良かった。今回のレースをインターハイにつなげられるようにしたいです」と、こちらも福岡での雪辱を誓った。

女子400mは、今季リストトップの54秒77で走っていた齋藤朱里(北摂三田3兵庫)が、大会記録に0。18秒と迫る54秒11で快勝。女子走幅跳は前回2位の高宮ひかり(大塚3大阪)が4回目に高校歴代10位タイとなる6m23(+0.8)の大会新で制した。

今大会最初の決勝種目となった男子ハンマー投は、注目のアツオビン・アンドリュウ(花園3京都)が今季2度目の67mオーバーとなる67m02のセカンドベストで2連覇を達成。女子円盤投は矢野結衣(添上3奈良)が最終6投目に自己ベストを1m50㎝更新する45m76で2年連続優勝を飾った。

予選、準決勝が行われた男女の4×100mリレーでも好記録が続出。男子は、準決勝2組で洛南(京都)が自校の持つ大会記録を8年ぶりに0.03秒更新する39秒90をマークすると、続く3組で東海大仰星(大阪)がその記録を大幅に塗り替える高校歴代2位の39秒48叩き出して決勝へと駒を進めた。1組トップの関大北陽(大阪)が40秒22、同2位の比叡山(滋賀)が40秒25、2組で洛南に続いた汎愛(大阪)が40秒37、同3位の社が40秒41と、いずれ劣らぬハイレベルだった。

女子も46秒12の京都橘(京都)を筆頭に5チームが46秒台をマーク。男女ともに、2日目に行われる決勝ではどんなドラマが待ち受けているか注目だ。

文/花木 雫

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)1日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の初日が行われ、早くも男女3種目で6つの大会新記録が誕生するなど好記録に沸いた。 その先陣を切ったのが男子400m。兵庫県大会覇者の久保拓己(滝川二2)が前半から積極的な走りを見せ、高2歴代4位となる46秒69で優勝を飾った。1997年に山村貴彦(清風・大阪/現東京・城西高教)が持っていた46秒92の大会記録を27年ぶりに更新。2、3位の橋詰竜輝(社3兵庫)、岸本恭汰(洛南3京都)も46秒74、46秒88と従来の大会記録を上回り、上位3人が46秒台に突入するという超高速バトルとなった。 過去、高校生の同一レース46秒台3人は、インターハイ本番では1996年の山梨大会、2013年の大分大会、2019年の沖縄大会の3例がある。だが、地区大会では初の快挙だ。 大会前のベストは、県大会の決勝でマークした47秒59だった久保。それを準決勝で0.15秒更新。決勝は8レーンに入ったことで、「普段は後半型ですが、強い先輩方が内側のレーンだったので、攻めのレースを心掛けましたた」。9レーンの奥村晃大(西京1京都)とともに序盤から一気に加速し、バックストレートを快走する。 200mで奥村を抜き去った久保は、5、6レーンを行く橋詰、岸本をリードして最後の直線へ。残り50mを切ったあたりから橋詰、岸本が徐々に差を詰めて久保に迫ったが、「もともと後半型でラストには自信がありました」と、2人の猛追を見事に振り切った。 「優勝は狙っていましたが、まさか46秒台が出るとは思っていなかったので、タイムはビックリ。大会記録も更新でき本当にうれしいです。前半から積極的に行ったのが好タイムにつながりました」と久保は笑顔で振り返る。 兵庫・塩瀬中3年時に全中400mで3位に食い込んでいる。同じ中学出身で、全中100mを制している1つ上の先輩・年綱晃広にあこがれ、同じ滝川二に進学。「冬季から先輩の背中を追いかけ、1本1本全力を出し切ることを意識して取り組んできました」と話すように、体力、スピードを強化。県大会では200mも21秒22(-0.5)で優勝した年綱に次ぐ2位(21秒45)を占めるなど、調子を上げてこの近畿に乗り込んできていた。 これまでとは異なる前半から飛ばすレースで結果を出した久保。「まずは次の200mでも年綱先輩とワン・ツーを決め、400mは全国でもベストを更新して優勝することが目標です」ときっぱり。今回の快走をステップに、さらにここからギアを上げていく心構えだ。 2位の橋詰も初の46秒台に、「タイムは驚いていますが、順位はまた後輩に負けたので納得していません。全国では、今回以上に積極的なレースでリベンジを果たし、46秒5を切って優勝したい」と力強く話した。 3位の岸本は、「残り120mから切り替え、後半追い込むことができましたが、最後は詰めが甘かったです。それでも46秒台が3人そろったレースを経験できたのは良かった。今回のレースをインターハイにつなげられるようにしたいです」と、こちらも福岡での雪辱を誓った。 女子400mは、今季リストトップの54秒77で走っていた齋藤朱里(北摂三田3兵庫)が、大会記録に0。18秒と迫る54秒11で快勝。女子走幅跳は前回2位の高宮ひかり(大塚3大阪)が4回目に高校歴代10位タイとなる6m23(+0.8)の大会新で制した。 今大会最初の決勝種目となった男子ハンマー投は、注目のアツオビン・アンドリュウ(花園3京都)が今季2度目の67mオーバーとなる67m02のセカンドベストで2連覇を達成。女子円盤投は矢野結衣(添上3奈良)が最終6投目に自己ベストを1m50㎝更新する45m76で2年連続優勝を飾った。 予選、準決勝が行われた男女の4×100mリレーでも好記録が続出。男子は、準決勝2組で洛南(京都)が自校の持つ大会記録を8年ぶりに0.03秒更新する39秒90をマークすると、続く3組で東海大仰星(大阪)がその記録を大幅に塗り替える高校歴代2位の39秒48叩き出して決勝へと駒を進めた。1組トップの関大北陽(大阪)が40秒22、同2位の比叡山(滋賀)が40秒25、2組で洛南に続いた汎愛(大阪)が40秒37、同3位の社が40秒41と、いずれ劣らぬハイレベルだった。 女子も46秒12の京都橘(京都)を筆頭に5チームが46秒台をマーク。男女ともに、2日目に行われる決勝ではどんなドラマが待ち受けているか注目だ。 文/花木 雫

インターハイ近畿大会優勝者一覧をチェック!

●男子 400m 久保拓己(滝川二2兵庫) 46秒69=大会新 ハンマー投 アツオビン・アンドリュウ(花園3京都) 67m02 [adinserter block="4"] ●女子 400m 齋藤朱里(北摂三田3兵庫) 54秒11 走幅跳 高宮ひかり(大塚3大阪) 6m23(+0.8)=大会新 円盤投 矢野結衣(添上3奈良) 45m76

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top