HOME 高校・中学

2024.06.14

女子100mHは谷中天架と松田晏奈が今季3度目の対決 男子走高跳・中谷魁聖は大会連覇の期待膨らむ/IH北九州
女子100mHは谷中天架と松田晏奈が今季3度目の対決 男子走高跳・中谷魁聖は大会連覇の期待膨らむ/IH北九州

今季2m19を跳んでいる中谷魁聖は大会連覇を目指す

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。

インターハイ北九州地区大会(福岡、佐賀、長崎、大分)は6月14日から17日までの4日間、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開催される。

男子の注目は全国ランキングの上位者が揃う円盤投。4月の記録会で48m06のベストを出した渡辺竣太(大分西3)に、47m89の田中亮(苅田工3福岡)、田中を抑えて福岡県大会を47m62で制した石丸大智(純真2福岡)が挑む。田中が勝てば、北九州大会2連覇。レベルの高い投げ合いによって50mへの期待も膨らむ。

石丸はメイン種目の砲丸投でも優勝を狙う。昨年は北九州大会での優勝を弾みに、インターハイ1年生入賞の快挙つなげた。実績ナンバーワンだが、本多武蔵(長崎日大3)が県大会で15m41の自己ベストをマークしており、15m73の石丸の強力なライバルに名乗りを挙げている。

男子走高跳には、U20アジア選手権銀メダリストの中谷魁聖(福岡第一3)が登場。翌週にU20日本選手権を控えるため無理をしない可能性もあるが、しっかりと勝ち抜きたいところ。持ち記録では地元の成瀬嘉人(諫早農3)が2m05で続いており、どこまで食らいつけるか。400mには県大会で47秒58をマークした宮田啓佑(修猷館2福岡)に注目が集まる。400mハードルでも全国トップクラスの51秒82をマークしており、2種目制覇も視野に入る。

男子4×100mリレーは40秒台が3チームとハイレベル。40秒61の東福岡、福岡県大会を制した40秒82の九産大九産、40秒91の修猷館など福岡勢がタイムの上位を占めるが、大分県大会で41秒20の大会新をマークした大分東明、全国常連の長崎南なども優勝候補の一角となりそう。

昨年は各県の代表校がしのぎを削り、4×400mリレーで3分10秒切りが3校も誕生した。今季は3分12秒18の九産大九産が筆頭だが、3分14分台の東福岡、近大福岡もポテンシャルは高い。昨年の北九州大会のハイレベルバトルの再現をぜひ期待したい。

女子100mハードルは、U20アジア選手権金メダルの谷中天架(大分雄城台3)と2位の松田晏奈(長崎日大3)が今季3度目の対決。今季、記録がいいのは13秒43の松田だが、勝負強さでは谷中がリード。大分県大会で追い風参考ながら13秒88(+2.5)をマークした後藤若奈(大分舞鶴3)、全中3位の井千夏(筑紫女学園1福岡)など、全国でも上位を狙える選手たちがまみえる。大会期間中は30度近い気温が予想されているが、100mハードルの準決勝、決勝は最終日(4日目)。複数種目を掛け持ちする選手も多く、体力勝負の側面もある。

初日の女子400mは、54秒88で福岡県大会を制した坂本紗季(福岡大大濠3福岡)に勢いがある。もともと400mハードルで全国優勝を狙う存在だったが、支部予選で不運の失格に。気持ちを切り替え、400mにすべてを懸ける。その坂本に、55秒56のウイリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女2福岡)、55秒台の園田桜花(自由ケ丘3福岡)、谷本実優(九国大付3福岡)、長崎県チャンピオンの北川祐(口加2長崎)など、実力者たちが勝負を挑むとなれば、予選から見どころ満載。初日のハイライトになるのは間違いない。

三段跳はU18大会5位入賞の柴田藍名(福岡大若葉3)と、12m43のベストを持つ三橋小桜(大分西3)が対決。前回大会では三橋が2位、柴田が3位とどちらも優勝を逃しており、北九州大会初制覇に熱い思いを抱える。

都府県大会終了時点での今季高校ランキング1位の工藤実幸乃(筑豊3福岡)、同4位の佐藤美佑(筑紫3福岡)などが名を連ねるハンマー投は記録ラッシュに期待。全体的にハイレベルで、45mを超えないと4位に入れない可能性もある。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/田端慶子

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北九州地区大会(福岡、佐賀、長崎、大分)は6月14日から17日までの4日間、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開催される。 男子の注目は全国ランキングの上位者が揃う円盤投。4月の記録会で48m06のベストを出した渡辺竣太(大分西3)に、47m89の田中亮(苅田工3福岡)、田中を抑えて福岡県大会を47m62で制した石丸大智(純真2福岡)が挑む。田中が勝てば、北九州大会2連覇。レベルの高い投げ合いによって50mへの期待も膨らむ。 石丸はメイン種目の砲丸投でも優勝を狙う。昨年は北九州大会での優勝を弾みに、インターハイ1年生入賞の快挙つなげた。実績ナンバーワンだが、本多武蔵(長崎日大3)が県大会で15m41の自己ベストをマークしており、15m73の石丸の強力なライバルに名乗りを挙げている。 男子走高跳には、U20アジア選手権銀メダリストの中谷魁聖(福岡第一3)が登場。翌週にU20日本選手権を控えるため無理をしない可能性もあるが、しっかりと勝ち抜きたいところ。持ち記録では地元の成瀬嘉人(諫早農3)が2m05で続いており、どこまで食らいつけるか。400mには県大会で47秒58をマークした宮田啓佑(修猷館2福岡)に注目が集まる。400mハードルでも全国トップクラスの51秒82をマークしており、2種目制覇も視野に入る。 男子4×100mリレーは40秒台が3チームとハイレベル。40秒61の東福岡、福岡県大会を制した40秒82の九産大九産、40秒91の修猷館など福岡勢がタイムの上位を占めるが、大分県大会で41秒20の大会新をマークした大分東明、全国常連の長崎南なども優勝候補の一角となりそう。 昨年は各県の代表校がしのぎを削り、4×400mリレーで3分10秒切りが3校も誕生した。今季は3分12秒18の九産大九産が筆頭だが、3分14分台の東福岡、近大福岡もポテンシャルは高い。昨年の北九州大会のハイレベルバトルの再現をぜひ期待したい。 女子100mハードルは、U20アジア選手権金メダルの谷中天架(大分雄城台3)と2位の松田晏奈(長崎日大3)が今季3度目の対決。今季、記録がいいのは13秒43の松田だが、勝負強さでは谷中がリード。大分県大会で追い風参考ながら13秒88(+2.5)をマークした後藤若奈(大分舞鶴3)、全中3位の井千夏(筑紫女学園1福岡)など、全国でも上位を狙える選手たちがまみえる。大会期間中は30度近い気温が予想されているが、100mハードルの準決勝、決勝は最終日(4日目)。複数種目を掛け持ちする選手も多く、体力勝負の側面もある。 初日の女子400mは、54秒88で福岡県大会を制した坂本紗季(福岡大大濠3福岡)に勢いがある。もともと400mハードルで全国優勝を狙う存在だったが、支部予選で不運の失格に。気持ちを切り替え、400mにすべてを懸ける。その坂本に、55秒56のウイリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女2福岡)、55秒台の園田桜花(自由ケ丘3福岡)、谷本実優(九国大付3福岡)、長崎県チャンピオンの北川祐(口加2長崎)など、実力者たちが勝負を挑むとなれば、予選から見どころ満載。初日のハイライトになるのは間違いない。 三段跳はU18大会5位入賞の柴田藍名(福岡大若葉3)と、12m43のベストを持つ三橋小桜(大分西3)が対決。前回大会では三橋が2位、柴田が3位とどちらも優勝を逃しており、北九州大会初制覇に熱い思いを抱える。 都府県大会終了時点での今季高校ランキング1位の工藤実幸乃(筑豊3福岡)、同4位の佐藤美佑(筑紫3福岡)などが名を連ねるハンマー投は記録ラッシュに期待。全体的にハイレベルで、45mを超えないと4位に入れない可能性もある。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top