HOME 国内、日本代表

2024.06.02

パリ五輪マラソン代表・前田穂南が地元岡山で公開練習「誇りを持って、最大限のパフォーマンスを」
パリ五輪マラソン代表・前田穂南が地元岡山で公開練習「誇りを持って、最大限のパフォーマンスを」

パリ五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)

岡山陸協主催で、パリ五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)の公開練習が6月1日、岡山市の岡山大陸上競技場で行われた。

練習前にメディアの取材に応じた前田は、2大会連続の五輪に向けて「世界で勝負できるという誇りを持って、自分の最大限のパフォーマンスを発揮できるようにがんばりたいです」と改めて言葉に力を込めた。

昨年10月15日のパリ五輪マラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」では7位にとどまったが、1月末の大阪国際女子マラソンで2時間18分59秒の日本新記録をマーク。3枠目の五輪代表の座をつかみ取った。

大阪後は休養を経て、「練習再開後に少し足に違和感が出た」そうで本格的な再始動は4月末から。やや遅れ気味ではあったが、本番コース視察など準備は着実に進めている。

4月5日にはフランス・パリ市街で行われた「Festival of Running Paris -ASICS Speed Race-」の女子5kmに出場(16分13秒で19位)し、石畳など実際の路面の状況をチェック。その後、5月12日の仙台国際ハーフを1時間11分17秒で制し、1週間後の中国実業団選手権3000mは9分26秒01で1位と、レースをこなしながら徐々に調子を整えてきた。

またその間も、大きな上り2ヵ所を含めて起伏の激しい難コースとされる本番への対策を怠っていない。合宿も挟みながら「クロカンコースで距離を踏んだりして、脚作りをしています」。この後は米国ニューメキシコ州アルバカーキへと渡り、本格的な準備に突入。「上り、下りの練習をしっかりと取り入れて強化したい」と話す。

3年前の東京五輪では、MGC圧勝で日本のエースという立ち位置で迎えたが、コロナ禍で大会が1年延期になった影響などから万全の状態で臨めず、33位という結果に。その後も度重なる故障があったが、それを乗り越え、再び世界に挑戦する時が近づいてきた。

「徐々に継続して練習ができている状態なので、レースに向けてピークに持っていくにはいい流れになっていると思います」と前田。残り期間についても「東京の時がきつかったので、いろいろな経験をしてきた今は、何があっても大丈夫です」ときっぱりと語る。

具体的な目標につていは明言を避ける。まずは「元気な姿でスタートラインに立つこと」。前田はその一点に集中し、パリに臨む。

岡山陸協主催で、パリ五輪女子マラソン代表の前田穂南(天満屋)の公開練習が6月1日、岡山市の岡山大陸上競技場で行われた。 練習前にメディアの取材に応じた前田は、2大会連続の五輪に向けて「世界で勝負できるという誇りを持って、自分の最大限のパフォーマンスを発揮できるようにがんばりたいです」と改めて言葉に力を込めた。 昨年10月15日のパリ五輪マラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」では7位にとどまったが、1月末の大阪国際女子マラソンで2時間18分59秒の日本新記録をマーク。3枠目の五輪代表の座をつかみ取った。 大阪後は休養を経て、「練習再開後に少し足に違和感が出た」そうで本格的な再始動は4月末から。やや遅れ気味ではあったが、本番コース視察など準備は着実に進めている。 4月5日にはフランス・パリ市街で行われた「Festival of Running Paris -ASICS Speed Race-」の女子5kmに出場(16分13秒で19位)し、石畳など実際の路面の状況をチェック。その後、5月12日の仙台国際ハーフを1時間11分17秒で制し、1週間後の中国実業団選手権3000mは9分26秒01で1位と、レースをこなしながら徐々に調子を整えてきた。 またその間も、大きな上り2ヵ所を含めて起伏の激しい難コースとされる本番への対策を怠っていない。合宿も挟みながら「クロカンコースで距離を踏んだりして、脚作りをしています」。この後は米国ニューメキシコ州アルバカーキへと渡り、本格的な準備に突入。「上り、下りの練習をしっかりと取り入れて強化したい」と話す。 3年前の東京五輪では、MGC圧勝で日本のエースという立ち位置で迎えたが、コロナ禍で大会が1年延期になった影響などから万全の状態で臨めず、33位という結果に。その後も度重なる故障があったが、それを乗り越え、再び世界に挑戦する時が近づいてきた。 「徐々に継続して練習ができている状態なので、レースに向けてピークに持っていくにはいい流れになっていると思います」と前田。残り期間についても「東京の時がきつかったので、いろいろな経験をしてきた今は、何があっても大丈夫です」ときっぱりと語る。 具体的な目標につていは明言を避ける。まずは「元気な姿でスタートラインに立つこと」。前田はその一点に集中し、パリに臨む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top