HOME 高校

2024.05.27

U18覇者アブラハム光オシナチが100mV、2位西岡尚輝は準決10秒29の府高校新 久保凛は大会新2冠 松井愛果3m91/IH大阪府大会
U18覇者アブラハム光オシナチが100mV、2位西岡尚輝は準決10秒29の府高校新 久保凛は大会新2冠 松井愛果3m91/IH大阪府大会

大阪府大会男子100m決勝。左から2位の西岡、1位のアブラハム、4位の尾﨑瑛多(泉陽)

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

大阪府大会は5月24日~26日の3日間、大阪市のヤンマーフィールド長居で開催された。

最終日の男子100mでは準決勝で西岡尚輝(東海大仰星3)が10秒29(+0.5)の大阪府高校新をマーク。1989年に井上悟(清風)が出した10秒3(手動)、2005年に金丸祐三(大阪)が出した10秒32を上回る快記録だった。

決勝では西岡のさらなる記録更新に注目が集まったが、昨年のU18大会覇者であるアブラハム光オシナチ(東大阪大柏原3)が10秒44(-0.5)で優勝。西岡は10秒47で2位だった。

「(西岡が)前半から飛び出るのはわかっていたので、力まず、徐々に上げる走りで勝ち切ることができました」とアブラハム。序盤は西岡にリードされたが、後半で追い上げた。フィニッシュ寸前までデッドヒートが繰り広げられ、わずかな差でアブラハムが勝利。「ライバルでもあり大親友」とともに認める2人の激闘に今後も注目だ。

前日の4×100mリレーでもこの2人がレースを盛り上げていた。東大阪大柏原が2走のアブラハムでリードを奪うと、3走の青山侑樹(3年)、4走の西岡で猛追。最後は東海大仰星が逆転して40秒36で優勝を飾り、東大阪大柏原が40秒88の2位で続いた。

この他の男子種目では、三段跳で西村快斗(四條畷学園3)が公認ベストを92cmも更新する15m19(+1.8)で優勝。昨年のU18大会を制した水内琉偉(日根野3)ら実力者そろいの争いを制した。

走幅跳では福島直樹(箕面自由学園3)が7m42(+1.4)の好記録で優勝。U18大会覇者である松田竜弥(清風3)の7m29(+0.9)を上回った。走高跳は中村佳吾(関西大北陽2)が2m01で制している。

女子種目では、棒高跳で松井愛果(大塚3)が3m91で自身が持つ大阪府高校新を1cm更新してV。「4mを目標にしていたので、満足していませんが、ベストが出たのは良かったです」と振り返った。

中長距離では久保凛(東大阪大敬愛2)が800mで2分05秒93、1500mで4分19秒45といずれも大会記録を更新して2冠を達成。1500m2位の塚本夕藍(薫英女学院3)も4分20秒80で従来の大会記録(4分24秒79)を上回った。

七種競技では福島波暖(東大阪大敬愛3)が5202点で、同校の先輩であるシュレスタまやが2015年に出した大会記録(5141点)を9年ぶりに更新。5000m競歩の奥野紗(浪速3)も23分49秒30で大会新記録をマークした。

短距離では岩森夏希(近大附3)が100m(11秒95/+0.8)、200m(24秒65/+4.6)、4×100mリレー(2走/46秒93)の3冠を達成。砲丸投は昨年のインターハイ覇者である坂ちはる(大体大浪商3)が12m66で制した。

学校対抗の男子は、東海大大阪仰星が87.5点で初の総合制覇。女子は大塚が126点で2年ぶりの総合優勝を果たした。

近畿大会は6月13日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居で行われる。

文/馬場 遼

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 大阪府大会は5月24日~26日の3日間、大阪市のヤンマーフィールド長居で開催された。 最終日の男子100mでは準決勝で西岡尚輝(東海大仰星3)が10秒29(+0.5)の大阪府高校新をマーク。1989年に井上悟(清風)が出した10秒3(手動)、2005年に金丸祐三(大阪)が出した10秒32を上回る快記録だった。 決勝では西岡のさらなる記録更新に注目が集まったが、昨年のU18大会覇者であるアブラハム光オシナチ(東大阪大柏原3)が10秒44(-0.5)で優勝。西岡は10秒47で2位だった。 「(西岡が)前半から飛び出るのはわかっていたので、力まず、徐々に上げる走りで勝ち切ることができました」とアブラハム。序盤は西岡にリードされたが、後半で追い上げた。フィニッシュ寸前までデッドヒートが繰り広げられ、わずかな差でアブラハムが勝利。「ライバルでもあり大親友」とともに認める2人の激闘に今後も注目だ。 前日の4×100mリレーでもこの2人がレースを盛り上げていた。東大阪大柏原が2走のアブラハムでリードを奪うと、3走の青山侑樹(3年)、4走の西岡で猛追。最後は東海大仰星が逆転して40秒36で優勝を飾り、東大阪大柏原が40秒88の2位で続いた。 この他の男子種目では、三段跳で西村快斗(四條畷学園3)が公認ベストを92cmも更新する15m19(+1.8)で優勝。昨年のU18大会を制した水内琉偉(日根野3)ら実力者そろいの争いを制した。 走幅跳では福島直樹(箕面自由学園3)が7m42(+1.4)の好記録で優勝。U18大会覇者である松田竜弥(清風3)の7m29(+0.9)を上回った。走高跳は中村佳吾(関西大北陽2)が2m01で制している。 女子種目では、棒高跳で松井愛果(大塚3)が3m91で自身が持つ大阪府高校新を1cm更新してV。「4mを目標にしていたので、満足していませんが、ベストが出たのは良かったです」と振り返った。 中長距離では久保凛(東大阪大敬愛2)が800mで2分05秒93、1500mで4分19秒45といずれも大会記録を更新して2冠を達成。1500m2位の塚本夕藍(薫英女学院3)も4分20秒80で従来の大会記録(4分24秒79)を上回った。 七種競技では福島波暖(東大阪大敬愛3)が5202点で、同校の先輩であるシュレスタまやが2015年に出した大会記録(5141点)を9年ぶりに更新。5000m競歩の奥野紗(浪速3)も23分49秒30で大会新記録をマークした。 短距離では岩森夏希(近大附3)が100m(11秒95/+0.8)、200m(24秒65/+4.6)、4×100mリレー(2走/46秒93)の3冠を達成。砲丸投は昨年のインターハイ覇者である坂ちはる(大体大浪商3)が12m66で制した。 学校対抗の男子は、東海大大阪仰星が87.5点で初の総合制覇。女子は大塚が126点で2年ぶりの総合優勝を果たした。 近畿大会は6月13日から4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居で行われる。 文/馬場 遼

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top