HOME 高校

2024.05.27

女子400m坂本紗季が54秒88 ハンマー投・工藤実幸乃が県高校新 円盤投・石丸大智が大会新/IH福岡県大会
女子400m坂本紗季が54秒88 ハンマー投・工藤実幸乃が県高校新 円盤投・石丸大智が大会新/IH福岡県大会

福岡県大会女子400mで圧勝した坂本紗季(福岡大大濠、右)

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

開催地の福岡県大会は5月23日~25日の3日間、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、気温計が27~29度を示す暑さの中、3種目で大会新記録が誕生した。

大会初日、最初の大会記録を打ち出したのは、女子400mの坂本紗季(福岡大大濠3)だった。中盤から抜け出すと、隣のレーンを走る自己ベスト54秒92のウィリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女2)に終始先行し、54秒88で圧勝。2位のウィリアムズも大会記録の55秒60、九州新人2位の園田桜花(自由ケ丘3)が55秒88の3位に続いた。

坂本の本職は400mハードル。昨年59秒55を打ち出し、今季はランキングトップでシーズンインし、5月初頭の福岡県選手権は1分01秒58と順調な走りを見せていた。

しかし、県大会2週間前の支部予選で、歩数が合わずにハードルを倒してしまい、まさかの失格。「地元開催のインターハイは特別。そこで絶対優勝したいと思っていたので、この2週間は陸上を辞めたいと思っていました」と精神的にもかなり落ち込んだ。

だが、周囲のサポートに支えられ、無心で挑んだ400mで優勝。タイムも「びっくり」と、再起のきっかけをつかむに十分な結果を手にした。坂本は「大きなハードルを越えた感じ。400mで日本一を目指したいです」と笑顔だった。

女子ハンマー投では、工藤実幸乃(筑豊3)が54m58の県高校新記録を樹立。砲丸投2位、円盤投4位と、3種目で北九州大会出場を決めた。男子円盤投は、石丸大智(純真2)が、競技歴1年足らずで47m62の大会新記録。昨年のインターハイで入賞した砲丸投(15m32)との2冠を達成した。

そのほか、3種目で1年生が優勝。男子200mは向かい風3.3mで21秒58を出した南雄途(九産大九産)、男子800mは吉田太郎(大牟田)が1分53秒26、女子100mハードルは昨年のU16大会2位の井千夏(筑紫女学園)が準決勝で14秒16(-1.3)、決勝は14秒24(−1.6)をマークして快勝した。

学校対抗の女子は100mやリレー、跳躍、投てきと幅広い6種目で優勝した中村学園女が141点を獲得。77点で2位の筑紫女学園に圧倒的な差をつけた。男子はリレー2種目を制した九産大九産が、トラックで56点、フィールドで30点を重ねるなど99点で総合優勝に輝いた。

北九州大会は6月14日から4日間、長崎県諫早市の県立総合運動公園陸上競技場で行われる。

文・撮影/田端慶子

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 開催地の福岡県大会は5月23日~25日の3日間、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、気温計が27~29度を示す暑さの中、3種目で大会新記録が誕生した。 大会初日、最初の大会記録を打ち出したのは、女子400mの坂本紗季(福岡大大濠3)だった。中盤から抜け出すと、隣のレーンを走る自己ベスト54秒92のウィリアムズ・シャマーヤ美杏(中村学園女2)に終始先行し、54秒88で圧勝。2位のウィリアムズも大会記録の55秒60、九州新人2位の園田桜花(自由ケ丘3)が55秒88の3位に続いた。 坂本の本職は400mハードル。昨年59秒55を打ち出し、今季はランキングトップでシーズンインし、5月初頭の福岡県選手権は1分01秒58と順調な走りを見せていた。 しかし、県大会2週間前の支部予選で、歩数が合わずにハードルを倒してしまい、まさかの失格。「地元開催のインターハイは特別。そこで絶対優勝したいと思っていたので、この2週間は陸上を辞めたいと思っていました」と精神的にもかなり落ち込んだ。 だが、周囲のサポートに支えられ、無心で挑んだ400mで優勝。タイムも「びっくり」と、再起のきっかけをつかむに十分な結果を手にした。坂本は「大きなハードルを越えた感じ。400mで日本一を目指したいです」と笑顔だった。 女子ハンマー投では、工藤実幸乃(筑豊3)が54m58の県高校新記録を樹立。砲丸投2位、円盤投4位と、3種目で北九州大会出場を決めた。男子円盤投は、石丸大智(純真2)が、競技歴1年足らずで47m62の大会新記録。昨年のインターハイで入賞した砲丸投(15m32)との2冠を達成した。 そのほか、3種目で1年生が優勝。男子200mは向かい風3.3mで21秒58を出した南雄途(九産大九産)、男子800mは吉田太郎(大牟田)が1分53秒26、女子100mハードルは昨年のU16大会2位の井千夏(筑紫女学園)が準決勝で14秒16(-1.3)、決勝は14秒24(−1.6)をマークして快勝した。 学校対抗の女子は100mやリレー、跳躍、投てきと幅広い6種目で優勝した中村学園女が141点を獲得。77点で2位の筑紫女学園に圧倒的な差をつけた。男子はリレー2種目を制した九産大九産が、トラックで56点、フィールドで30点を重ねるなど99点で総合優勝に輝いた。 北九州大会は6月14日から4日間、長崎県諫早市の県立総合運動公園陸上競技場で行われる。 文・撮影/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top