月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【110mH】金井が王座奪還「2年前とはまったく違う」13秒36大会タイ/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日

男子110mハードルは、今季好調の金井大旺(ミズノ)が13秒36(-0.1)で制した。、「優勝が目標だったので良かったです」と声を弾ませる金井。スタートがやり直しとなり、昨年、不正失格したのが頭をよぎり「とにかくフライングしないでスタートしよう」と仕切り直した。

中盤は日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)に並ばれ「少し焦りましたが、自分のレースをした」と金井。2年前に自身が出した当時の日本記録が13秒36で、今回はそれと並ぶ大会タイ。ちなみに、前回大会の決勝でも高山と泉谷駿介(順大)が同タイム(着差あり)のため、何と3年連続で13秒36が優勝記録という珍しい現象が起きた。

「2年前とはまったく違う13秒36。当時は120%の力を出した、限界の走り。今はこれ以上行けるという走り」。それでも、「13秒1台、2台を出せないと」と世界を見据えている。

東京五輪を陸上生活の集大成と決め、その後は実家の歯科医院を継ぐために医学の道へ進むという金井が、2年ぶりVで2021年に向けて弾みをつけた。

高山は13秒47で2位。「決勝はかなり意気込んでいたが、空回りしてうまくはまらないレースになりました」と振り返った。ケガで日本インカレを欠場していた泉谷が復調の兆しを見せ、13秒48で3位に入った。

■男子110mH決勝成績(-0.1)
金井 大旺(ミズノ)     13.36=大会タイ
高山 峻野(ゼンリン)    13.47
泉谷 駿介(順大)      13.48
野本 周成(愛媛陸協)    13.55
増野 元太(メイスンワーク) 13.61
石田トーマス東(勝浦ゴルフ倶楽部) 13.67
石川 周平(富士通)     13.71
横地 大雅(法大)      13.72



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com