月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【100mH】青木益未13秒02で2年ぶり2度目V「来年が勝負」/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日

青木益未(七十七銀行)と寺田明日香(パソナグループ)の一騎打ちの様相を呈した女子100mハードルは、スタートから抜け出した青木が13秒02(-0.1)の大会タイ記録で2年ぶり2度目の優勝をもぎ取った。

「スタートから良いレースをしないと勝てない」と臨んだ青木のリアクション・タイムは0.115秒。抜群の反応から鋭いハードリングとインターバルランで加速すると、「自分のレーンだけを見て走れました」とフィニッシュした。自己記録を0.06秒更新し、日本歴代3位タイをマーク。8月末の福井では追い風参考ながら12秒87(+2.1)を叩き出しており、「その時と比べると今日は重心が落ちてガツガツ走ってしまった」と話すものの、日本選手権という緊張感の中で「良いレースができたと思います」と充実感を漂わせる。

ハイアベレージにも「まだコーチに言われたことでできていないところもあるので、もっとスムーズに走れてインターバルも刻めます。12秒台を出さないと勝負にならない。来年が勝負。東京五輪の参加標準記録(12秒84)を切れるように」と、さらに高いハードル越えを目指していく。

■女子100mH決勝成績(-0.1)
青木 益未(七十七銀行)   13.02=大会タイ
寺田明日香(パソナグループ) 13.14
藤森 菜那(ゼンリン)     13.33
田中 佑美(立命大)      13.37
鈴木 美帆(長谷川体育施設)  13.49
紫村 仁美(東邦銀行)     13.52
竹内 真弥(日女体大)     13.52
藤原 未来(住友電工)     13.66



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com