HOME 国内

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP
女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

24年セイコーGGPを制した北口榛花(JAL)

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝した。

昨年のブダペスト世界選手権金メダリストの北口。今季は初戦だった4月27日のダイヤモンドリーグ(DL)蘇州を62m97、続く水戸招待(5月5日)は61m83を投げて優勝していた。

この日は1回目に「安全に投げて、やりの飛び方も良くない」なかで60m20。ここ2試合に比べれば身体の動きもまずまずで、「もうちょっと行けると思った」と言う。

60m19だった2回目も「比較的きれいに飛んだ」。硬さを感じていた上半身も「ひねりや腕を振っている感じが柔らかくなった」と北口。トレーニングよりコンディショングに時間を割いてきた効果が表れた。ただ、その後は「もっと前に行きたかった」と、前への推進力がなかなか出ない。

3位に落ちて迎えた5回目に62m02を投げて2位に浮上すると、「6回目はいつも通り、最後だからと思って一生懸命投げました」と苦笑い。何度も見せてきた“逆転”で、この日最高となる63m45を放って優勝。試合の中でさすがの修正力と精神力を見せた。

「余力を残した状態でしっかり勝てたのは良かったですが、この記録ではパリ五輪の金メダルには届かない」と北口。「63mでは足りないので、65mに乗せられるように。徐々に記録は上がってきていると思うので、もう一段階上げられると思います」と手応えと課題が見つかった試合となった。

2日後には再び欧州へ。チェコなどで試合を数試合経て、6月末の日本選手権(新潟)に合わせて帰国の予定。すでにパリ五輪代表に内定しているが、しっかり“日本一”を手にしてパリ五輪へ向かっていく。

この日はJALの大応援団が背中を押してくれた。スタンドには家族も、トレーナーたちも、身体作りや姿勢をサポートしてくれる足立和隆先生(元・筑波大准教授)たち、そしてデイヴィッド・セケラック・コーチもいた。『チーム北口』全員が試合でそろったのは初めてのこと。

パリで目指すはメダル。それも「みんなが知っている一番良い色」だ。「焦らずゆっくり、根詰めすぎず8月までやっていけたら」。“チーム北口”で一丸となって夏に向かっていく。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝した。 昨年のブダペスト世界選手権金メダリストの北口。今季は初戦だった4月27日のダイヤモンドリーグ(DL)蘇州を62m97、続く水戸招待(5月5日)は61m83を投げて優勝していた。 この日は1回目に「安全に投げて、やりの飛び方も良くない」なかで60m20。ここ2試合に比べれば身体の動きもまずまずで、「もうちょっと行けると思った」と言う。 60m19だった2回目も「比較的きれいに飛んだ」。硬さを感じていた上半身も「ひねりや腕を振っている感じが柔らかくなった」と北口。トレーニングよりコンディショングに時間を割いてきた効果が表れた。ただ、その後は「もっと前に行きたかった」と、前への推進力がなかなか出ない。 3位に落ちて迎えた5回目に62m02を投げて2位に浮上すると、「6回目はいつも通り、最後だからと思って一生懸命投げました」と苦笑い。何度も見せてきた“逆転”で、この日最高となる63m45を放って優勝。試合の中でさすがの修正力と精神力を見せた。 「余力を残した状態でしっかり勝てたのは良かったですが、この記録ではパリ五輪の金メダルには届かない」と北口。「63mでは足りないので、65mに乗せられるように。徐々に記録は上がってきていると思うので、もう一段階上げられると思います」と手応えと課題が見つかった試合となった。 2日後には再び欧州へ。チェコなどで試合を数試合経て、6月末の日本選手権(新潟)に合わせて帰国の予定。すでにパリ五輪代表に内定しているが、しっかり“日本一”を手にしてパリ五輪へ向かっていく。 この日はJALの大応援団が背中を押してくれた。スタンドには家族も、トレーナーたちも、身体作りや姿勢をサポートしてくれる足立和隆先生(元・筑波大准教授)たち、そしてデイヴィッド・セケラック・コーチもいた。『チーム北口』全員が試合でそろったのは初めてのこと。 パリで目指すはメダル。それも「みんなが知っている一番良い色」だ。「焦らずゆっくり、根詰めすぎず8月までやっていけたら」。“チーム北口”で一丸となって夏に向かっていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top