HOME 国内

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP
遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

24年セイコーGGPの5000mで日本人トップの遠藤日向(住友電工)

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝した。

オレゴン、ブダペスト世界選手権代表の遠藤日向(住友電工)が今季初レースに臨んだ。意外にも、遠藤が国立競技場を走るのは初めてだったが、きっちりと日本人トップの4位に入り、パリ五輪出場へ望みをつないだ。

「順位とタイムというよりも、パリ五輪に向けて狙っているポイントを獲得することが一番大事だったので、そのポイントはギリギリ取れたので、最低限良かったのかなとは思います」と、ひとまず胸をなでおろした。

パリ五輪の出場資格は、参加標準記録(13分05秒00)を切るか、ワールドランキング(Road to Paris)で出場圏内(ターゲットナンバー42)に入らなければいけない。

ワールドランキングは有効期間(23年7月1日から24年6月30日)で3レース以上走らなければならないが、この大会前まで遠藤は2レースしか走っておらず、ランキング外だった。

遠藤は昨年7月のアジア選手権で金メダルを獲得し、8月のブダペスト世界選手権に出場しているが、その世界選手権の後に左足の舟状骨を骨折。10月には手術をし、長期間にわたって戦線を離脱していた。

「一度はパリをあきらめて、(25年の)東京世界選手権に向けて(やっていこう)っていう思いでした」と当時の胸の内を明かす。

ようやくポイント練習を再開できたのは今年1月中旬頃からで、ここまで十分にトレーニングを積むことができたわけではなかった。それでも、状態が上向いているのは実感していた。

「周りの方々の支えや一緒にトレーニングしてくれるパートナーのお陰で、トレーニングを積むごとに、もしかしたら(パリ五輪を)狙えるかもしれないっていうところまで戻ってきました」

この大会の直前まで標高約1750mの湯の丸高原(長野県)でトレーニングを積み、復帰戦に備えてきた。

レースでは終始先頭をうかがえる位置につけた遠藤。入りの1000mは2分38秒と自己記録(13分10秒69)を狙えるペースだったが、その後、先頭集団は2分43秒~44秒とペースダウンする。

「最初からきついなという感覚があって、“ちょっときついな”っていう状態がずっと続いた」と言うように、決して余裕があったわけではなかった。だが、ラスト1000mを2分30秒でカバーし、13分20秒28でフィニッシュした。

「表彰台を目指していたが、ラストのキック力が足りなくて、最後の最後であと一歩及ばなかった。そこは次への課題」

持ち味のラストスパートで勝ち切れず、こう反省を口にする。とはいえ、立ち上がりの段階としては、自他共に及第点を与えられる走りだっただろう。

昨年も遠藤はケガ明けながら、この大会(3000m)で好走し、ブダペスト世界選手権に向けて弾みをつけた。今年も、まさに昨年と同じような流れと言っていい。

「6月の日本選手権で優勝を目指して、またここからトレーニングをしていければと思います」

昨年の日本選手権は塩尻和也(富士通)に敗れ2位に終わり、連覇が途切れた。今年は頂点を奪還し、パリ五輪への道を切り開くつもりだ。

遠藤は東京五輪出場を目指して、学法石川高を卒業後に大学には進学せずに、実業団の住友電工へ。しかし、東京五輪には出場できず、悔しさを味わった。それだけに、五輪への思いはひとしおだ。

「チャンスがあるならしっかり目指し、選ばれたら、パリに向けてしっかり戦える準備をしていきたいです」

文/和田悟志

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝した。 オレゴン、ブダペスト世界選手権代表の遠藤日向(住友電工)が今季初レースに臨んだ。意外にも、遠藤が国立競技場を走るのは初めてだったが、きっちりと日本人トップの4位に入り、パリ五輪出場へ望みをつないだ。 「順位とタイムというよりも、パリ五輪に向けて狙っているポイントを獲得することが一番大事だったので、そのポイントはギリギリ取れたので、最低限良かったのかなとは思います」と、ひとまず胸をなでおろした。 パリ五輪の出場資格は、参加標準記録(13分05秒00)を切るか、ワールドランキング(Road to Paris)で出場圏内(ターゲットナンバー42)に入らなければいけない。 ワールドランキングは有効期間(23年7月1日から24年6月30日)で3レース以上走らなければならないが、この大会前まで遠藤は2レースしか走っておらず、ランキング外だった。 遠藤は昨年7月のアジア選手権で金メダルを獲得し、8月のブダペスト世界選手権に出場しているが、その世界選手権の後に左足の舟状骨を骨折。10月には手術をし、長期間にわたって戦線を離脱していた。 「一度はパリをあきらめて、(25年の)東京世界選手権に向けて(やっていこう)っていう思いでした」と当時の胸の内を明かす。 ようやくポイント練習を再開できたのは今年1月中旬頃からで、ここまで十分にトレーニングを積むことができたわけではなかった。それでも、状態が上向いているのは実感していた。 「周りの方々の支えや一緒にトレーニングしてくれるパートナーのお陰で、トレーニングを積むごとに、もしかしたら(パリ五輪を)狙えるかもしれないっていうところまで戻ってきました」 この大会の直前まで標高約1750mの湯の丸高原(長野県)でトレーニングを積み、復帰戦に備えてきた。 レースでは終始先頭をうかがえる位置につけた遠藤。入りの1000mは2分38秒と自己記録(13分10秒69)を狙えるペースだったが、その後、先頭集団は2分43秒~44秒とペースダウンする。 「最初からきついなという感覚があって、“ちょっときついな”っていう状態がずっと続いた」と言うように、決して余裕があったわけではなかった。だが、ラスト1000mを2分30秒でカバーし、13分20秒28でフィニッシュした。 「表彰台を目指していたが、ラストのキック力が足りなくて、最後の最後であと一歩及ばなかった。そこは次への課題」 持ち味のラストスパートで勝ち切れず、こう反省を口にする。とはいえ、立ち上がりの段階としては、自他共に及第点を与えられる走りだっただろう。 昨年も遠藤はケガ明けながら、この大会(3000m)で好走し、ブダペスト世界選手権に向けて弾みをつけた。今年も、まさに昨年と同じような流れと言っていい。 「6月の日本選手権で優勝を目指して、またここからトレーニングをしていければと思います」 昨年の日本選手権は塩尻和也(富士通)に敗れ2位に終わり、連覇が途切れた。今年は頂点を奪還し、パリ五輪への道を切り開くつもりだ。 遠藤は東京五輪出場を目指して、学法石川高を卒業後に大学には進学せずに、実業団の住友電工へ。しかし、東京五輪には出場できず、悔しさを味わった。それだけに、五輪への思いはひとしおだ。 「チャンスがあるならしっかり目指し、選ばれたら、パリに向けてしっかり戦える準備をしていきたいです」 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top