HOME 国内

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP
田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

女子1500mに出場する田中希実(New Balance)

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する田中希実(New Balance)が登壇した。

日本記録(3分59秒19)を持つ田中。明日は3分台のベストを持つ選手も複数出場とあって「東京五輪以来に国内ではレベルの高い1500mになると思うので、存在感を示せれるようにしたい」と話す。

1500mは金栗記念、兵庫リレーカーニバルともに4分07秒台とアベレージは上がっているが、「今年はハマるレースに巡り会えていない」と振り返る。

それでも、「状態は悪くない感覚はありますし、去年より良い状態」。ただ、大会になると「練習か、それ以上(の力を)出すというのができていない」のが課題で「感覚を一致させるのがポイントになると思います」と明日を見据える。

セイコーゴールデングランプリは思い出深い大会で、「大学1年の時に初めて出て、長居(大阪)での3000mでした」と言い「その頃から考えたら、大会と一緒に成長してこられているのかな」と田中。コロナ禍中だった2020年には4分05秒27と、初めて日本新を出した大会でもある。

そして、国立競技場にも特別な思いがある。東京五輪1500mでは8位入賞の快挙。「同じ舞台でもあるので、あの時と同じようなギラギラした自分を見ていただけたらうれしいです」。

縁深い舞台で、今季ハマっていない“モヤモヤ”を払拭し、田中らしいレースを見せられるか。

セイコーゴールデングランプリは5月19日、国立競技場で行われる。大会の模様はTBSで中継される。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する田中希実(New Balance)が登壇した。 日本記録(3分59秒19)を持つ田中。明日は3分台のベストを持つ選手も複数出場とあって「東京五輪以来に国内ではレベルの高い1500mになると思うので、存在感を示せれるようにしたい」と話す。 1500mは金栗記念、兵庫リレーカーニバルともに4分07秒台とアベレージは上がっているが、「今年はハマるレースに巡り会えていない」と振り返る。 それでも、「状態は悪くない感覚はありますし、去年より良い状態」。ただ、大会になると「練習か、それ以上(の力を)出すというのができていない」のが課題で「感覚を一致させるのがポイントになると思います」と明日を見据える。 セイコーゴールデングランプリは思い出深い大会で、「大学1年の時に初めて出て、長居(大阪)での3000mでした」と言い「その頃から考えたら、大会と一緒に成長してこられているのかな」と田中。コロナ禍中だった2020年には4分05秒27と、初めて日本新を出した大会でもある。 そして、国立競技場にも特別な思いがある。東京五輪1500mでは8位入賞の快挙。「同じ舞台でもあるので、あの時と同じようなギラギラした自分を見ていただけたらうれしいです」。 縁深い舞台で、今季ハマっていない“モヤモヤ”を払拭し、田中らしいレースを見せられるか。 セイコーゴールデングランプリは5月19日、国立競技場で行われる。大会の模様はTBSで中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top