HOME 国内

2024.05.18

橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP
橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

24年セイコーGGPに出場する日本の有力選手たち

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇した。

今季初戦でパリ五輪参加標準記録(8m27)をクリアする8m28を跳んだ男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)。1週間前の木南記念では7m83にとどまったが、「着々と良いものがつかめている」と、昨年から取り組んでいるスプリンターのような助走からの跳躍スタイルに手応えをつかみつつある。

「国内外トップ選手がそろう良い試合。課題と向き合いながら頑張りたい。1本良いものがつかめれば感覚をつかめる」とし、「弾みをつけて日本選手権とパリにつなげたい。明日はしっかり跳びたいです」と笑顔を見せた。

110mハードル日本記録保持者の村竹ラシッド(JAL)はシーズン2戦目。織田記念では気温も低く、雨も降る中で13秒29とさすがの走りを見せたが、「その時よりも状態が良いので、織田記念よりも良い記録が出せると思います」とアピールする。

ただ、まずは6月の日本選手権を一つのポイントに置き、「そこにつながるレースがしたい。海外で参戦していくと思うので海外の選手と雰囲気に負けず走りたいです」と今後を見据えている。

技術面では「持ち味の中盤から一気にスピードアップするところは、今日も練習したのですがスピードアップできそうな感覚がつかめました」と充実ぶりがうかがえる。

以前、コロナ禍に国立競技場で行われた際に出た時は「誰一人として観客いなかったので寂しかった」と振り返り、「観客がいる中で走れるのはうれしいです。良い記録を出してみなさんを沸かせたい」と意気込みを語った。

昨年のブダペスト世界選手権400mで44秒77の日本新を出した佐藤拳太郎(富士通)は、400mでは今季初戦で、「今年を占う大事なレース。記録、結果にこだわりたい」と話す。

世界室内は脚の不安で見送ったが、「無理をしない判断」だった。世界リレーでは4×400mリレーでパリ五輪出場権獲得と4位に貢献と、状態は問題なし。

明日は「第一区間でしっかり加速に乗り、その後しっかり維持して200mから再加速すれば記録は自ずと出る」と自分の走りの再現性を求めていく。

いずれの選手もパリ五輪を見据えて重要な一戦。セイコーゴールデングランプリは5月19日、国立競技場で行われる。大会の模様はTBSで中継される。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇した。 今季初戦でパリ五輪参加標準記録(8m27)をクリアする8m28を跳んだ男子走幅跳の橋岡優輝(富士通)。1週間前の木南記念では7m83にとどまったが、「着々と良いものがつかめている」と、昨年から取り組んでいるスプリンターのような助走からの跳躍スタイルに手応えをつかみつつある。 「国内外トップ選手がそろう良い試合。課題と向き合いながら頑張りたい。1本良いものがつかめれば感覚をつかめる」とし、「弾みをつけて日本選手権とパリにつなげたい。明日はしっかり跳びたいです」と笑顔を見せた。 110mハードル日本記録保持者の村竹ラシッド(JAL)はシーズン2戦目。織田記念では気温も低く、雨も降る中で13秒29とさすがの走りを見せたが、「その時よりも状態が良いので、織田記念よりも良い記録が出せると思います」とアピールする。 ただ、まずは6月の日本選手権を一つのポイントに置き、「そこにつながるレースがしたい。海外で参戦していくと思うので海外の選手と雰囲気に負けず走りたいです」と今後を見据えている。 技術面では「持ち味の中盤から一気にスピードアップするところは、今日も練習したのですがスピードアップできそうな感覚がつかめました」と充実ぶりがうかがえる。 以前、コロナ禍に国立競技場で行われた際に出た時は「誰一人として観客いなかったので寂しかった」と振り返り、「観客がいる中で走れるのはうれしいです。良い記録を出してみなさんを沸かせたい」と意気込みを語った。 昨年のブダペスト世界選手権400mで44秒77の日本新を出した佐藤拳太郎(富士通)は、400mでは今季初戦で、「今年を占う大事なレース。記録、結果にこだわりたい」と話す。 世界室内は脚の不安で見送ったが、「無理をしない判断」だった。世界リレーでは4×400mリレーでパリ五輪出場権獲得と4位に貢献と、状態は問題なし。 明日は「第一区間でしっかり加速に乗り、その後しっかり維持して200mから再加速すれば記録は自ずと出る」と自分の走りの再現性を求めていく。 いずれの選手もパリ五輪を見据えて重要な一戦。セイコーゴールデングランプリは5月19日、国立競技場で行われる。大会の模様はTBSで中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top