HOME 国内

2024.05.17

世界トップアスリートに「すげー!」セイコーゴールデンGP出場選手が都内の小学生と交流
世界トップアスリートに「すげー!」セイコーゴールデンGP出場選手が都内の小学生と交流

セイコーゴールデンGPに出場する海外選手が都内の小学校を訪問(写真提供:日本陸上競技連盟)

日本陸連は5月17日、今週末に開かれるセイコーゴールデングランプリ(国立競技場)にさきがけ、出場する海外選手が都内の小学校訪問の機会を設けた。

晴天に恵まれたこの日、新宿区立四谷第六小学校を訪れたのは、男子100mで世界選手権準決勝進出のティアン・ウェルプトン(ニュージーランド)、男子走幅跳で全米2度の優勝を誇るマーキス・デンディー(米国)、女子100mハードルで世界選手権準決勝に進んでいるミシェル・ハリソン(カナダ)という、世界トップアスリート3人。

前半は体育館に全校児童(約360人)を目にし、日本や子どもたちの印象を話した。デンディーは「日本の子どもたちはとても礼儀正しい」と、真剣な眼差しで話を聞く様子に感心しきり。

質疑応答では「子供の頃の夢は?」という質問に、「オリンピック選手」(ハリソン)、「F1ドライバー」(ウェルプトン)などと答え、「速く走るには?」という問いには「ドリルなどゆっくりから少しずつ速くしていって」(デンディー)とメッセージを送った。

その後は5、6年生を対象に校庭に出ると、各選手がドリルの見本を見せると「すげー!」「高い!」と児童たちは驚きの表情を見せる。最後に行われた50m周回リレーでは、バトンをつなぐ子どもたちの横を一緒に走った3人。こちらも「速い!」「もっと本気で!」と夢中になっていた。

握手や赤白帽にサインをもらうなど、子どもたちも世界トップ選手に大興奮。3選手も満面に笑み浮かべて楽しんでいる様子だった。いずれも日曜日のセイコーゴールデングランプリに出場。「週末の試合で!」と笑顔で小学校を後にした。

セイコーゴールデングランプリは世界陸連(WA)コンチネンタルツアーで最上位となるゴールド。大会の様子はTBSで14時30分から生中継される。

日本陸連は5月17日、今週末に開かれるセイコーゴールデングランプリ(国立競技場)にさきがけ、出場する海外選手が都内の小学校訪問の機会を設けた。 晴天に恵まれたこの日、新宿区立四谷第六小学校を訪れたのは、男子100mで世界選手権準決勝進出のティアン・ウェルプトン(ニュージーランド)、男子走幅跳で全米2度の優勝を誇るマーキス・デンディー(米国)、女子100mハードルで世界選手権準決勝に進んでいるミシェル・ハリソン(カナダ)という、世界トップアスリート3人。 前半は体育館に全校児童(約360人)を目にし、日本や子どもたちの印象を話した。デンディーは「日本の子どもたちはとても礼儀正しい」と、真剣な眼差しで話を聞く様子に感心しきり。 質疑応答では「子供の頃の夢は?」という質問に、「オリンピック選手」(ハリソン)、「F1ドライバー」(ウェルプトン)などと答え、「速く走るには?」という問いには「ドリルなどゆっくりから少しずつ速くしていって」(デンディー)とメッセージを送った。 その後は5、6年生を対象に校庭に出ると、各選手がドリルの見本を見せると「すげー!」「高い!」と児童たちは驚きの表情を見せる。最後に行われた50m周回リレーでは、バトンをつなぐ子どもたちの横を一緒に走った3人。こちらも「速い!」「もっと本気で!」と夢中になっていた。 握手や赤白帽にサインをもらうなど、子どもたちも世界トップ選手に大興奮。3選手も満面に笑み浮かべて楽しんでいる様子だった。いずれも日曜日のセイコーゴールデングランプリに出場。「週末の試合で!」と笑顔で小学校を後にした。 セイコーゴールデングランプリは世界陸連(WA)コンチネンタルツアーで最上位となるゴールド。大会の様子はTBSで14時30分から生中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top