HOME 国内、大学

2024.05.11

青学大・石川優が復活!!100m3年ぶりV、4継との2冠 110mHは阿部が制す 十種・髙橋が堂々デビュー/関東IC
青学大・石川優が復活!!100m3年ぶりV、4継との2冠 110mHは阿部が制す 十種・髙橋が堂々デビュー/関東IC

24年関東インカレ女子100mを制した石川優(青学大)

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの2日目が行われた。女子100mは石川優(青学大)が11秒75(+0.5)をマークして優勝。1年時以来、3年ぶりの頂点に立った。

「ずっと冷静に、というのを心掛けてきたのですが、それが優勝という形で実りました。1年時以来に勝ててすごくうれしいです」

苦しい時を過ごしてきた。相洋高(神奈川)時代から世代トップをひた走り、1年目に学生歴代6位の11秒48をマークした。だが、その後は何度もハムストリングスの肉離れに苦しんだ。復帰し、良い記録を出しては故障の繰り返し。

「1年生の時はがむしゃらでした。その後はケガを繰り返してしまって…。どうしても前傾気味で走ってしまって、そのまま前に脚を降り出すことでハムストリングスに(負荷が)きてしまっていた」

その後は体幹を鍛え、腹圧を入れてから練習するように意識。この春は織田記念でも日本時トップに入り、関東インカレも100m3本、4継2本をこなして「あまり疲労は感じていません」と本数をこなせるようになった。

東京五輪4×100mリレー代表にも選ばれたが、本番で出番はなかった。ここまでは不調で「あまり世界大会は視野に入れてこなかった」が、今季の復調で「少しずつ視野に入れつつ自分の走りを続けていって、結果的に世界大会につながれば」と思い描く。

石川は4×100mリレーも制して2冠。この後は、6月の日本選手権で「優勝」が目標。100mは「11秒3台をしっかり出せるように」と語った。

男子100mは織田記念も優勝している守祐陽(大東大)が優勝。「スタートからの加速を改善するよう意識してきました」と言う。やや身体に疲労もあったが、織田記念Vの自信でタイトルゲット。大東大の1部100m優勝は初となる。

男子4×100mリレーは早大が12年ぶりに優勝。100m2、3位の井上直紀、関口裕太らでしっかりバトンをつないだ。

男子400mは豊田兼(慶大)が45秒82で初タイトル。女子400mはフロレス・アリエ(日体大)が自己新となる54秒07で優勝した。男子110mハードルは13秒52を持つ阿部竜希(順大)が13秒62(-0.9)で制している。女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)がU20日本歴代2位の13秒28(+0.5)の好記録で優勝した。

男子砲丸投は山田暉斗(法大)が17m62で優勝。この種目では法大にとって50年ぶりだった。男子十種競技はスーパールーキーの髙橋諒(慶大)がU20日本最高(一般規格)となる7235点で優勝。衝撃のデビューを飾った。

関東インカレは12日まで行われる。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目 関東インカレの2日目が行われた。女子100mは石川優(青学大)が11秒75(+0.5)をマークして優勝。1年時以来、3年ぶりの頂点に立った。 「ずっと冷静に、というのを心掛けてきたのですが、それが優勝という形で実りました。1年時以来に勝ててすごくうれしいです」 苦しい時を過ごしてきた。相洋高(神奈川)時代から世代トップをひた走り、1年目に学生歴代6位の11秒48をマークした。だが、その後は何度もハムストリングスの肉離れに苦しんだ。復帰し、良い記録を出しては故障の繰り返し。 「1年生の時はがむしゃらでした。その後はケガを繰り返してしまって…。どうしても前傾気味で走ってしまって、そのまま前に脚を降り出すことでハムストリングスに(負荷が)きてしまっていた」 その後は体幹を鍛え、腹圧を入れてから練習するように意識。この春は織田記念でも日本時トップに入り、関東インカレも100m3本、4継2本をこなして「あまり疲労は感じていません」と本数をこなせるようになった。 東京五輪4×100mリレー代表にも選ばれたが、本番で出番はなかった。ここまでは不調で「あまり世界大会は視野に入れてこなかった」が、今季の復調で「少しずつ視野に入れつつ自分の走りを続けていって、結果的に世界大会につながれば」と思い描く。 石川は4×100mリレーも制して2冠。この後は、6月の日本選手権で「優勝」が目標。100mは「11秒3台をしっかり出せるように」と語った。 男子100mは織田記念も優勝している守祐陽(大東大)が優勝。「スタートからの加速を改善するよう意識してきました」と言う。やや身体に疲労もあったが、織田記念Vの自信でタイトルゲット。大東大の1部100m優勝は初となる。 男子4×100mリレーは早大が12年ぶりに優勝。100m2、3位の井上直紀、関口裕太らでしっかりバトンをつないだ。 男子400mは豊田兼(慶大)が45秒82で初タイトル。女子400mはフロレス・アリエ(日体大)が自己新となる54秒07で優勝した。男子110mハードルは13秒52を持つ阿部竜希(順大)が13秒62(-0.9)で制している。女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)がU20日本歴代2位の13秒28(+0.5)の好記録で優勝した。 男子砲丸投は山田暉斗(法大)が17m62で優勝。この種目では法大にとって50年ぶりだった。男子十種競技はスーパールーキーの髙橋諒(慶大)がU20日本最高(一般規格)となる7235点で優勝。衝撃のデビューを飾った。 関東インカレは12日まで行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top