HOME 国内

2024.04.27

男子100mに坂井隆一郎、多田修平、桐生祥秀がエントリー! 走幅跳に橋岡優輝、400m佐藤風雅、400mH黒川和樹ら有力選手勢揃い/木南記念
男子100mに坂井隆一郎、多田修平、桐生祥秀がエントリー! 走幅跳に橋岡優輝、400m佐藤風雅、400mH黒川和樹ら有力選手勢揃い/木南記念

木南記念男子100mに出場する多田修平、坂井隆一郎、桐生祥秀

日本陸連は4月26日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)のエントリー選手を発表した。

男子100mには昨年の日本選手権で優勝を飾った坂井隆一郎(大阪ガス)をはじめ、多田修平(住友電工)と桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)と五輪代表経験者が招待選手としてエントリー。世界室内代表の東田旺洋(関彰商事)、ダイヤモンドリーグで好走した和田遼(ミキハウス)も名を連ねている。

このほか、男子ではパリ五輪の参加標準記録突破している400mの佐藤風雅(ミズノ)、110mハードルの野本周成(愛媛競技力本部)、400mハードル黒川和樹(住友電工)、走幅跳の橋岡優輝(富士通)がそろい踏み。400ハードルはブダペスト世界世界選手権に出場した児玉悠作(ノジマ)、岸本鷹幸(富士通)もエントリーしている。

男子フィールドでは棒高跳の世界大会で入賞経験のある山本聖途(トヨタ自動車)、江島雅紀(富士通)に、ブダペスト世界選手権代表の柄澤智哉(日体大)も参戦。走幅跳は橋岡のほか、津波響樹(富士通)、城山正太郎(ゼンリン)、山川夏輝(Team SSP)が出場を予定している。円盤投には幸長慎一(四国大AC)や堤雄司(ALSOK群馬)がエントリーされた。

女子は走幅跳日本記録(6m97)保持者の秦澄美鈴(住友電工)が出場。100mハードルにはともにブダペスト世界選手権代表の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と、田中佑美(富士通)に加え、日本記録を持つ福部真子(日本建設工業)も登録。12秒台のベストを持つ清山ちさと(いちご)、大松由季(CDL)とハイレベルなレースが展開されそうだ。

400mハードルには山本亜美(立命大)、宇都宮絵莉(長谷川体育施設)、100mには君嶋愛梨沙(土木管理総合試験所)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、兒玉芽生(ミズノ)と日本代表クラスがずらり。800mには今季好調の久保凛(東大阪大敬愛高)が、塩見綾乃(岩谷産業)、川田朱夏(ニコニコのり)など日本トップに挑む。

今回は男女8種目ずつの計16種目をグランプリとして実施。日本グランプリシリーズグレード1(G1)、およびWAコンチネンタルツアーブロンズのカテゴリーとして開催される。

日本陸連は4月26日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)のエントリー選手を発表した。 男子100mには昨年の日本選手権で優勝を飾った坂井隆一郎(大阪ガス)をはじめ、多田修平(住友電工)と桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)と五輪代表経験者が招待選手としてエントリー。世界室内代表の東田旺洋(関彰商事)、ダイヤモンドリーグで好走した和田遼(ミキハウス)も名を連ねている。 このほか、男子ではパリ五輪の参加標準記録突破している400mの佐藤風雅(ミズノ)、110mハードルの野本周成(愛媛競技力本部)、400mハードル黒川和樹(住友電工)、走幅跳の橋岡優輝(富士通)がそろい踏み。400ハードルはブダペスト世界世界選手権に出場した児玉悠作(ノジマ)、岸本鷹幸(富士通)もエントリーしている。 男子フィールドでは棒高跳の世界大会で入賞経験のある山本聖途(トヨタ自動車)、江島雅紀(富士通)に、ブダペスト世界選手権代表の柄澤智哉(日体大)も参戦。走幅跳は橋岡のほか、津波響樹(富士通)、城山正太郎(ゼンリン)、山川夏輝(Team SSP)が出場を予定している。円盤投には幸長慎一(四国大AC)や堤雄司(ALSOK群馬)がエントリーされた。 女子は走幅跳日本記録(6m97)保持者の秦澄美鈴(住友電工)が出場。100mハードルにはともにブダペスト世界選手権代表の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と、田中佑美(富士通)に加え、日本記録を持つ福部真子(日本建設工業)も登録。12秒台のベストを持つ清山ちさと(いちご)、大松由季(CDL)とハイレベルなレースが展開されそうだ。 400mハードルには山本亜美(立命大)、宇都宮絵莉(長谷川体育施設)、100mには君嶋愛梨沙(土木管理総合試験所)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、兒玉芽生(ミズノ)と日本代表クラスがずらり。800mには今季好調の久保凛(東大阪大敬愛高)が、塩見綾乃(岩谷産業)、川田朱夏(ニコニコのり)など日本トップに挑む。 今回は男女8種目ずつの計16種目をグランプリとして実施。日本グランプリシリーズグレード1(G1)、およびWAコンチネンタルツアーブロンズのカテゴリーとして開催される。

木南記念の主なエントリー選手

<男子> ・100m 坂井隆一郎(大阪ガス) 多田修平(住友電工) 桐生祥秀(日本生命) ケンブリッジ 飛鳥(Nike) 東田旺洋(関彰商事) 和田遼(ミキハウス) ・400m 佐藤風雅(ミズノ) 今泉堅貴(TeamSSP) 岩崎立来(三重県スポ協) 吉津拓歩(ジーケーライン) ・1500m 館澤亨次(DeNA) 河村一輝(トーエネック) 高橋佑輔(アスリーツ・ラボ) ・110mハードル 野本周成(愛媛競技力本部) 横地大雅(Team SSP) 石川周平(富士通) ・400mハードル 黒川和樹(住友電工) 筒江海斗(ST-WAKO) 児玉悠作(ノジマ) 小川大輝(東洋大) 岸本鷹幸(富士通) 出口晴翔(ゼンリン) ・棒高跳 山本聖途(トヨタ自動車) 江島雅紀(富士通) 澤慎吾(きらぼし銀行) 柄澤智哉(日体大) 竹川倖生(丸元産業) ・走幅跳 橋岡優輝(富士通) 城山正太郎(ゼンリン) 鳥海勇斗(ノジマ) 小田大樹(ヤマダホールディングス) 津波響樹(大塚製薬) 山川夏輝(Team SSP) ・円盤投 堤雄司(ALSOK群馬) 幸長慎一(四国大AC) 女子 ・100m 君嶋愛梨沙(土木管理総合試験所) 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 青野朱李(NDソフト) 兒玉芽生(ミズノ) 青山華依(甲南大) ・400m 久保山晴菜(今村病院) 岩田優奈(スズキ) 松本奈菜子(東邦銀行) ・800m 池崎愛里(ダイソー) 塩見綾乃(岩谷産業) 川田朱夏(ニコニコのり) 久保凛(東大阪大敬愛高) ・100mハードル 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 田中佑美(富士通) 福部真子(日本建設工業) 清山ちさと(いちご) 大松由季(CDL) ・400mハードル 山本亜美(立命大) 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) ・3000m障害物 吉村玲美(クレーマージャパンTC) 西出優月(ダイハツ) ・走幅跳 秦澄美鈴(住友電工) 髙良彩花(JAL) ・円盤投 齋藤真希(東海大院) 郡菜々佳(サトウ食品新潟アルビレックスRC)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top