HOME 国内

2024.04.26

クローズアップ/飯塚翔太(ミズノ) 4大会連続の五輪へ 積み重ねた3年の集大成「パリで活躍したい」
クローズアップ/飯塚翔太(ミズノ) 4大会連続の五輪へ 積み重ねた3年の集大成「パリで活躍したい」

4大会連続の五輪出場に並々ならぬ意欲を見せる飯塚翔太

日本男子スプリント最多タイの4大会連続五輪に挑戦

2012年ロンドンから3大会連続で五輪に出場中。16年のリオ五輪では男子4×100mリレーで銀メダルを獲得した。4大会連続となれば、日本男子スプリントでは朝原宣治(96年北京、00年シドニー、04年アテネ、08年北京)以来2人目の快挙となる。

飯塚にとって五輪とは、「楽しい。雰囲気は最高」という思いが真っ先に頭に浮かぶ、自身の原動力になっている舞台だ。

「いろいろな競技の選手たちが集まって、他の競技も応援できる。それは世界陸上では味わえないですし、一番上のレベルではオリンピックしかない。あの雰囲気の盛り上がり方はすごく楽しいです」

ただ、自身が出場した過去3大会は、リレーでは結果を残せたものの、200mで出場した個人種目はいずれも予選落ち。「決勝の舞台に立ったらどうだろう。どんな雰囲気で走れるだろう」という考えがよぎることもあるという。

21年の東京五輪で悔しい結果に終わったあと、「まずは明日とか、来年に向けて」と一歩ずつ積み重ねた先に、昨年のブダペスト世界陸上で5大会連続出場・4度目となる準決勝進出へとたどりついた。それ以降は、「次はパリだ」と視線を向けている。

5月3日の静岡国際で200mの本格初戦。その後はセイコーゴールデングランプリを経て、6月の日本選手権を迎える。パリ五輪の代表選考を兼ねる大一番の日本選手権を「ここ何年かは悔しい思いをしているので、優勝してリベンジしたいです」と意気込む飯塚。若手選手が台頭している状況には、「いいですねぇ。刺激をもらえます」と目を輝かせた。

「パリ五輪でも活躍したいです」と力を込める飯塚のチャレンジは、ここからますますヒートアップしていく。

「3Dの動き」と「メトロノーム」でリズムを意識

日本スプリント界の“リーダー”飯塚翔太(ミズノ)が、2024年シーズンの本格スタートを前に、充実の表情で手応えを語る。 「練習はずっと良い感じで、ケガもなく来られていたので、今はとても良い状態です。短い距離でスピードを上げられるようになってきて、逆に200mの前半にスピードを上げ過ぎてしまう傾向が出始めているので、そこをうまく200mの走りにしていかないといけないと考えています」 2度の中大記録会で試運転。3月10日は100mを10秒58(-1.7)、200mを20秒93(+1.3)で走り、2週間後は100m10秒39(+1.0)、200m20秒81(+1.9)と、肌寒いコンディションの中で着実にタイムを短縮した。 4月7日の岩壁杯対抗オープン200mでは20秒48(+1.1)をマークする。これで、12年から13年連続での20秒5切りを達成。そして、今季の公式戦初戦となった4月13日、14日の出雲陸上100mに10秒30(+0.1)で快勝した。 冬季は、「“3D”のように全身を使って走れるようにすることと、200mの前半のリズムの作り方を意識してきた」と言う。3Dの動きについて、飯塚はこう補足する。 「例えば肩甲骨は8の字になるような、競歩に近い動きができると全身が使えます。トップ選手は右足を接地した時、その真上に頭が来て、右肩は落ちる。ボクシングでパンチを出す瞬間や野球でボールを投げる時も同じで、力を発揮するにはそうした3D的な動きが必要だな、と。ただ、走る時にこうやって動かそうと考えながらやっても再現性が低い。走る以外の筋力トレーニングやドリルで、常に意識しながら取り組んできました」 その精度は「9割近くまで上がっています」と胸を張る。 リズムの作り方については、「余力を残しながらも、前半80mでどこまで回転数を上げられるか」を課題とし、スマートフォンのメトロノームを活用している。 「スタート近くに置いて、スマホのスピーカーから聞こえるようにして走ります。タッタッタッタッ……という音が一番わかりやすい。僕は今、200mでは(1分間に)240ぐらいのピッチで刻んでいますが、これを250にしたほうがいいのか、245がいいのか、微妙な加減を模索中です」 そうしたトレーニングの模様を楽しそうに話す飯塚には、近頃、頼もしいパートナーが新たに加わった。所属するミズノから6月に新発売するスパイク「クロノインクスネオジャパン」だ。同社が1997年から展開してきたトップモデルのスプリントスパイク「クロノインクス」シリーズの最新版。飯塚が自身の感覚を伝え、開発担当とともに約2年半かけて作り上げた同シリーズ初の厚底・高反発モデルとなっている。 「スタートではクロノインクスならではのクリップと、地面の感触がすごく感じやすいイメージで踏み出せます。中間から後半にかけては高反発ミッドソールの『つぶれて戻る』反発性があるので、トップスピードを維持しやすい。厚底ですが、安定感にも優れています」

日本男子スプリント最多タイの4大会連続五輪に挑戦

2012年ロンドンから3大会連続で五輪に出場中。16年のリオ五輪では男子4×100mリレーで銀メダルを獲得した。4大会連続となれば、日本男子スプリントでは朝原宣治(96年北京、00年シドニー、04年アテネ、08年北京)以来2人目の快挙となる。 飯塚にとって五輪とは、「楽しい。雰囲気は最高」という思いが真っ先に頭に浮かぶ、自身の原動力になっている舞台だ。 「いろいろな競技の選手たちが集まって、他の競技も応援できる。それは世界陸上では味わえないですし、一番上のレベルではオリンピックしかない。あの雰囲気の盛り上がり方はすごく楽しいです」 ただ、自身が出場した過去3大会は、リレーでは結果を残せたものの、200mで出場した個人種目はいずれも予選落ち。「決勝の舞台に立ったらどうだろう。どんな雰囲気で走れるだろう」という考えがよぎることもあるという。 21年の東京五輪で悔しい結果に終わったあと、「まずは明日とか、来年に向けて」と一歩ずつ積み重ねた先に、昨年のブダペスト世界陸上で5大会連続出場・4度目となる準決勝進出へとたどりついた。それ以降は、「次はパリだ」と視線を向けている。 5月3日の静岡国際で200mの本格初戦。その後はセイコーゴールデングランプリを経て、6月の日本選手権を迎える。パリ五輪の代表選考を兼ねる大一番の日本選手権を「ここ何年かは悔しい思いをしているので、優勝してリベンジしたいです」と意気込む飯塚。若手選手が台頭している状況には、「いいですねぇ。刺激をもらえます」と目を輝かせた。 「パリ五輪でも活躍したいです」と力を込める飯塚のチャレンジは、ここからますますヒートアップしていく。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

2024出雲全日本大学選抜駅伝出場校

出場チーム 北海道学連選抜   33回目 東北学連選抜    35回目 青山学院大学    14回目 駒澤大学      30回目 城西大学      6回目 東洋大学      24回目 國學院大學     7回目 法 […]

NEWS 2024全日本大学駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学駅伝出場校

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学    29大会連続31回目 青山学院大学  12大会連続14回目 國學院大學   10大会連続12回目 中央大学     4大会連続31回目 城西大学     2大会連続11 […]

NEWS 2024全日本大学女子駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学女子駅伝出場校

シード校(前回上位8校) 名城大学     26年連続26回目 大東文化大学   14年連続14回目 立命館大学    35年連続35回目 城西大学     30年連続31回目 日本体育大学   13年連続36回目 大阪 […]

NEWS 2025箱根駅伝出場チーム

2024.06.14

2025箱根駅伝出場チーム

出場校 青山学院大学   17年連続30回目 駒澤大学     59年連続59回目 城西大学     3年連続19回目 東洋大学     23年連続83回目 國學院大学    9年連続18回目 法政大学     10年連 […]

NEWS ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

2024.06.14

ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

【動画】福田翔大の自己新スローをチェック! 男子ハンマー投日本歴代10傑 84.86 室伏広治(ミズノ)    2003. 6.29 75.96 室伏重信(中京大教)   1984. 7.15 74.08 土井宏昭(ファ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top