HOME 国内、日本代表

2024.04.23

パリ五輪切符つかんだ男女混合競歩リレー 銀メダルの池田向希、岡田久美子ペア「最大2枠をクリアできて良かった」
パリ五輪切符つかんだ男女混合競歩リレー 銀メダルの池田向希、岡田久美子ペア「最大2枠をクリアできて良かった」

トルコ・アンタルヤから帰国した日本代表の池田、岡田、髙橋、渕瀬

アンタルヤ世界競歩チーム選手権の日本代表が4月23日に帰国し、パリ五輪の出場権を獲得した男女混合競歩リレーの代表選手が取材に応じた。

男女混合競歩リレーはパリ五輪で初実施される種目で、男女1名をペアとし、男子(11.195km)・女子(10km)・男子(11km)・女子(10km)の順に42.195kmを歩き、リストバンドで中継。今大会がパリ五輪出場枠の選考レースだった。

日本から3チームが出場。池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)のコンビが2時間57分04秒で銀メダルを獲得して1枠をゲットした。加えて、各国2チーム目の上位5ヵ国に入れば2チーム目の出場が決まり、日本は髙橋和生(ADワークスグループ)・渕瀬真寿美(建装工業)が17位(2チーム名順位5位)に入って、日本は2枠を獲得した。

「日本チームとして最大2枠を目標にしていたので、それをクリアできて良かったです」と池田。岡田も「2チームでパリ五輪の出場権を獲得できて良かった」と笑顔を見せる。

レースのポイントとなったのは、歩いていない時間。リカバリーでは「日本に比べて暑かったので、まず深部体温を冷やすこと」と、「できるだけ身体を動かしながら回復する」(池田)ことを意識したという。

岡田は「1本目を終えて血糖値がどんどん下がるので、リカバリー中のエネルギー補給で血糖値をしっかり上げました」と言い、日本陸連科学委員会とも連携しながらコンディションを整えた。

レース前、池田が「トップで渡します」と力強く話し、岡田は「粘ります」と応えてスタートしたという。1区、そして3区と池田は宣言通りトップで中継。「世界大会で一番で歩いたことがなかったのでドキドキ、ワクワクしながら歩きました」という岡田は、「大きく崩れることなく歩けました」と自信を得た。

世界トップウォーカーの力を示した池田だが、3区間目に2回の歩型違反。同種目では2人で3回の歩型違反が出ると3分のペナルティーゾーンが課されるため、「岡田さんにまとめていただいた」と頭を下げるも、「駅伝と同じで流れがすごく大事。池田君が1位で持ってきてくれたから元気をもらいました」と称え合った。

日本チーム2番手でフィニッシュした髙橋は「3区間目で少しずつ前との差も縮められましたし、トータルとしてまずまずの歩きができました」と充実感を漂わせる。20km競歩に出場予定から急きょリレーに出場した渕瀬はベテランらしく冷静に対応し「(審判の)ジャッジによってレース展開が変わるなと感じました。警告も1回ずつ。しっかり代表の枠を取るのが目標だったので良かった」と胸をなで下ろした。

日本陸連の今村文男・競歩シニアディレクターは「出場権を2枠取れたことは良かった」と言い、「ペアを組むのが難しかった。男子は技術力、女子は競技力という組み合わせを考えました」と明かす。

池田・岡田のペアについては「序盤よりも後半区間のペースアップを描いてスタートしてくれました。特に岡田選手はオーバーペースにならず、さすがの経験を見せてくれたと思います」と評価した。

男女混合競歩リレーの代表について、まだ世界陸連から細かなレギュレーションが発表されていない状況。20km競歩で代表入りしている池田は出場への意欲は持ちつつも「20kmのあとどれだけ回復できるか。男子は層も厚いのでフレッシュなメンバーがいる心強さもあるので頼れる部分もあると思います」と話す。

今村シニアディレクターも「20kmとは別のメンバーのほうがメダル、入賞に近いとは思う」としつつ、今後決定されるレギュレーションなどを元に、20km代表の意思も確認しながら代表を選定していくとした。

アンタルヤ世界競歩チーム選手権の日本代表が4月23日に帰国し、パリ五輪の出場権を獲得した男女混合競歩リレーの代表選手が取材に応じた。 男女混合競歩リレーはパリ五輪で初実施される種目で、男女1名をペアとし、男子(11.195km)・女子(10km)・男子(11km)・女子(10km)の順に42.195kmを歩き、リストバンドで中継。今大会がパリ五輪出場枠の選考レースだった。 日本から3チームが出場。池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)のコンビが2時間57分04秒で銀メダルを獲得して1枠をゲットした。加えて、各国2チーム目の上位5ヵ国に入れば2チーム目の出場が決まり、日本は髙橋和生(ADワークスグループ)・渕瀬真寿美(建装工業)が17位(2チーム名順位5位)に入って、日本は2枠を獲得した。 「日本チームとして最大2枠を目標にしていたので、それをクリアできて良かったです」と池田。岡田も「2チームでパリ五輪の出場権を獲得できて良かった」と笑顔を見せる。 レースのポイントとなったのは、歩いていない時間。リカバリーでは「日本に比べて暑かったので、まず深部体温を冷やすこと」と、「できるだけ身体を動かしながら回復する」(池田)ことを意識したという。 岡田は「1本目を終えて血糖値がどんどん下がるので、リカバリー中のエネルギー補給で血糖値をしっかり上げました」と言い、日本陸連科学委員会とも連携しながらコンディションを整えた。 レース前、池田が「トップで渡します」と力強く話し、岡田は「粘ります」と応えてスタートしたという。1区、そして3区と池田は宣言通りトップで中継。「世界大会で一番で歩いたことがなかったのでドキドキ、ワクワクしながら歩きました」という岡田は、「大きく崩れることなく歩けました」と自信を得た。 世界トップウォーカーの力を示した池田だが、3区間目に2回の歩型違反。同種目では2人で3回の歩型違反が出ると3分のペナルティーゾーンが課されるため、「岡田さんにまとめていただいた」と頭を下げるも、「駅伝と同じで流れがすごく大事。池田君が1位で持ってきてくれたから元気をもらいました」と称え合った。 日本チーム2番手でフィニッシュした髙橋は「3区間目で少しずつ前との差も縮められましたし、トータルとしてまずまずの歩きができました」と充実感を漂わせる。20km競歩に出場予定から急きょリレーに出場した渕瀬はベテランらしく冷静に対応し「(審判の)ジャッジによってレース展開が変わるなと感じました。警告も1回ずつ。しっかり代表の枠を取るのが目標だったので良かった」と胸をなで下ろした。 日本陸連の今村文男・競歩シニアディレクターは「出場権を2枠取れたことは良かった」と言い、「ペアを組むのが難しかった。男子は技術力、女子は競技力という組み合わせを考えました」と明かす。 池田・岡田のペアについては「序盤よりも後半区間のペースアップを描いてスタートしてくれました。特に岡田選手はオーバーペースにならず、さすがの経験を見せてくれたと思います」と評価した。 男女混合競歩リレーの代表について、まだ世界陸連から細かなレギュレーションが発表されていない状況。20km競歩で代表入りしている池田は出場への意欲は持ちつつも「20kmのあとどれだけ回復できるか。男子は層も厚いのでフレッシュなメンバーがいる心強さもあるので頼れる部分もあると思います」と話す。 今村シニアディレクターも「20kmとは別のメンバーのほうがメダル、入賞に近いとは思う」としつつ、今後決定されるレギュレーションなどを元に、20km代表の意思も確認しながら代表を選定していくとした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top