HOME 国内

2024.03.27

日本GP出雲陸上に東田旺洋、飯塚翔太、兒玉芽生、鶴田玲美らがエントリー 世界リレー選手権出場を懸けた一戦
日本GP出雲陸上に東田旺洋、飯塚翔太、兒玉芽生、鶴田玲美らがエントリー 世界リレー選手権出場を懸けた一戦

出雲陸上にエントリーした東田旺洋、飯塚翔太、兒玉芽生、鶴田玲美

3月27日、日本陸連は4月13日、14日に行われる日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上(島根・浜山)のエントリー選手を発表した。同大会はナッソー2024世界リレー選手権(5月4日、5日)の日本代表選手選考トライアルになっており、パリ五輪出場に向けても大事な一戦となる。

男子100mには今年の世界室内選手権代表で10秒10のベストを持つ東田旺洋(関彰商事)を筆頭に、東京五輪代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)、昨年のU20アジア選手権金メダリストの黒木海翔(東福岡高→中大)などが登録。ベテランの飯塚翔太(ミズノ)も予備予選からの出場組としてエントリーした。

広告の下にコンテンツが続きます

200mには水久保漱至(宮崎アスリート)や宇野勝翔(オリコ)、山下潤(ANA)など日本代表経験者が顔を揃え、400mにはブダペスト世界選手権代表の今泉堅貴(Team SSP)が登録されている。

女子100mは東京五輪4×100mリレーメンバーの兒玉芽生(ミズノ)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、昨年のブダペスト世界選手権100mに出場した君嶋愛梨沙(土木管理総合)など日本のトップ勢がそろい踏み。藏重みう(甲南大)、山形愛羽(熊本中央高→福岡大)と昨年の学生、高校生チャンピオンもエントリーし、激しいメンバー争いが繰り広げられそうだ。

また女子400mにも久保山晴菜(今村病院)、児島柚月(立命大)、安達茉鈴(園田学園女大)と昨年の日本選手権トップ3がそろってエントリーした。

5月に行われる世界リレーには男子、女子の4×100mリレーと4×400mリレー、男女混合4×400mリレーを実施。同大会で14位以内に入った国にはパリ五輪の出場権が与えられることになっている。

広告の下にコンテンツが続きます
3月27日、日本陸連は4月13日、14日に行われる日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上(島根・浜山)のエントリー選手を発表した。同大会はナッソー2024世界リレー選手権(5月4日、5日)の日本代表選手選考トライアルになっており、パリ五輪出場に向けても大事な一戦となる。 男子100mには今年の世界室内選手権代表で10秒10のベストを持つ東田旺洋(関彰商事)を筆頭に、東京五輪代表のデーデー・ブルーノ(セイコー)、昨年のU20アジア選手権金メダリストの黒木海翔(東福岡高→中大)などが登録。ベテランの飯塚翔太(ミズノ)も予備予選からの出場組としてエントリーした。 200mには水久保漱至(宮崎アスリート)や宇野勝翔(オリコ)、山下潤(ANA)など日本代表経験者が顔を揃え、400mにはブダペスト世界選手権代表の今泉堅貴(Team SSP)が登録されている。 女子100mは東京五輪4×100mリレーメンバーの兒玉芽生(ミズノ)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、昨年のブダペスト世界選手権100mに出場した君嶋愛梨沙(土木管理総合)など日本のトップ勢がそろい踏み。藏重みう(甲南大)、山形愛羽(熊本中央高→福岡大)と昨年の学生、高校生チャンピオンもエントリーし、激しいメンバー争いが繰り広げられそうだ。 また女子400mにも久保山晴菜(今村病院)、児島柚月(立命大)、安達茉鈴(園田学園女大)と昨年の日本選手権トップ3がそろってエントリーした。 5月に行われる世界リレーには男子、女子の4×100mリレーと4×400mリレー、男女混合4×400mリレーを実施。同大会で14位以内に入った国にはパリ五輪の出場権が与えられることになっている。

出雲陸上の主なエントリー選手をチェック

<男子> ●100m 東田旺洋(関彰商事) 樋口陸人(スズキ) 鈴木涼太(スズキ) 井上直紀(早大) 黒木海翔(中大) 和田遼(ミキハウス) 藤原寛人(中大) 竹田一平(スズキ) 守祐陽(大東大) デーデーブルーノ(セイコー) 飯塚翔太(ミズノ) ●200m 水久保漱至(宮崎アスリート) 植本尚輝(エースジャパン) 宇野勝翔(オリコ) 山路康太郎(Cynet) 染谷佳大(ダイワハウス) 安田圭吾(住友電工) 北川翔(渡辺パイプ) 髙木恒(浜松委托運送) 山下潤(ANA) [adinserter block="4"]●300m 岩崎立来(三重県スポ協) 西裕大(MINT TOKYO) 鈴木碧斗(住友電工) 川端魁人(中京大クラブ) ●400m 今泉堅貴(TeamSSP) 伊東利来也(住友電工) 小渕瑞樹(登利平AC) 吉津拓歩(ジーケーライン) 眞々田洸大(早大) [adinserter block="4"]<女子> ●100m 兒玉芽生(ミズノ) 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 山形愛羽(福岡大) 三浦愛華(愛媛県競技力向上対策本部) 岡根和奏(甲南大) 石川優(青学大) 奥野由萌(甲南大) 三浦由奈(セレスポ) 森本海咲希(園田学園女大) 藏重みう(甲南大) [adinserter block="4"]●200m 青野朱李(NDソフト) 吉田紗弓(クレイン) 税田ジェニファー璃美(甲南大) ●400m 久保山晴菜(今村病院) 井戸アビゲイル風果(東邦銀行) 岩田優奈(スズキ) 松本奈菜子(東邦銀行) 森山静穂(いちご) 安達茉鈴(園田学園女大) 児島柚月(立命大) 宮地利璃香(駿河台大)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top