HOME 国内

2024.03.03

パリ五輪代表選考の男子が終了 高岡寿成SD「日本のマラソンは強くなれると」/東京マラソン
パリ五輪代表選考の男子が終了 高岡寿成SD「日本のマラソンは強くなれると」/東京マラソン

会見に応じた瀬古リーダー(左)と高岡SD

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前)

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われた。今大会でパリ五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のファイナルチャレンジの男子の対象レースがすべて終了した。

広告の下にコンテンツが続きます

ファイナルチャレンジ設定記録の2時間5分50秒を突破する選手が現われず、現時点ではMGC上位3人の小山直城(Honda)、赤﨑暁(九電工)、大迫傑(Nike)の3人が内定した。

レース後、日本陸連強化委員会の総括会見が開かれ、中長距離・マラソン担当の高岡寿成シニアディレクターと、瀬古利彦・日本陸連ロードランニングコミッションリーダーの2人が登壇し、選考について総括した。

瀬古リーダーは東京マラソンを終え「残念ながら2時間5分50秒を切る人が現われませんでしたが、全員がオリンピックを目指して頑張ってきたのは評価してあげたい。オリンピック代表争いが決まったら、その3人を応援していきたい」と話す。

高岡シニアディレクターは今大会について「世界でも数少ないトップ選手が出るレース。コンディションも含めてどのような記録が出るのだろうと思っていましたが、オリンピックを目指すという難しいところもあり、プレッシャーがあったのではないか。ただ、各選手は最後まで記録に対しても、日本人トップに対しても執着が見られた」と評価。日本人トップの西山雄介(トヨタ自動車)について、「自己ベストを更新して、日本人トップになりながら悔し涙を流す姿を見て、日本のマラソンは強くなれると確信しました」と慮った。

広告の下にコンテンツが続きます

東京五輪に続いて2度目のMGCによる選考については、パリ五輪の結果を踏まえて「検証はこれから」というが、「多くの方に感心を持っていただけましたし、MGCを勝ち抜いた、タフなところで勝負した、というところはパリにつながる。どの選手が代表になっても自信を持って送り出せるのではないか」と言う。

一方で、世界大会の代表選手や、国内大会の上位の顔ぶれが代わる代わるなっていることについて「再現性の難しさ」とし、「それ(課題)を超えることで本当に強い選手が出てくると思います」とし、「入れ替わる状況は『自分にもチャンスがあるのではないか』と思えるので、レベルアップしていってほしい」と期待を込めた。

女子の選考レースは3月10日の名古屋ウィメンズマラソンが最後になっている。

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前) アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われた。今大会でパリ五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のファイナルチャレンジの男子の対象レースがすべて終了した。 ファイナルチャレンジ設定記録の2時間5分50秒を突破する選手が現われず、現時点ではMGC上位3人の小山直城(Honda)、赤﨑暁(九電工)、大迫傑(Nike)の3人が内定した。 レース後、日本陸連強化委員会の総括会見が開かれ、中長距離・マラソン担当の高岡寿成シニアディレクターと、瀬古利彦・日本陸連ロードランニングコミッションリーダーの2人が登壇し、選考について総括した。 瀬古リーダーは東京マラソンを終え「残念ながら2時間5分50秒を切る人が現われませんでしたが、全員がオリンピックを目指して頑張ってきたのは評価してあげたい。オリンピック代表争いが決まったら、その3人を応援していきたい」と話す。 高岡シニアディレクターは今大会について「世界でも数少ないトップ選手が出るレース。コンディションも含めてどのような記録が出るのだろうと思っていましたが、オリンピックを目指すという難しいところもあり、プレッシャーがあったのではないか。ただ、各選手は最後まで記録に対しても、日本人トップに対しても執着が見られた」と評価。日本人トップの西山雄介(トヨタ自動車)について、「自己ベストを更新して、日本人トップになりながら悔し涙を流す姿を見て、日本のマラソンは強くなれると確信しました」と慮った。 東京五輪に続いて2度目のMGCによる選考については、パリ五輪の結果を踏まえて「検証はこれから」というが、「多くの方に感心を持っていただけましたし、MGCを勝ち抜いた、タフなところで勝負した、というところはパリにつながる。どの選手が代表になっても自信を持って送り出せるのではないか」と言う。 一方で、世界大会の代表選手や、国内大会の上位の顔ぶれが代わる代わるなっていることについて「再現性の難しさ」とし、「それ(課題)を超えることで本当に強い選手が出てくると思います」とし、「入れ替わる状況は『自分にもチャンスがあるのではないか』と思えるので、レベルアップしていってほしい」と期待を込めた。 女子の選考レースは3月10日の名古屋ウィメンズマラソンが最後になっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top