HOME 特集

2024.02.27

【惜別コラム】福島の顔であり続けた今井正人『山の神』の原点となった青東駅伝の“お国入り”
【惜別コラム】福島の顔であり続けた今井正人『山の神』の原点となった青東駅伝の“お国入り”

笑みを浮かべながらラストレースを走る今井正人(写真/和田悟志)

“山の神”と称された今井正人さんが、ついにユニフォームを脱ぐことになった。

現役ラストレースとなった日本選手権クロスカントリーのレース後、「山あり谷ありの谷の方が深く、うまくいかないことのほうが多かった」と現役時代を振り返ったように、幾度と挫折を味わおうと、何度でも立ち上がってきた。そんな“あきらめの悪さ”が今井さんの魅力でもあった。だからこそ、昨年10月のMGC(マラソングランドチャピオンシップ)でタイムオーバーになった後でも、まだまだ走り続けてくれるだろうと思っていた。

広告の下にコンテンツが続きます

かつてプロ野球選手を夢見ていたという今井さんは、中学時代から走る才も頭抜けていた。市町村対抗のふくしま駅伝では、中学生ながら中学生区間ではなく、大学生や社会人が走る一般区間を任されていた。さらには、野球との二足のわらじを履きながらも、都道府県駅伝では区間3位の好走を見せている。

中学卒業後は、甲子園にも出場した実績のある双葉高で野球を続けるか、強化が進む原町高で陸上競技の道に進むか、その非凡さゆえに願書を出す直前まで悩んだという。

今井さんが陸上を選んでくれてよかったというのが、陸上ファンの胸の内にある勝手な思いだが、15歳の少年にとっては相当な決断だったのだろう。プロ野球選手になるという夢にとって代わった“マラソンで世界と戦う”という新たな目標は、今井さんの覚悟の現れだった。そして、その目標は本格的に陸上を始めた高校時代から今日までずっとぶらすことがなかった。

高校時代から全国大会で活躍し、世界ユース選手権や世界クロスカントリー選手権などの世界大会にも出場し、世代を代表する選手になった。そんな今井さんだったが、福島出身の筆者にとって最も印象深いのは東日本縦断駅伝、通称“青東駅伝”での活躍だった。

広告の下にコンテンツが続きます

2002年まで開催されていたこの駅伝は、約1週間をかけて青森から東京までを都道府県対抗でタスキをつなぐ。1人の選手が複数区間を担い、移動は各自で行うというなかなかタフなレースで、実業団選手や箱根駅伝を目指す大学生が数多く出場していた。そんな大会に高校生の今井さんも、2年、3年時と出場し、それぞれの年に2区間ずつ走った。しかも、高校生ながら大学生や社会人に挑み、3度の区間賞を獲得している。

青東駅伝には名物区間があった(もしかしたら福島県チームだけにとってかもしれないが……)。宮城県白石市から福島県国見町までの14.9km、福島県チームにとっては“お国入り”と言われる区間だ。福島県チームは、故郷に錦を飾るために、その年の顔といえる選手が担っていた。この“お国入り”を高校生の今井さんは2年連続で務め、その期待に応えて2回とも区間賞に輝いている。

14.9kmという距離を高校生が走り切るのも大変だっただろう。それ以上に、このコースの最大の難関は起伏。前半10kmが上りで、後半は下るという激しいアップダウンを攻略しなければならなかった。箱根駅伝の5区ほどではないにしても、タフさが求められる区間。それを攻略しての区間賞の活躍は見事としか言いようがなかった。あの時の今井さんの活躍を記憶に留めていた人にとっては、のちの箱根駅伝での活躍は十分に納得できたのではないだろうか。これが“山の神”誕生の前夜だった。

原町高を卒業した今井さんは、千葉の順大で4年間、福岡のトヨタ自動車九州で17年間、競技者生活を送った。競技者として過ごした月日でいえば、福島でのそれはずっと少ない。それでも、引退レースには地元からも多くの人が駆けつけたと聞く。福島を離れても、青東駅伝の頃からずっと今井さんは“福島の顔”でもあるのだ。もちろん福島県民のみならず、多くの陸上ファンに愛された選手だったが……。

広告の下にコンテンツが続きます

文/和田悟志

“山の神”と称された今井正人さんが、ついにユニフォームを脱ぐことになった。 現役ラストレースとなった日本選手権クロスカントリーのレース後、「山あり谷ありの谷の方が深く、うまくいかないことのほうが多かった」と現役時代を振り返ったように、幾度と挫折を味わおうと、何度でも立ち上がってきた。そんな“あきらめの悪さ”が今井さんの魅力でもあった。だからこそ、昨年10月のMGC(マラソングランドチャピオンシップ)でタイムオーバーになった後でも、まだまだ走り続けてくれるだろうと思っていた。 かつてプロ野球選手を夢見ていたという今井さんは、中学時代から走る才も頭抜けていた。市町村対抗のふくしま駅伝では、中学生ながら中学生区間ではなく、大学生や社会人が走る一般区間を任されていた。さらには、野球との二足のわらじを履きながらも、都道府県駅伝では区間3位の好走を見せている。 中学卒業後は、甲子園にも出場した実績のある双葉高で野球を続けるか、強化が進む原町高で陸上競技の道に進むか、その非凡さゆえに願書を出す直前まで悩んだという。 今井さんが陸上を選んでくれてよかったというのが、陸上ファンの胸の内にある勝手な思いだが、15歳の少年にとっては相当な決断だったのだろう。プロ野球選手になるという夢にとって代わった“マラソンで世界と戦う”という新たな目標は、今井さんの覚悟の現れだった。そして、その目標は本格的に陸上を始めた高校時代から今日までずっとぶらすことがなかった。 高校時代から全国大会で活躍し、世界ユース選手権や世界クロスカントリー選手権などの世界大会にも出場し、世代を代表する選手になった。そんな今井さんだったが、福島出身の筆者にとって最も印象深いのは東日本縦断駅伝、通称“青東駅伝”での活躍だった。 2002年まで開催されていたこの駅伝は、約1週間をかけて青森から東京までを都道府県対抗でタスキをつなぐ。1人の選手が複数区間を担い、移動は各自で行うというなかなかタフなレースで、実業団選手や箱根駅伝を目指す大学生が数多く出場していた。そんな大会に高校生の今井さんも、2年、3年時と出場し、それぞれの年に2区間ずつ走った。しかも、高校生ながら大学生や社会人に挑み、3度の区間賞を獲得している。 青東駅伝には名物区間があった(もしかしたら福島県チームだけにとってかもしれないが……)。宮城県白石市から福島県国見町までの14.9km、福島県チームにとっては“お国入り”と言われる区間だ。福島県チームは、故郷に錦を飾るために、その年の顔といえる選手が担っていた。この“お国入り”を高校生の今井さんは2年連続で務め、その期待に応えて2回とも区間賞に輝いている。 14.9kmという距離を高校生が走り切るのも大変だっただろう。それ以上に、このコースの最大の難関は起伏。前半10kmが上りで、後半は下るという激しいアップダウンを攻略しなければならなかった。箱根駅伝の5区ほどではないにしても、タフさが求められる区間。それを攻略しての区間賞の活躍は見事としか言いようがなかった。あの時の今井さんの活躍を記憶に留めていた人にとっては、のちの箱根駅伝での活躍は十分に納得できたのではないだろうか。これが“山の神”誕生の前夜だった。 原町高を卒業した今井さんは、千葉の順大で4年間、福岡のトヨタ自動車九州で17年間、競技者生活を送った。競技者として過ごした月日でいえば、福島でのそれはずっと少ない。それでも、引退レースには地元からも多くの人が駆けつけたと聞く。福島を離れても、青東駅伝の頃からずっと今井さんは“福島の顔”でもあるのだ。もちろん福島県民のみならず、多くの陸上ファンに愛された選手だったが……。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top