HOME 国内

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン
「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

大阪マラソン2024で初マラソン初優勝を飾った平林清澄(國學院大)

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ)

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。パリ五輪男子マラソン代表の残り1枠を懸けた争いは、残念ながらMGCファイナルチャレンジ設定記録の2時間5分50秒を突破した選手は出なかった。

広告の下にコンテンツが続きます

168cm、44kgの華奢な身体が、誰よりも輝いて見えた。股関節の可動域の広さ、身体の柔軟性を生かした大きなフォームで雨の浪速路を颯爽と駆け抜けていった。

平林は、前回大会で西山和弥(トヨタ自動車)がマークした初マラソン日本記録(2時間6分45秒)、昨年の別府大分毎日マラソンで青学大4年だった横田俊吾(現・JR東日本)がマークした学生記録(2時間7分47秒)をそれぞれ一気に更新。正月の箱根駅伝後にチームの新キャプテンに就任したばかりの若武者は、「優勝できたことは率直にうれしい。学生記録は意識していましたが、勝負に徹した中で、タイムがついてきてよかった。マラソン練習の後半は一人で練習してきたので、それが終盤は生きたと思います」と胸を張って語った。

気温6.3度、小雨が降る悪コンディションの中でスタートした今回。1km2分58秒&3分00秒の2つの設定タイムが設けられ、ペースメーカーが引っ張って淡々と進む。10kmを29分43秒、15kmを44分31秒で通過。その時点で40人近くいた集団が、中間点を1時間2分46秒で通過した時点で20人ほどに。東京五輪代表で、復活を期す中村匠吾(富士通)はこの時点で第2集団からも遅れていた。

25km以降は、やや強くなった冷たい雨に加え、向かい風傾向となりペースダウン。それまで3分前後だった1kmごとのスプリットが3分05秒前後に落ち、25~30kmまでの5kmは15分21秒へ。ペースメーカーが外れそのままズルズルペースが落ち込むかに見えた。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、32kmからの上りに備え、昨年10月のMGCを制しパリ五輪代表に内定している小山直城(Honda)が前に出て、レースを牽引する。その揺さぶりに平林がすかさず対応。「自分でレースを動かそうとは思っていませんでしたが、上りも得意で勝負所となると思っていた場所だったので、そのままの流れでいきました」。ちょうどその地点で、応援に駆け付けたチームメートから声をかけられ、あの笑顔での反応となった。

その後は、小山、吉田祐也(GMOインターネットグループ)、土井大輔(黒崎播磨)ら実業団勢を置き去りにし、2時間4分48秒のベストを持つスティーブン・キッサ(ウガンダ)との一騎打ちに。「向かい風がきついところでは、前に出てくれないかなと思いましたが、最後は開き直って自分のペースでいきました」と、後半は相手に一度も先頭を譲らず栄光のフィニッシュへと飛び込んだ。

「35kmからは1km、1kmがすごく長く感じました」と平林。それでも、「マラソン、長い距離は自分の土俵。(大学)2年の夏から継続的に準備を続けて、昨年の夏以降もしっかり練習を積めていたので、それを結果で示せて良かった」と満面の笑みを浮かべた。

レース後の会見で平林について、日本陸連の瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダーも「大学3年でメジャーマラソンに勝ったのは、福岡で勝った私以来。センスは抜群」と評し、強化委員会中長距離・マラソン担当の高岡寿成シニアディレクターも「記録以上に勝ったことは素晴らしい。勝ち切るだけの強さがあった」とマラソンでの1勝の重みを知るレジェンドの言葉だけに価値がある。

広告の下にコンテンツが続きます

初マラソンだったため、もともとパリ五輪の選考には絡まない立場だったが、1年後の東京世界陸上、そして4年後のロサンゼルス五輪へ、一気に視界が広がる。

「ここが自分の最高地点ではないと思っているので。来年の東京世界陸上も狙えるのであればチャレンジしていきたいと思っていますし、日本代表のチャンスをつかめるように精進していきます」

箱根駅伝から世界へ。今後も、レースを見守った前田康弘監督と二人三脚で夢に向かって突き進む。

文/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます
◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。パリ五輪男子マラソン代表の残り1枠を懸けた争いは、残念ながらMGCファイナルチャレンジ設定記録の2時間5分50秒を突破した選手は出なかった。 168cm、44kgの華奢な身体が、誰よりも輝いて見えた。股関節の可動域の広さ、身体の柔軟性を生かした大きなフォームで雨の浪速路を颯爽と駆け抜けていった。 平林は、前回大会で西山和弥(トヨタ自動車)がマークした初マラソン日本記録(2時間6分45秒)、昨年の別府大分毎日マラソンで青学大4年だった横田俊吾(現・JR東日本)がマークした学生記録(2時間7分47秒)をそれぞれ一気に更新。正月の箱根駅伝後にチームの新キャプテンに就任したばかりの若武者は、「優勝できたことは率直にうれしい。学生記録は意識していましたが、勝負に徹した中で、タイムがついてきてよかった。マラソン練習の後半は一人で練習してきたので、それが終盤は生きたと思います」と胸を張って語った。 気温6.3度、小雨が降る悪コンディションの中でスタートした今回。1km2分58秒&3分00秒の2つの設定タイムが設けられ、ペースメーカーが引っ張って淡々と進む。10kmを29分43秒、15kmを44分31秒で通過。その時点で40人近くいた集団が、中間点を1時間2分46秒で通過した時点で20人ほどに。東京五輪代表で、復活を期す中村匠吾(富士通)はこの時点で第2集団からも遅れていた。 25km以降は、やや強くなった冷たい雨に加え、向かい風傾向となりペースダウン。それまで3分前後だった1kmごとのスプリットが3分05秒前後に落ち、25~30kmまでの5kmは15分21秒へ。ペースメーカーが外れそのままズルズルペースが落ち込むかに見えた。 しかし、32kmからの上りに備え、昨年10月のMGCを制しパリ五輪代表に内定している小山直城(Honda)が前に出て、レースを牽引する。その揺さぶりに平林がすかさず対応。「自分でレースを動かそうとは思っていませんでしたが、上りも得意で勝負所となると思っていた場所だったので、そのままの流れでいきました」。ちょうどその地点で、応援に駆け付けたチームメートから声をかけられ、あの笑顔での反応となった。 その後は、小山、吉田祐也(GMOインターネットグループ)、土井大輔(黒崎播磨)ら実業団勢を置き去りにし、2時間4分48秒のベストを持つスティーブン・キッサ(ウガンダ)との一騎打ちに。「向かい風がきついところでは、前に出てくれないかなと思いましたが、最後は開き直って自分のペースでいきました」と、後半は相手に一度も先頭を譲らず栄光のフィニッシュへと飛び込んだ。 「35kmからは1km、1kmがすごく長く感じました」と平林。それでも、「マラソン、長い距離は自分の土俵。(大学)2年の夏から継続的に準備を続けて、昨年の夏以降もしっかり練習を積めていたので、それを結果で示せて良かった」と満面の笑みを浮かべた。 レース後の会見で平林について、日本陸連の瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダーも「大学3年でメジャーマラソンに勝ったのは、福岡で勝った私以来。センスは抜群」と評し、強化委員会中長距離・マラソン担当の高岡寿成シニアディレクターも「記録以上に勝ったことは素晴らしい。勝ち切るだけの強さがあった」とマラソンでの1勝の重みを知るレジェンドの言葉だけに価値がある。 初マラソンだったため、もともとパリ五輪の選考には絡まない立場だったが、1年後の東京世界陸上、そして4年後のロサンゼルス五輪へ、一気に視界が広がる。 「ここが自分の最高地点ではないと思っているので。来年の東京世界陸上も狙えるのであればチャレンジしていきたいと思っていますし、日本代表のチャンスをつかめるように精進していきます」 箱根駅伝から世界へ。今後も、レースを見守った前田康弘監督と二人三脚で夢に向かって突き進む。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top