HOME 国内

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン
パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

大阪マラソン2024に出場した小山直城(Honda、中央)

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ)

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年10月のMGCで優勝し、パリ五輪代表に内定している小山直城(Honda)は日本歴代9位となる2時間6分33秒で3位。「目標としていた自己ベスト更新(2時間7分40秒)と3位を確保することができてよかった。できれば設楽(悠太)さんのHonda記録(2時間6分11秒)を塗り替えたかったですが、コンディションなどもあるので。MGC時と比べて8割ぐらいの状態のなか、現状の力は出し切れました」と安堵の表情を浮かべた。

五輪に向けた調整も兼ねて出場した今大会。冷たい雨の中でのレースとなったが、「雨は得意。外国人選手は寒さが苦手なので、それも有利だとポジティブに捉えていました」と意に介せず、淡々と先頭集団でレースを進めた。

レースが動いたのはペースメーカーが離れる30km手前。「他の選手の動きを見ようと、少しペースを上げました」と集団の先頭に立ち、レースを牽引した。その揺さぶりにすかさず反応したのが、初マラソン日本人最高、学生新記録の2時間6分18秒で優勝した平林清澄(國學院大3)。急激な上りが始まる32km手前で平林が仕掛けると、小山は無理に追うことはしない。「まだ距離があったので、向かい風などもあり、後半のことを考えて見切ってしまった」と振り返る。

30kmから35kmまでの5kmを14分37秒でカバーした平林に対し、小山は14分53秒。結局、その区間の差がフィニッシュタイムの差となった。「あそこでいけなかったのは自分の力不足」と反省の弁が口をつく。とはいえ、レースでしかつかむことのできないポジショニングや給水、仕掛けどころなどを確認。「給水も8回、しっかり全部取れましたし、夏のパリ五輪に向けて収穫の多いレースとなりました」と手応えもつかむことができた。

広告の下にコンテンツが続きます

MGC後にフランスに渡り、五輪コースを視察した。「起伏は日本にはないほどきつい」と言う。その対策も含め、6月に自身初となる海外(米国・ボルダー)での高地合宿を予定している。「暑さも含めてタフなレースになると思いますが、しっかり対策を講じ、五輪本番では8位入賞を目標にトレーニングを積んでいきたい」と力強く話した。

4位の吉田祐也(GMOインターネットグループ)が2時間6分37秒、5位の土井大輔(黒崎播磨)が2時間6分54秒と、自身初の2時間6分台突入を果たした。だが、いずれもMGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分50秒)に届かなかった。

文/花木 雫

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。 昨年10月のMGCで優勝し、パリ五輪代表に内定している小山直城(Honda)は日本歴代9位となる2時間6分33秒で3位。「目標としていた自己ベスト更新(2時間7分40秒)と3位を確保することができてよかった。できれば設楽(悠太)さんのHonda記録(2時間6分11秒)を塗り替えたかったですが、コンディションなどもあるので。MGC時と比べて8割ぐらいの状態のなか、現状の力は出し切れました」と安堵の表情を浮かべた。 五輪に向けた調整も兼ねて出場した今大会。冷たい雨の中でのレースとなったが、「雨は得意。外国人選手は寒さが苦手なので、それも有利だとポジティブに捉えていました」と意に介せず、淡々と先頭集団でレースを進めた。 レースが動いたのはペースメーカーが離れる30km手前。「他の選手の動きを見ようと、少しペースを上げました」と集団の先頭に立ち、レースを牽引した。その揺さぶりにすかさず反応したのが、初マラソン日本人最高、学生新記録の2時間6分18秒で優勝した平林清澄(國學院大3)。急激な上りが始まる32km手前で平林が仕掛けると、小山は無理に追うことはしない。「まだ距離があったので、向かい風などもあり、後半のことを考えて見切ってしまった」と振り返る。 30kmから35kmまでの5kmを14分37秒でカバーした平林に対し、小山は14分53秒。結局、その区間の差がフィニッシュタイムの差となった。「あそこでいけなかったのは自分の力不足」と反省の弁が口をつく。とはいえ、レースでしかつかむことのできないポジショニングや給水、仕掛けどころなどを確認。「給水も8回、しっかり全部取れましたし、夏のパリ五輪に向けて収穫の多いレースとなりました」と手応えもつかむことができた。 MGC後にフランスに渡り、五輪コースを視察した。「起伏は日本にはないほどきつい」と言う。その対策も含め、6月に自身初となる海外(米国・ボルダー)での高地合宿を予定している。「暑さも含めてタフなレースになると思いますが、しっかり対策を講じ、五輪本番では8位入賞を目標にトレーニングを積んでいきたい」と力強く話した。 4位の吉田祐也(GMOインターネットグループ)が2時間6分37秒、5位の土井大輔(黒崎播磨)が2時間6分54秒と、自身初の2時間6分台突入を果たした。だが、いずれもMGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分50秒)に届かなかった。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top