HOME 国内、大学

2024.02.25

28年ロサンゼルス五輪を視野に!初マラソン初Vの國學院大・平林清澄「日本代表のチャンスをつかめるよう精進したい」/大阪マラソン
28年ロサンゼルス五輪を視野に!初マラソン初Vの國學院大・平林清澄「日本代表のチャンスをつかめるよう精進したい」/大阪マラソン

大阪マラソン2024を制した平林清澄(國學院大)

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ)

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

晴れ晴れとした表情で「優勝会見」に臨んだ平林は、「いい練習ができていたので、自分がやってきたことをしっかり出そうと思ってスタートしました。自分が行けるところがあれば、と思っていましたが、そこで行き切れたのがよかったです」とレースを振り返った。

マラソン初挑戦ながら、MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分50秒)を上回る1km2分58秒ペースの先頭集団に挑戦。「流れに合わせて走ろう」と思ってたという。「自分で(レースを)動かそうとは思っていたなかった」そうだが、それでも31km過ぎから始まるアップダウンは「勝負所になるかな」と考えていた。

トップに立ったのが、まさにその場所。29.4kmあたりでのパリ五輪代表・小山直城(Honda)の仕掛けに真っ先に対応し、並ぶようにして上りへ。その途中で、小山の前に出た。

レースでは「箱根駅伝の距離が最長」という大学3年生にとって、30kmはすでに未知の世界。だが、「長い距離は自分の土俵ですし、自分が知らない領域を知れるのは楽しみなこと」。何より、マラソンは「大学に入ってから勝負したいと強く思うようになった」種目。沿道からの声援に笑顔で応えるシーンもあるなど、軽やかにトップを駆け抜ける。

広告の下にコンテンツが続きます

終盤のスティーブン・キッサ(ウガンダ)とのデッドヒートについては、「なかなか前に出てくれなかったけど、開き直って自分のペースでいきました」。35kmからは「すごく長く感じた」が、残り800mあたりでスパートした場面は「高架下でちょっと余裕が出たので、もう1回」と切り替えて突き放した。

福井・美方高出身。大学入学後から一気に力を伸ばし、箱根駅伝では1年時に9区2位、2年は2区で7位。そして今年は、「てっぺん」を目指すチームのエースとして2年連続の2区を走り、17位から区間3位の力走で8人抜きを演じた。

総合5位となったチームを新主将として引っ張ることになったが、まずはこの大会に向けてのトレーニングを重ねた。40km走も経験しているが、「合宿でアップダウンや風、暑さなどタフなコンディションの中での練習はやってきた」ことが、今回の結果に生きたと見ている。また、合宿ではパートナーがついたが、その後は単独での練習が多くなり、「それも、一人になってからの走りに効いてきたのかなと思います」。

初マラソンのため、今夏のパリ五輪代表選考には絡まなかったが、2028年のロサンゼルス五輪はしっかりと視野に入れている。

広告の下にコンテンツが続きます

「まだまだ先の話だけど、4年後には来る話。自分がやれることをやって、もっともっと強くなりたい。来年の東京世界陸上も狙えるのであればチャレンジしたいきたいと思っていますし、日本代表のチャンスをつかめるように精進していきたい」

前回大会で西山和弥(トヨタ自動車)が出した初マラソン日本最高記録の2時間6分45秒、さらには昨年2月に横田俊吾(青学大/現・JR東日本)が出した学生記録の2時間7分47秒を大幅に更新。日本男子マラソン界の「ホープ」として、さらなる快走を誓った。

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。 晴れ晴れとした表情で「優勝会見」に臨んだ平林は、「いい練習ができていたので、自分がやってきたことをしっかり出そうと思ってスタートしました。自分が行けるところがあれば、と思っていましたが、そこで行き切れたのがよかったです」とレースを振り返った。 マラソン初挑戦ながら、MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分50秒)を上回る1km2分58秒ペースの先頭集団に挑戦。「流れに合わせて走ろう」と思ってたという。「自分で(レースを)動かそうとは思っていたなかった」そうだが、それでも31km過ぎから始まるアップダウンは「勝負所になるかな」と考えていた。 トップに立ったのが、まさにその場所。29.4kmあたりでのパリ五輪代表・小山直城(Honda)の仕掛けに真っ先に対応し、並ぶようにして上りへ。その途中で、小山の前に出た。 レースでは「箱根駅伝の距離が最長」という大学3年生にとって、30kmはすでに未知の世界。だが、「長い距離は自分の土俵ですし、自分が知らない領域を知れるのは楽しみなこと」。何より、マラソンは「大学に入ってから勝負したいと強く思うようになった」種目。沿道からの声援に笑顔で応えるシーンもあるなど、軽やかにトップを駆け抜ける。 終盤のスティーブン・キッサ(ウガンダ)とのデッドヒートについては、「なかなか前に出てくれなかったけど、開き直って自分のペースでいきました」。35kmからは「すごく長く感じた」が、残り800mあたりでスパートした場面は「高架下でちょっと余裕が出たので、もう1回」と切り替えて突き放した。 福井・美方高出身。大学入学後から一気に力を伸ばし、箱根駅伝では1年時に9区2位、2年は2区で7位。そして今年は、「てっぺん」を目指すチームのエースとして2年連続の2区を走り、17位から区間3位の力走で8人抜きを演じた。 総合5位となったチームを新主将として引っ張ることになったが、まずはこの大会に向けてのトレーニングを重ねた。40km走も経験しているが、「合宿でアップダウンや風、暑さなどタフなコンディションの中での練習はやってきた」ことが、今回の結果に生きたと見ている。また、合宿ではパートナーがついたが、その後は単独での練習が多くなり、「それも、一人になってからの走りに効いてきたのかなと思います」。 初マラソンのため、今夏のパリ五輪代表選考には絡まなかったが、2028年のロサンゼルス五輪はしっかりと視野に入れている。 「まだまだ先の話だけど、4年後には来る話。自分がやれることをやって、もっともっと強くなりたい。来年の東京世界陸上も狙えるのであればチャレンジしたいきたいと思っていますし、日本代表のチャンスをつかめるように精進していきたい」 前回大会で西山和弥(トヨタ自動車)が出した初マラソン日本最高記録の2時間6分45秒、さらには昨年2月に横田俊吾(青学大/現・JR東日本)が出した学生記録の2時間7分47秒を大幅に更新。日本男子マラソン界の「ホープ」として、さらなる快走を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

マラソンリレーで池田&岡田の銀メダルなどパリ五輪出場権2枠獲得!男子20km、U20男子10kmで団体銀/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、男女20km、U20男女10km、そして初実施の男女混合マラソンリレーの5種目で日本が世界に挑んだ。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top