HOME 国内

2024.02.12

桐生祥秀室内2戦目は決勝に進めず オマニャラが6秒51でV/WA室内ツアー
桐生祥秀室内2戦目は決勝に進めず オマニャラが6秒51でV/WA室内ツアー

男子100mの桐生祥秀

2月11日、フランス・パリのアコーホテルズ・アリーナで世界陸連(WA)室内ツアー・シルバーのパリ室内が開催され、男子60mに出場した桐生祥秀(日本生命)は予選で6秒71の3着となり、決勝に進めなかった。

1月のチェコ室内で6秒53の室内日本記録を樹立して優勝した桐生は、これが24年シーズンの2試合目。スタートこそまずまずのリアクションタイムを出したが、中間以降はスピードに乗ることができなかった。同会場は直線路が6レーンしかなく、予選2組の2着までとタイム上位2名が決勝に進む厳しい条件もあり、タイム上位の3番目で予選落ちとなった。

なお、決勝では100mで9秒77のアフリカ記録を持つF.オマニャラ(ケニア)が6秒51の自己新で優勝を飾っている。

今季の日本男子短距離勢は室内で好記録が連発。1月には多田修平(住友電工)は6秒58、2月11日にはニューヨークでサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が6秒54とそれぞれWA室内ツアー・ゴールドで2位と健闘した。屋外でも100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)が豪州の競技会で10秒34と、この2月としては日本最速タイムをマーク。パリ五輪イヤーは例年以上の盛り上がりを見せながらスタートしている。

2月11日、フランス・パリのアコーホテルズ・アリーナで世界陸連(WA)室内ツアー・シルバーのパリ室内が開催され、男子60mに出場した桐生祥秀(日本生命)は予選で6秒71の3着となり、決勝に進めなかった。 1月のチェコ室内で6秒53の室内日本記録を樹立して優勝した桐生は、これが24年シーズンの2試合目。スタートこそまずまずのリアクションタイムを出したが、中間以降はスピードに乗ることができなかった。同会場は直線路が6レーンしかなく、予選2組の2着までとタイム上位2名が決勝に進む厳しい条件もあり、タイム上位の3番目で予選落ちとなった。 なお、決勝では100mで9秒77のアフリカ記録を持つF.オマニャラ(ケニア)が6秒51の自己新で優勝を飾っている。 今季の日本男子短距離勢は室内で好記録が連発。1月には多田修平(住友電工)は6秒58、2月11日にはニューヨークでサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が6秒54とそれぞれWA室内ツアー・ゴールドで2位と健闘した。屋外でも100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)が豪州の競技会で10秒34と、この2月としては日本最速タイムをマーク。パリ五輪イヤーは例年以上の盛り上がりを見せながらスタートしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top