HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.02.12

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~明大~児玉真輝「非常に悔しい結果」綾一輝「来年はエースとして往路を走る」
【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~明大~児玉真輝「非常に悔しい結果」綾一輝「来年はエースとして往路を走る」

明大の3区杉と4区森下のタスキリレー

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます!

【アンケート項目】
(1)大会を終えての感想、コースの攻略法など
(2)今だから話せる裏話
(3)監督車からの声掛けで心の残ったもの
(4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み

広告の下にコンテンツが続きます

●明大
総合20位(往路23位、復路8位)  11時間07分28秒
監督:山本豪

1区 大湊柊翔(1年) 区間8位
(1)個人としては六郷橋の下りなどを上手くはしれ、練習通りに力を発揮できましたが、チームとしてはシード権を取れず悔しい結果となってしまいました。
(2)ウォーミングアップの時に交通規制が掛かり、反対側の道に渡ることができなくなって、地下道などをさまよって、召集に間に合わないところでした。
(3)タスキ渡しをした時に、監督車からガッツポーズしてもらったこと。普段の豪さんは感情的ではないので。
(4)1区区間賞取ります。

2区 児玉真輝(4年) 区間23位
(1)非常に悔しい結果でした。権太坂と地元(戸塚の壁)がきつかったです。権太坂をいかに楽に登れるかが大事だと思います。
(2)予選会終了時点では9区の予定でした。
(3)「地元だから最後頑張ろう」。その声で最後になんとか頑張れました。
(4)みんなは弱くないです。来年頑張ってください。

3区 杉彩文海(4年) 区間11位
(1)最初は抑えつつ行く予定でしたが、突っ込んでしまい序盤から苦しい走りになってしまいました。しかし、後半は立て直す事ができ、最低限まとめることはできました。チームとしては、正直まったくと言っていいほど納得できる結果ではなかったです。しかし、全員が最後まであきらめることなく走り抜けるチームで、大会に臨めたこと、タスキをつなげたことは嬉しく思います。
(2)最初の1km手前で差し込みがきてしまったけど、序盤を過ぎて差し込みが治った。走っている途中でも治ることを知りました。
(3)「3区、4区、5区でここから立て直していくぞ。そのためにお前を3区に置いたんだからな」
(4)後輩たちとタスキをつなげることができて嬉しかったです。後輩たちは力があるので、今回私たちが叶えることができなかった夢をまた追いかけてほしいなと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

4区 森下翔太(2年) 区間22位
(1)不完全燃焼、予想外の結果。ラスト1kmぐらいの緩い坂がポイントだと思っていました。
(2)調整の練習が少し余裕がなかったです。
(3)「諦めたら終わりだよ」本当にそんな状態にあったから。
(4)「次はシードと区間賞を取ります。

5区 吉川響(2年) 区間21位
(1)宮ノ下から小涌園に登っていくところが最もきつかったです。序盤に余力を残すことが重要だと感じました。チームの流れを変えることができなくて非常に悔しいです。個人順位も納得のいかない結果になってしまいました。
(2)4区の時点で順位が良くなかったので自分も少し焦り気味になってしまった。
(3)「6区の堀に1秒でも前でタスキをつなごう」 自分は往路でゴールテープを切るが復路で待っている仲間がいると改めて思うことができたから。
(4)また再スタートとなるので、予選会を勝ち抜いてシード権獲得できるようにチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

6区 堀颯介(2年) 区間7位
(1)しっかり攻めた走りをすることができた。目標としていた結果には届かなかったけど、次につながるレースになりました。最初の5kmとラスト5kmを区間上位で走ることができれば良い結果につながると思います。
(2)――
(3)聞こえませんでした。
(4)強い明治を取り戻す。エースとしてチームを支える選手になる。

7区 尾﨑健斗(3年) 区間16位
(1)悔いが残ります。前半の下りで早く入りすぎたため、少し抑えて入ったほうがいいと思いました。
(2)――
(3)「後ろ気にしてるんじゃなくて前追え」
(4)シード権取れるように努めます。

広告の下にコンテンツが続きます

8区 綾一輝(1年) 区間3位
(1)並走していた大学を最後に突き放せたのでそこは良かったです。区間賞までは42秒、区間2位とは2秒差と自分の詰めの甘さが出てしまいました。シード権争いすらできなかったので悔しいです。遊行寺の坂まではタイムを気にせずリズム良く走り、そこからペースを上げていくイメージで臨みました。
(2)ケガの状態もあり、元日まで走れるかどうかわからなかった。手袋を寮に忘れてしまった。
(3)「時計を見るな!」その通りだなと、走りながら思いました。
(4)来年はエースとして往路を走り、シード権を取ります。

9区 鈴木祐太(3年) 区間8位
(1)その時出せる全力は出せたと思うが、タイムは物足りなかったです。シード獲得を目指していただけに悔しかったです。走りでは保土ケ谷までの序盤で頑張りすぎないことを気をつけました。
(2)アップで使うジョグのコースが坂しかなく、走る前から少し疲れてしまっていました。
(3)「序盤は焦らなくていいよ」焦っているつもりはなかったけど、ペースが想定よりも速くなっていました。
(4)来年度は区間賞をとってリベンジを果たしたいと思うので、また一年頑張りたいです。

10区 古井康介(2年) 区間22位
(1)自分のダメなところが全面に出てしまうレースになってしまった。個人、チームともにもっと上に行けると思います。ポイントは新八ツ山橋だと思い走りました。
(2)元駅伝監督の西弘美さんが付き添いをしてくださった。
(3)「ここからスパートだぞ」 その声から切り替えてスパートができました。
(4)レースでの強さをみにつけて今年の借りを返しに行きます。

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3)監督車からの声掛けで心の残ったもの (4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み ●明大 総合20位(往路23位、復路8位)  11時間07分28秒 監督:山本豪 1区 大湊柊翔(1年) 区間8位 (1)個人としては六郷橋の下りなどを上手くはしれ、練習通りに力を発揮できましたが、チームとしてはシード権を取れず悔しい結果となってしまいました。 (2)ウォーミングアップの時に交通規制が掛かり、反対側の道に渡ることができなくなって、地下道などをさまよって、召集に間に合わないところでした。 (3)タスキ渡しをした時に、監督車からガッツポーズしてもらったこと。普段の豪さんは感情的ではないので。 (4)1区区間賞取ります。 2区 児玉真輝(4年) 区間23位 (1)非常に悔しい結果でした。権太坂と地元(戸塚の壁)がきつかったです。権太坂をいかに楽に登れるかが大事だと思います。 (2)予選会終了時点では9区の予定でした。 (3)「地元だから最後頑張ろう」。その声で最後になんとか頑張れました。 (4)みんなは弱くないです。来年頑張ってください。 3区 杉彩文海(4年) 区間11位 (1)最初は抑えつつ行く予定でしたが、突っ込んでしまい序盤から苦しい走りになってしまいました。しかし、後半は立て直す事ができ、最低限まとめることはできました。チームとしては、正直まったくと言っていいほど納得できる結果ではなかったです。しかし、全員が最後まであきらめることなく走り抜けるチームで、大会に臨めたこと、タスキをつなげたことは嬉しく思います。 (2)最初の1km手前で差し込みがきてしまったけど、序盤を過ぎて差し込みが治った。走っている途中でも治ることを知りました。 (3)「3区、4区、5区でここから立て直していくぞ。そのためにお前を3区に置いたんだからな」 (4)後輩たちとタスキをつなげることができて嬉しかったです。後輩たちは力があるので、今回私たちが叶えることができなかった夢をまた追いかけてほしいなと思います。 4区 森下翔太(2年) 区間22位 (1)不完全燃焼、予想外の結果。ラスト1kmぐらいの緩い坂がポイントだと思っていました。 (2)調整の練習が少し余裕がなかったです。 (3)「諦めたら終わりだよ」本当にそんな状態にあったから。 (4)「次はシードと区間賞を取ります。 5区 吉川響(2年) 区間21位 (1)宮ノ下から小涌園に登っていくところが最もきつかったです。序盤に余力を残すことが重要だと感じました。チームの流れを変えることができなくて非常に悔しいです。個人順位も納得のいかない結果になってしまいました。 (2)4区の時点で順位が良くなかったので自分も少し焦り気味になってしまった。 (3)「6区の堀に1秒でも前でタスキをつなごう」 自分は往路でゴールテープを切るが復路で待っている仲間がいると改めて思うことができたから。 (4)また再スタートとなるので、予選会を勝ち抜いてシード権獲得できるようにチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。 6区 堀颯介(2年) 区間7位 (1)しっかり攻めた走りをすることができた。目標としていた結果には届かなかったけど、次につながるレースになりました。最初の5kmとラスト5kmを区間上位で走ることができれば良い結果につながると思います。 (2)―― (3)聞こえませんでした。 (4)強い明治を取り戻す。エースとしてチームを支える選手になる。 7区 尾﨑健斗(3年) 区間16位 (1)悔いが残ります。前半の下りで早く入りすぎたため、少し抑えて入ったほうがいいと思いました。 (2)―― (3)「後ろ気にしてるんじゃなくて前追え」 (4)シード権取れるように努めます。 8区 綾一輝(1年) 区間3位 (1)並走していた大学を最後に突き放せたのでそこは良かったです。区間賞までは42秒、区間2位とは2秒差と自分の詰めの甘さが出てしまいました。シード権争いすらできなかったので悔しいです。遊行寺の坂まではタイムを気にせずリズム良く走り、そこからペースを上げていくイメージで臨みました。 (2)ケガの状態もあり、元日まで走れるかどうかわからなかった。手袋を寮に忘れてしまった。 (3)「時計を見るな!」その通りだなと、走りながら思いました。 (4)来年はエースとして往路を走り、シード権を取ります。 9区 鈴木祐太(3年) 区間8位 (1)その時出せる全力は出せたと思うが、タイムは物足りなかったです。シード獲得を目指していただけに悔しかったです。走りでは保土ケ谷までの序盤で頑張りすぎないことを気をつけました。 (2)アップで使うジョグのコースが坂しかなく、走る前から少し疲れてしまっていました。 (3)「序盤は焦らなくていいよ」焦っているつもりはなかったけど、ペースが想定よりも速くなっていました。 (4)来年度は区間賞をとってリベンジを果たしたいと思うので、また一年頑張りたいです。 10区 古井康介(2年) 区間22位 (1)自分のダメなところが全面に出てしまうレースになってしまった。個人、チームともにもっと上に行けると思います。ポイントは新八ツ山橋だと思い走りました。 (2)元駅伝監督の西弘美さんが付き添いをしてくださった。 (3)「ここからスパートだぞ」 その声から切り替えてスパートができました。 (4)レースでの強さをみにつけて今年の借りを返しに行きます。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top