HOME 駅伝

2024.02.05

17年ぶり学生新のエティーリ「もうちょっと速くいけたらよかった」 順大・浅井皓貴が駒大・篠原に続く好走/丸亀ハーフ
17年ぶり学生新のエティーリ「もうちょっと速くいけたらよかった」 順大・浅井皓貴が駒大・篠原に続く好走/丸亀ハーフ

24年丸亀ハーフで9位に入った浅井皓貴(撮影/和田悟志)

第76回香川丸亀国際ハーフマラソンが、2月4日、香川県立丸亀競技場付属ハーフマラソンコースで行われ、東京国際大の留学生、リチャード・エティーリ(1年)が59分32秒の日本学生新記録を打ち立てて優勝を飾った。

「大会記録(59分17秒)を目指していた」というエティーリは、その記録保持者であり前回覇者のアレクサンダー・ムティソ(NDソフト)やチームメイトのアモス・ベット(1年)らとともに序盤から先頭集団を牽引した。

広告の下にコンテンツが続きます

スタート時の気温は8.0度で「少し寒かった」と言う。その影響もあったのか、「もうちょっと速くいけたらよかった」と振り返ったように、入りの5kmは14分22秒と、前回大会よりも14秒も遅かった。

だが、ここからペースアップし、10kmを28分24秒、15kmを42分22秒と、5km14分前後のハイラップで通過。12km過ぎには、優勝争いはエティーリとムティソの一騎打ちになった。

両者は互いに譲らず20kmを56分36秒で通過したが、最終盤にエティーリがムティソを突き放して先頭でフィニッシュテープを切った。

エティーリは、2007年にメクボ・モグスがマークしたハーフマラソンの日本学生記録(59分48秒)を17年ぶりに更新。また、20km通過の56分36秒も学生新記録だった。すでに5000m(13分00秒17)と10000m(27分06秒88)の学生記録を打ち立てているが、これで4種目の学生記録保持者となった。

広告の下にコンテンツが続きます

まだ1年生だが、“最強留学生”の呼び声高く、来シーズン以降も大学長距離界を席巻する存在になりそうだ。チームメイトのアモス・ベッドも1時間0分11秒の好記録で3位に入った。

日本人トップの8位は篠原倖太朗(駒大3年)。さらに順大の浅井皓貴(3年)が、篠原から5秒差の1時間1分09秒で9位と健闘した。浅井は昨年12月の甲佐10マイルロードで46分05秒の日本人学生最高記録を打ち立てたが、箱根駅伝では2区19位と苦戦した。

「力はかなりある。箱根は体調不良を隠して出て、私もそれに気づけず、不本意な結果でした。箱根が終わってからも体調が完全に戻っていない状況で練習をしていて、追い込み切れていなかったのですが、今回はうまく走ってくれた。甲佐の走りがまぐれじゃなかったのを証明してくれた」

指導する長門俊介駅伝監督も、浅井の力走を評価する。

広告の下にコンテンツが続きます

順大勢は海老澤憲伸(3年)も1時間1分49秒と好走。ルーキーの吉岡大翔も1時間2分25秒とまずまずの走りを見せた。来季の箱根駅伝は予選会からの再出発となるが、ロードで好結果を残し、新シーズンに向けて幸先の良い再スタートとなった。

その他の学生勢では、箱根は不出場だった駒大の伊藤蒼唯(2年)が1時間1分16秒の自己ベストで14位と健闘した。

また、箱根駅伝で2区区間賞し注目を集めていた黒田朝日(青学大2年)は1時間1分39秒で23位。「今回は自己ベストが出ればそれでいいと思っていた。上にはまだまだ速い選手はいるんですけど、ちゃんと自己ベストを出すことができたました。最後まである程度粘ることができたので、自分の中ではできる限り出せるところは出せたのかなと思います」と、手応えを口にしていた。

さらに、駿河台大の東泉大河(2年)、中大の柴田大地(1年)、東洋大の緒方澪那斗(2年)、城西大の山中秀真(4年)、青学大の塩出翔太(2年)、大東大の西川千青(3年)、創価大の吉田凌(3年)が1時間1分台をマーク。今回も学生たちの勢いが目立つ大会となった。

広告の下にコンテンツが続きます

文/和田悟志

第76回香川丸亀国際ハーフマラソンが、2月4日、香川県立丸亀競技場付属ハーフマラソンコースで行われ、東京国際大の留学生、リチャード・エティーリ(1年)が59分32秒の日本学生新記録を打ち立てて優勝を飾った。 「大会記録(59分17秒)を目指していた」というエティーリは、その記録保持者であり前回覇者のアレクサンダー・ムティソ(NDソフト)やチームメイトのアモス・ベット(1年)らとともに序盤から先頭集団を牽引した。 スタート時の気温は8.0度で「少し寒かった」と言う。その影響もあったのか、「もうちょっと速くいけたらよかった」と振り返ったように、入りの5kmは14分22秒と、前回大会よりも14秒も遅かった。 だが、ここからペースアップし、10kmを28分24秒、15kmを42分22秒と、5km14分前後のハイラップで通過。12km過ぎには、優勝争いはエティーリとムティソの一騎打ちになった。 両者は互いに譲らず20kmを56分36秒で通過したが、最終盤にエティーリがムティソを突き放して先頭でフィニッシュテープを切った。 エティーリは、2007年にメクボ・モグスがマークしたハーフマラソンの日本学生記録(59分48秒)を17年ぶりに更新。また、20km通過の56分36秒も学生新記録だった。すでに5000m(13分00秒17)と10000m(27分06秒88)の学生記録を打ち立てているが、これで4種目の学生記録保持者となった。 まだ1年生だが、“最強留学生”の呼び声高く、来シーズン以降も大学長距離界を席巻する存在になりそうだ。チームメイトのアモス・ベッドも1時間0分11秒の好記録で3位に入った。 日本人トップの8位は篠原倖太朗(駒大3年)。さらに順大の浅井皓貴(3年)が、篠原から5秒差の1時間1分09秒で9位と健闘した。浅井は昨年12月の甲佐10マイルロードで46分05秒の日本人学生最高記録を打ち立てたが、箱根駅伝では2区19位と苦戦した。 「力はかなりある。箱根は体調不良を隠して出て、私もそれに気づけず、不本意な結果でした。箱根が終わってからも体調が完全に戻っていない状況で練習をしていて、追い込み切れていなかったのですが、今回はうまく走ってくれた。甲佐の走りがまぐれじゃなかったのを証明してくれた」 指導する長門俊介駅伝監督も、浅井の力走を評価する。 順大勢は海老澤憲伸(3年)も1時間1分49秒と好走。ルーキーの吉岡大翔も1時間2分25秒とまずまずの走りを見せた。来季の箱根駅伝は予選会からの再出発となるが、ロードで好結果を残し、新シーズンに向けて幸先の良い再スタートとなった。 その他の学生勢では、箱根は不出場だった駒大の伊藤蒼唯(2年)が1時間1分16秒の自己ベストで14位と健闘した。 また、箱根駅伝で2区区間賞し注目を集めていた黒田朝日(青学大2年)は1時間1分39秒で23位。「今回は自己ベストが出ればそれでいいと思っていた。上にはまだまだ速い選手はいるんですけど、ちゃんと自己ベストを出すことができたました。最後まである程度粘ることができたので、自分の中ではできる限り出せるところは出せたのかなと思います」と、手応えを口にしていた。 さらに、駿河台大の東泉大河(2年)、中大の柴田大地(1年)、東洋大の緒方澪那斗(2年)、城西大の山中秀真(4年)、青学大の塩出翔太(2年)、大東大の西川千青(3年)、創価大の吉田凌(3年)が1時間1分台をマーク。今回も学生たちの勢いが目立つ大会となった。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top