HOME 学生長距離

2023.12.29

【箱根駅伝】“山の神”柏原竜二「今でも、箱根駅伝に生かされている」フィルターをとおして何ができるかを考える日々
【箱根駅伝】“山の神”柏原竜二「今でも、箱根駅伝に生かされている」フィルターをとおして何ができるかを考える日々

箱根駅伝の経験を生かして活躍する柏原さん

2024年1月2、3日で第100回記念大会を迎える箱根駅伝。正月の風物詩として歴史を刻んできたなかで、“山の神”と呼ばれた男たちがいる。

今井正人(順大)と柏原竜二(東洋大)――。それぞれが語る箱根駅伝の思い出と魅力とは。

広告の下にコンテンツが続きます

【箱根駅伝】“山の神”今井正人「1年生の時に澤木先生から…」見抜かれた山上りの素質 現役続ける今もモチベーションの一つ を読む

兄の影響で見始めた箱根、今井にあこがれて5区へ

――箱根駅伝を見始めたのはいつ頃ですか。

柏原 兄の影響ですね。「早稲田に竹澤健介っていうすごい選手がいるんだぞ」と言われて見始めました。

福島ではこの時期はずっと箱根駅伝のことが取り上げられていて、1週間くらいは箱根駅伝で活躍した福島県人がピックアップされる。順大の今井(正人)さんがバンバン出ていてすごい選手なんだなって。

広告の下にコンテンツが続きます

――山上りを目指したきっかけが今井正人さんというのはよく知られているエピソードですね。

柏原 高2の都道府県対抗男子駅伝で、僕は今井さんの付き添いをしていました。帰りの新幹線のホームで今しかない!と、サインをもらいつつ「箱根の5区ってどんな景色ですか?」と聞きました。

――東洋大に入ったきっかけは。

柏原 大西智也さんの走りを見て東洋大に行きたいと思ったんです。でも、そんな行けるほどの結果を残してなかったので…。高3の夏に東洋大の佐藤尚コーチに誘っていただけなければ、大学に行かずに普通に就職していたと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

――ずっと5区を志望されていたんですか。

柏原 新入生歓迎会で目標を発表するのですが、「5区をやりたいです」と言いました。当時、経験されている釜石慶太さんがいらっしゃるのに。5区は特殊だし、一番きついので逃げる人も多かったと思います。釜石さんは4年生の時にキャプテンだったのですが、「柏原のやりやすいようにするのがこのチームだから」と言って、酒井(俊幸)監督と選手の間に立って、いろいろ動いてくれました。

――5区を走るためのポイントは?

柏原 よくチームにうかがって、監督から「教えてあげて」と言われることもあるのですが、とても難しいです。唯一言えるのは「最短距離を行き過ぎないこと」。最短を通るべきところと、通っちゃいけないところがあります。大平台のヘアピンカーブなんて最短で行くときついと思います。

広告の下にコンテンツが続きます

伝えているのは「心技体の“心”しかないですよ」ということです。身体がきつくても、心が元気だったら行けます。「僕が言うことが全部正解ではないです」とも言うようにしています。

東洋大では3度の総合優勝。4年目は主将を務めた

――『山の神』と呼ばれることについて、思うところはありますか。

柏原 学生の頃は、例えばインカレで入賞してもなかなか評価されないことのストレスはありました。どんなことも箱根駅伝につなげられてしまって…。

広告の下にコンテンツが続きます

今は「周囲の評価」だと割り切っています。「神です」と言ったことも、思ったこともありません。そうやって評価してくれる中で、自分をどう表現するか。山の神として取り上げられても、それだけではない。フィルターを通して、何ができるかを考えるのが楽しかったりもしています。

――100回目を迎える箱根駅伝、そして選手へのメッセージをお願いします。

柏原 伝える側として101回目以降も盛り上げていきたいと思っています。これから先、変えていくべきところ、変えないところを、みんなで議論をして進めていってほしいです。思いを受け継いでいくのが箱根駅伝の歴史です。

酸いも甘いも経験できましたし、僕は今でも箱根駅伝に生かされている。人生を変えられるものだと思っています。100回ということは気にせず、頑張ってほしいです。

広告の下にコンテンツが続きます

◎かしわばら・りゅうじ/1989年7月13日生まれ、34歳。福島県いわき市出身。福島・いわき総合高→東洋大→富士通。
箱根駅伝成績
1年時(85回/09年) 5区1位 1時間17分18秒(総合1位)
2年時(86回/10年) 5区1位 1時間17分08秒(総合1位)
3年時(87回/11年) 5区1位  1時間17分53秒(総合2位)
4年時(88回/12年) 5区1位 1時間16分39秒(総合1位)

構成/向永拓史

2024年1月2、3日で第100回記念大会を迎える箱根駅伝。正月の風物詩として歴史を刻んできたなかで、“山の神”と呼ばれた男たちがいる。 今井正人(順大)と柏原竜二(東洋大)――。それぞれが語る箱根駅伝の思い出と魅力とは。 【箱根駅伝】“山の神”今井正人「1年生の時に澤木先生から…」見抜かれた山上りの素質 現役続ける今もモチベーションの一つ を読む

兄の影響で見始めた箱根、今井にあこがれて5区へ

――箱根駅伝を見始めたのはいつ頃ですか。 柏原 兄の影響ですね。「早稲田に竹澤健介っていうすごい選手がいるんだぞ」と言われて見始めました。 福島ではこの時期はずっと箱根駅伝のことが取り上げられていて、1週間くらいは箱根駅伝で活躍した福島県人がピックアップされる。順大の今井(正人)さんがバンバン出ていてすごい選手なんだなって。 ――山上りを目指したきっかけが今井正人さんというのはよく知られているエピソードですね。 柏原 高2の都道府県対抗男子駅伝で、僕は今井さんの付き添いをしていました。帰りの新幹線のホームで今しかない!と、サインをもらいつつ「箱根の5区ってどんな景色ですか?」と聞きました。 ――東洋大に入ったきっかけは。 柏原 大西智也さんの走りを見て東洋大に行きたいと思ったんです。でも、そんな行けるほどの結果を残してなかったので…。高3の夏に東洋大の佐藤尚コーチに誘っていただけなければ、大学に行かずに普通に就職していたと思います。 ――ずっと5区を志望されていたんですか。 柏原 新入生歓迎会で目標を発表するのですが、「5区をやりたいです」と言いました。当時、経験されている釜石慶太さんがいらっしゃるのに。5区は特殊だし、一番きついので逃げる人も多かったと思います。釜石さんは4年生の時にキャプテンだったのですが、「柏原のやりやすいようにするのがこのチームだから」と言って、酒井(俊幸)監督と選手の間に立って、いろいろ動いてくれました。 ――5区を走るためのポイントは? 柏原 よくチームにうかがって、監督から「教えてあげて」と言われることもあるのですが、とても難しいです。唯一言えるのは「最短距離を行き過ぎないこと」。最短を通るべきところと、通っちゃいけないところがあります。大平台のヘアピンカーブなんて最短で行くときついと思います。 伝えているのは「心技体の“心”しかないですよ」ということです。身体がきつくても、心が元気だったら行けます。「僕が言うことが全部正解ではないです」とも言うようにしています。 [caption id="attachment_124947" align="alignnone" width="800"] 東洋大では3度の総合優勝。4年目は主将を務めた[/caption] ――『山の神』と呼ばれることについて、思うところはありますか。 柏原 学生の頃は、例えばインカレで入賞してもなかなか評価されないことのストレスはありました。どんなことも箱根駅伝につなげられてしまって…。 今は「周囲の評価」だと割り切っています。「神です」と言ったことも、思ったこともありません。そうやって評価してくれる中で、自分をどう表現するか。山の神として取り上げられても、それだけではない。フィルターを通して、何ができるかを考えるのが楽しかったりもしています。 ――100回目を迎える箱根駅伝、そして選手へのメッセージをお願いします。 柏原 伝える側として101回目以降も盛り上げていきたいと思っています。これから先、変えていくべきところ、変えないところを、みんなで議論をして進めていってほしいです。思いを受け継いでいくのが箱根駅伝の歴史です。 酸いも甘いも経験できましたし、僕は今でも箱根駅伝に生かされている。人生を変えられるものだと思っています。100回ということは気にせず、頑張ってほしいです。 ◎かしわばら・りゅうじ/1989年7月13日生まれ、34歳。福島県いわき市出身。福島・いわき総合高→東洋大→富士通。 箱根駅伝成績 1年時(85回/09年) 5区1位 1時間17分18秒(総合1位) 2年時(86回/10年) 5区1位 1時間17分08秒(総合1位) 3年時(87回/11年) 5区1位  1時間17分53秒(総合2位) 4年時(88回/12年) 5区1位 1時間16分39秒(総合1位) 構成/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top