HOME 学生長距離

2023.12.12

【Playback箱根駅伝】30回目の節目は早大が9度目優勝!10区・昼田を名将・中村清監督が校歌で激励
【Playback箱根駅伝】30回目の節目は早大が9度目優勝!10区・昼田を名将・中村清監督が校歌で激励

第30回箱根駅伝/朦朧としながらフィニッシュする早大10区の昼田と浜田コーチ

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第30回(1954年/昭和29年)
早大が2年ぶり9度目V!ラジオ放送開始で全国区に

第30回大会は横浜市立大が初出場し、全15校で争われ、劇的な幕切れとなる。

レース序盤をリードしたのは連覇を狙う中大。1区の三浦達郎が2年連続の区間賞を獲得すると、2区の菊池直志も区間賞で首位をキープする。

3区で明大に抜かれたが、4区の杉崎隆志が区間賞の走りで首位を奪い返し、2位の明大と20秒差で5区にタスキをつないだ。

先頭を行く中大から1分29秒差の3位で小田原をスタートした早大。5区の中村保徳が区間2位と好走し、明大と中大をかわして、20年ぶりの往路優勝を成し遂げて、2位に55秒差で中大が続いた。

6区では中大の西村良三が区間賞で早大との差を1秒詰めると、7区の日置一樹も区間賞の走りで早大を逆転。っこで2分10秒の差がついたが、8区では13秒差に詰まる。

抜きつ抜かれつの攻防となるなか、早大の9区・衣笠治重が区間賞の快走。中大を再度逆転し、3分27秒差をつけて10区の昼田哲士にタスキをつないだ。

1年生の昼田は元々、1500mが専門。後ろから追いかける中大の斉藤安雄は昼田よりを走力で上回っており、逆転を防ぐために中村清監督は昼田に前半から飛ばすよう指示した。

しかし、飛ばし過ぎた昼田は品川を過ぎたあたりで失速。内幸町ではふらふらの状態になった。これを見た中村監督は急遽、校歌である『都の西北』を歌ってサイドカーの上から激励。昼田は失神状態になりながらも伴走しはじめた浜部憲一コーチとともに走り続け、倒れ込むようにフィニッシュ。早大が2年ぶり9回目の優勝を果たした。

この様子はNHKラジオで実況中継されており、当時は大きな話題となった。現在でも箱根駅伝の名場面の一つとして語り継がれている。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第30回(1954年/昭和29年) 早大が2年ぶり9度目V!ラジオ放送開始で全国区に

第30回大会は横浜市立大が初出場し、全15校で争われ、劇的な幕切れとなる。 レース序盤をリードしたのは連覇を狙う中大。1区の三浦達郎が2年連続の区間賞を獲得すると、2区の菊池直志も区間賞で首位をキープする。 3区で明大に抜かれたが、4区の杉崎隆志が区間賞の走りで首位を奪い返し、2位の明大と20秒差で5区にタスキをつないだ。 先頭を行く中大から1分29秒差の3位で小田原をスタートした早大。5区の中村保徳が区間2位と好走し、明大と中大をかわして、20年ぶりの往路優勝を成し遂げて、2位に55秒差で中大が続いた。 6区では中大の西村良三が区間賞で早大との差を1秒詰めると、7区の日置一樹も区間賞の走りで早大を逆転。っこで2分10秒の差がついたが、8区では13秒差に詰まる。 抜きつ抜かれつの攻防となるなか、早大の9区・衣笠治重が区間賞の快走。中大を再度逆転し、3分27秒差をつけて10区の昼田哲士にタスキをつないだ。 1年生の昼田は元々、1500mが専門。後ろから追いかける中大の斉藤安雄は昼田よりを走力で上回っており、逆転を防ぐために中村清監督は昼田に前半から飛ばすよう指示した。 しかし、飛ばし過ぎた昼田は品川を過ぎたあたりで失速。内幸町ではふらふらの状態になった。これを見た中村監督は急遽、校歌である『都の西北』を歌ってサイドカーの上から激励。昼田は失神状態になりながらも伴走しはじめた浜部憲一コーチとともに走り続け、倒れ込むようにフィニッシュ。早大が2年ぶり9回目の優勝を果たした。 この様子はNHKラジオで実況中継されており、当時は大きな話題となった。現在でも箱根駅伝の名場面の一つとして語り継がれている。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第30回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 早大 12時間21分10秒 2位 日大 12時間25分55秒 3位 中大 12時間27分28秒 4位 法大 12時間34分58秒 5位 明大 12時間38分26秒 6位 東洋大 12時間57分03秒 7位 立教大 12時間58分49秒 8位 東教大 13時間04分02秒 9位 専大 13時間20分35秒 10位 日体大 13時間27分16秒 11位 神奈川大 13時間41分48秒 12位 東農大 13時間50分38秒 13位 横浜国大 14時間03分30秒 14位 横浜市大 14時間18分06秒 15位 拓大 14時間21分33秒 ●区間賞 1区 三浦達郎(中大) 1時間11分17秒 2区 菊地直志(中大) 1時間06分43秒 3区 楠雪高(明大) 1時間11分07秒 4区 政成孝冶(早大) 1時間09分11秒 5区 山内二郎(法大) 1時間30分18秒 6区 西村良三(中大) 1時間15分45秒 7区 日置一樹(中大) 1時間07分44秒 8区 伊藤文雄(法大) 1時間16分00秒 9区 衣笠治重(早大) 1時間07分57秒 10区 大西増夫(法大) 1時間15分25秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top