HOME 学生長距離

2023.12.12

【Playback箱根駅伝】第29回/中大が前回のリベンジ!往路・復路・総合すべてで大会新 ラジオ中継試験的に開始
【Playback箱根駅伝】第29回/中大が前回のリベンジ!往路・復路・総合すべてで大会新 ラジオ中継試験的に開始

第29回箱根駅伝/中大1区の三浦

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第29回(1953年/昭和28年)
中大が記録ずくめの5度目V!ラジオ放送が試験的にスタート

14校が出場。8区のブレーキもあり、前回はあと一歩で優勝を逃していた中大が往路(6時間05分15秒)、復路(5時間58分26秒)、総合(12時間03分41秒)のすべてにおいて大会新記録を出して圧勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

中大は1区から先頭をひた走る。三浦達郎が区間賞スタートを切ると、前年のヘルシンキ五輪で5000mに出場した2区の井上治は明大の猛追に遭うも、1秒先着して3区にタスキをつないだ。

中大は3区、4区と首位を堅守するなか、4区では1956年メルボルン五輪で800m代表になる早大の鈴木重晴が区間タイ記録の快走。順位を4位から2位に押し上げた。

それでも中大は揺るがず。5区ではヘルシンキ五輪マラソン代表の西田勝雄が6度目の山上りを駆け抜けて往路4連覇を達成。2位の早大に5分21秒差をつけた。

なお、5区で西田以上の走りを見せたのが2年前のボストン・マラソンで日本人初の優勝を果たした日大の田中茂樹。順位を5位から3位に上げ、西田の記録を31秒上回った。

広告の下にコンテンツが続きます

復路でも中央は強さを発揮。6年連続6区の田邉定明が自身5度目となる区間賞で好スタートを切ると、7区ではヘルシンキ五輪800m代表の室矢芳隆が従来の区間記録を2分5秒も更新して、2位・早大との差を12分23秒に広げる。

復路の中大は8区以外の4人が区間賞。復路では史上初めて6時間を切る5時間58分26秒、総合でも初の12時間10分を切るスピード駅伝で、2位の早大に15分57秒の大差をつけた。

この年にはNHKのラジオが翌年からの本格実施に向けてテスト放送を実施。大相撲で名を馳せた志村正順アナウンサーが放送車に仕立てた小型自動車の屋根に上り、全国に実況中継した。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

広告の下にコンテンツが続きます
2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第29回(1953年/昭和28年) 中大が記録ずくめの5度目V!ラジオ放送が試験的にスタート

14校が出場。8区のブレーキもあり、前回はあと一歩で優勝を逃していた中大が往路(6時間05分15秒)、復路(5時間58分26秒)、総合(12時間03分41秒)のすべてにおいて大会新記録を出して圧勝した。 中大は1区から先頭をひた走る。三浦達郎が区間賞スタートを切ると、前年のヘルシンキ五輪で5000mに出場した2区の井上治は明大の猛追に遭うも、1秒先着して3区にタスキをつないだ。 中大は3区、4区と首位を堅守するなか、4区では1956年メルボルン五輪で800m代表になる早大の鈴木重晴が区間タイ記録の快走。順位を4位から2位に押し上げた。 それでも中大は揺るがず。5区ではヘルシンキ五輪マラソン代表の西田勝雄が6度目の山上りを駆け抜けて往路4連覇を達成。2位の早大に5分21秒差をつけた。 なお、5区で西田以上の走りを見せたのが2年前のボストン・マラソンで日本人初の優勝を果たした日大の田中茂樹。順位を5位から3位に上げ、西田の記録を31秒上回った。 復路でも中央は強さを発揮。6年連続6区の田邉定明が自身5度目となる区間賞で好スタートを切ると、7区ではヘルシンキ五輪800m代表の室矢芳隆が従来の区間記録を2分5秒も更新して、2位・早大との差を12分23秒に広げる。 復路の中大は8区以外の4人が区間賞。復路では史上初めて6時間を切る5時間58分26秒、総合でも初の12時間10分を切るスピード駅伝で、2位の早大に15分57秒の大差をつけた。 この年にはNHKのラジオが翌年からの本格実施に向けてテスト放送を実施。大相撲で名を馳せた志村正順アナウンサーが放送車に仕立てた小型自動車の屋根に上り、全国に実況中継した。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第29回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 中大 12時間03分41秒 2位 早大 12時間19分38秒 3位 日大 12時間27分49秒 4位 明大 12時間52分19秒 5位 東教大 12時間55分55秒 6位 専大 12時間57分12秒 7位 立教大 13時間01分05秒 8位 東農大 13時間21分28秒 9位 東洋大 13時間33分43秒 10位 神奈川大 13時間38分59秒 11位 横浜国大 13時間49分04秒 12位 法大 14時間22分19秒 13位 日体大 14時間47分10秒 14位 拓大 15時間46分11秒 ●区間賞 1区 三浦達郎(中大) 1時間10分13秒 2区 菊地健吉(明大) 1時間04分46秒 3区 中村保徳(早大) 1時間11分53秒 4区 鈴木重晴(早大) 1時間07分02秒 5区 田中茂樹(日大) 1時間28分17秒 6区 田邉定明(中大) 1時間15分05秒 7区 室矢芳隆(中大) 1時間07分01秒 8区 園部光昭(早大) 1時間16分05秒 9区 富山孝次(中大) 1時間07分39秒 10区 南木信吾(中大) 1時間11分21秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top