HOME 駅伝

2023.11.26

積水化学2年ぶり2度目のV!前回2位の雪辱 殊勲の佐藤早也伽「ここは譲れないという気持ち」/クイーンズ駅伝
積水化学2年ぶり2度目のV!前回2位の雪辱 殊勲の佐藤早也伽「ここは譲れないという気持ち」/クイーンズ駅伝

23年クイーンズ駅伝を制した積水化学

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km)

実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

2年前に悲願の初優勝。連覇を狙った前回は資生堂に大差をつけられての2位と悔しさを味わった。メンバーたちはその思いを胸に1年間を駆け抜けてきた。

1区の田浦英理歌は初出場。「緊張しました」と言うものの、「頼もしいメンバー」が控えるなか、トップから43秒差の区間5位でつないだ。

タスキを受けたのがルーキーの山本有真。名城大でも駅伝負け知らずの猛者は、「大学から実業団に入って初の駅伝で楽しみな気持ち。ルーキーとして勢いのある走りがしたかった」という言葉通り躍動する。ブダペスト世界選手権5000m代表の力を見せて区間賞デビュー。2位に順位を上げる。

前半のエース区間に入ったのがブダペスト世界選手権マラソン代表の佐藤早也伽。5km手前で資生堂の一山麻緒をとらえてトップに。その後ろからは同10000m7位のJP日本郵政グループ・廣中璃梨佳が猛追。一度は前に出られかけたが、「ここは譲れないという気持ちが大きかった」。最後はスパートで廣中を突き放してトップで中継。独走態勢を築く足がかりを作った。

広告の下にコンテンツが続きます

地元・宮城の仙台育英高出身の佐々木梨七が海外ランナーもいるなかで「自分の走りがしっかりできた」という区間7位(日本人トップ)の力走。新谷仁美へとタスキが渡った。

新谷は「みんなのお陰でずっと(テレビに)映ることができました」と笑顔。淡々と走り、区間賞こそ資生堂の高島由香に譲ったが、9月のベルリン・マラソンから気持ちを切り替えて臨んだ駅伝でしっかり仕事を果たした。

前回はメンバー外だった森智香子が安定の走りで歓喜のフィニッシュテープを切り、2位のJP日本郵政グループに1分25秒差で圧巻の継走を見せた。

前回敗れてから、「昨年、本当に悔しい思いをしたので、今年はみんなで笑顔で優勝したいと思っていた」と佐藤。豪華メンバーから優勝候補に挙がるなか、新谷は「注目チームと言われるのは幸せなことで、みんなが1年で実績を残してきたから」と言うように、悔しさをバネに、それぞれの舞台で力をつけてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

だからこそ、野口英盛監督が「今年はメンバー争いも熾烈。いろいろ悩んだ」と言うほど選手層は厚みを増した。「選手が頑張ってくれました」と称える。森は「また1年気を緩めずに」と言うところにも、“安泰”ではないことがうかがえる。「連覇、3、4連覇とできるチームを作っていきたい」と指揮官。積水化学の黄金時代へ。個性豊かなメンバーが一致団結して突き進んでいく。

◇第43回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝:11月26日/宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195km) 実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝が行われ、積水化学が2時間13分33秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。 2年前に悲願の初優勝。連覇を狙った前回は資生堂に大差をつけられての2位と悔しさを味わった。メンバーたちはその思いを胸に1年間を駆け抜けてきた。 1区の田浦英理歌は初出場。「緊張しました」と言うものの、「頼もしいメンバー」が控えるなか、トップから43秒差の区間5位でつないだ。 タスキを受けたのがルーキーの山本有真。名城大でも駅伝負け知らずの猛者は、「大学から実業団に入って初の駅伝で楽しみな気持ち。ルーキーとして勢いのある走りがしたかった」という言葉通り躍動する。ブダペスト世界選手権5000m代表の力を見せて区間賞デビュー。2位に順位を上げる。 前半のエース区間に入ったのがブダペスト世界選手権マラソン代表の佐藤早也伽。5km手前で資生堂の一山麻緒をとらえてトップに。その後ろからは同10000m7位のJP日本郵政グループ・廣中璃梨佳が猛追。一度は前に出られかけたが、「ここは譲れないという気持ちが大きかった」。最後はスパートで廣中を突き放してトップで中継。独走態勢を築く足がかりを作った。 地元・宮城の仙台育英高出身の佐々木梨七が海外ランナーもいるなかで「自分の走りがしっかりできた」という区間7位(日本人トップ)の力走。新谷仁美へとタスキが渡った。 新谷は「みんなのお陰でずっと(テレビに)映ることができました」と笑顔。淡々と走り、区間賞こそ資生堂の高島由香に譲ったが、9月のベルリン・マラソンから気持ちを切り替えて臨んだ駅伝でしっかり仕事を果たした。 前回はメンバー外だった森智香子が安定の走りで歓喜のフィニッシュテープを切り、2位のJP日本郵政グループに1分25秒差で圧巻の継走を見せた。 前回敗れてから、「昨年、本当に悔しい思いをしたので、今年はみんなで笑顔で優勝したいと思っていた」と佐藤。豪華メンバーから優勝候補に挙がるなか、新谷は「注目チームと言われるのは幸せなことで、みんなが1年で実績を残してきたから」と言うように、悔しさをバネに、それぞれの舞台で力をつけてきた。 だからこそ、野口英盛監督が「今年はメンバー争いも熾烈。いろいろ悩んだ」と言うほど選手層は厚みを増した。「選手が頑張ってくれました」と称える。森は「また1年気を緩めずに」と言うところにも、“安泰”ではないことがうかがえる。「連覇、3、4連覇とできるチームを作っていきたい」と指揮官。積水化学の黄金時代へ。個性豊かなメンバーが一致団結して突き進んでいく。

積水化学の優勝メンバーをチェック!

1区(7.0km) 田浦英理歌 22分10秒(5位) 2区(4.2km) 山本有真  13分13秒(1位) 3区(10.6km) 佐藤早也伽 33分27秒(2位) 4区(3.6km) 佐々木梨七 11分11秒(7位) 5区(10.0km) 新谷仁美 31分57秒(2位) 6区(6.795km) 森智香子  21分35秒(6位)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top