HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.11.23

箱根駅伝100回記念シンポジウムに今井正人、佐藤悠基ら登壇「筋書きのないドラマがたくさんある」
箱根駅伝100回記念シンポジウムに今井正人、佐藤悠基ら登壇「筋書きのないドラマがたくさんある」

第100回箱根駅伝シンポジウムの様子

箱根駅伝のプレイベントである「箱根駅伝100回記念シンポジウムin東京」が11月22日、東京・よみうり大手町ホールで行われた。

今回のテーマは『エースの役割 ~100回大会を前にレジェンドが語り合う~』。5区で3年連続区間賞を獲得した今井正人(トヨタ自動車九州/順大卒)、3区・1区・7区で3年連続区間新記録を樹立した佐藤悠基(SGホールディングス/東海大卒)、大東大監督として箱根駅伝を4度制した青葉昌幸氏(関東学連名誉会長)、神奈川大監督として箱根駅伝2連覇に導いた大後栄治監督がパネリストとして登壇した。山梨学大の上田誠仁顧問(関東学連駅伝対策委員長)がコーディネーター、司会進行を日本テレビの蛯原哲アナウンサーが務め、多くの名選手や名勝負を生み出してきた箱根駅伝の魅力、自身の経験談や今大会の注目点などを語り合った。

第99回箱根駅伝や10月の予選会をハイライト映像で振り返り、今年の出雲駅伝、全日本大学駅伝の結果をおさらい。前回Vの駒大の強さについて、今井は「この選手はこのぐらい走るという計算ができる。駅伝は足し算ではなく、掛け算と言われますが、それが確実にできている」と話し、大後監督は「どこかが止めないといけない。今の強い駒澤を倒さない限り、学生のレベルは上がらない」と自身の指導する神奈川大を含め、駒大以外の大学の奮起を促した。

「箱根駅伝の思い出」という話題では、1年時に2区を担った今井が、「あこがれの大会だったので緊張して、10kmまでは自分がどこにいるのかわからない、フワフワした感じだった」と振り返った一方、佐藤は「自分が目指す舞台は世界だと思って大学に入学したので、そこまで箱根駅伝に思い入れがなかった」と本音を明かす。

日大で4年時に1区を走った青葉氏は、「3年時まで毎年、エントリーメンバーに入っていましたが、当日は走れなかった。でも、この経験が指導者になってから役に立った」と振り返る。大後監督は日体大に入学してまもなく監督不在になり、先輩からマネージャーになることを勧められた。そこで「選手の勧誘から練習の計画、最終的に箱根駅伝のメンバーを決めるまで学生主体でやることに魅力を感じた」という。

続いてのテーマは「エースの役割」。パネリストたちはそれぞれどんなエース像を持つか発表。「チームの顔」と表現した今井は、「その選手が走るか走らないかでチームの結果を左右する。1区で出遅れても2区で流れを変えられるのがエースです」と述べた。佐藤は東海大時代、Ⅰ学年上の先輩・伊達秀晃をエースととらえ、「エース区間は丸投げしていた」と語ったが、4年時になった時は「自分がしっかりしないといけない」と、それまで以上に責任感が芽生えたようだ。

エースに必要なのは「チームをまとめる人間力」としたうえで、「箱根駅伝にエースはいらない」と言い切ったのは青葉氏だ。「すべて20km以上を走るのでエースでもエースでなくても変わらない。大切なのは10人がしっかり走ることで、今の駒大がそういうチーム」。大後監督はエースを「チームにいることでこういうレースをするという青写真を与えてくれる存在」と定義する。これまで多くの選手を指導してきた中では、93回大会の2区で区間賞に輝いた鈴木健吾(富士通/神奈川大卒)が唯一、エースと呼べる存在だったという。

箱根駅伝が「時代を超えて支持される理由」について、「学生スポーツなので、4年間しかない短い期間のなかで、筋書きのないドラマがたくさんある。応援する方も感情移入しながら見ることができる」と述べた今井は、「100回大会のみどころ」の回答として、フリップに「熱」と書いた。佐藤は「スーパースター誕生なるか」と記し、チームのエースにとどまらず、箱根駅伝全体を盛り上げるような新星の出現を待望している。

最後にパネリストたちが箱根駅伝ファンに向けたメッセージを語り、約2時間に渡ったシンポジウムが閉幕。第100回箱根駅伝は12月11日に16人のチームエントリーが行われ、12月29日の区間エントリーを経て、1月2日の往路、3日の復路(いずれも午前8時スタート)が行われる。

文/小野哲史

箱根駅伝のプレイベントである「箱根駅伝100回記念シンポジウムin東京」が11月22日、東京・よみうり大手町ホールで行われた。 今回のテーマは『エースの役割 ~100回大会を前にレジェンドが語り合う~』。5区で3年連続区間賞を獲得した今井正人(トヨタ自動車九州/順大卒)、3区・1区・7区で3年連続区間新記録を樹立した佐藤悠基(SGホールディングス/東海大卒)、大東大監督として箱根駅伝を4度制した青葉昌幸氏(関東学連名誉会長)、神奈川大監督として箱根駅伝2連覇に導いた大後栄治監督がパネリストとして登壇した。山梨学大の上田誠仁顧問(関東学連駅伝対策委員長)がコーディネーター、司会進行を日本テレビの蛯原哲アナウンサーが務め、多くの名選手や名勝負を生み出してきた箱根駅伝の魅力、自身の経験談や今大会の注目点などを語り合った。 第99回箱根駅伝や10月の予選会をハイライト映像で振り返り、今年の出雲駅伝、全日本大学駅伝の結果をおさらい。前回Vの駒大の強さについて、今井は「この選手はこのぐらい走るという計算ができる。駅伝は足し算ではなく、掛け算と言われますが、それが確実にできている」と話し、大後監督は「どこかが止めないといけない。今の強い駒澤を倒さない限り、学生のレベルは上がらない」と自身の指導する神奈川大を含め、駒大以外の大学の奮起を促した。 「箱根駅伝の思い出」という話題では、1年時に2区を担った今井が、「あこがれの大会だったので緊張して、10kmまでは自分がどこにいるのかわからない、フワフワした感じだった」と振り返った一方、佐藤は「自分が目指す舞台は世界だと思って大学に入学したので、そこまで箱根駅伝に思い入れがなかった」と本音を明かす。 日大で4年時に1区を走った青葉氏は、「3年時まで毎年、エントリーメンバーに入っていましたが、当日は走れなかった。でも、この経験が指導者になってから役に立った」と振り返る。大後監督は日体大に入学してまもなく監督不在になり、先輩からマネージャーになることを勧められた。そこで「選手の勧誘から練習の計画、最終的に箱根駅伝のメンバーを決めるまで学生主体でやることに魅力を感じた」という。 続いてのテーマは「エースの役割」。パネリストたちはそれぞれどんなエース像を持つか発表。「チームの顔」と表現した今井は、「その選手が走るか走らないかでチームの結果を左右する。1区で出遅れても2区で流れを変えられるのがエースです」と述べた。佐藤は東海大時代、Ⅰ学年上の先輩・伊達秀晃をエースととらえ、「エース区間は丸投げしていた」と語ったが、4年時になった時は「自分がしっかりしないといけない」と、それまで以上に責任感が芽生えたようだ。 エースに必要なのは「チームをまとめる人間力」としたうえで、「箱根駅伝にエースはいらない」と言い切ったのは青葉氏だ。「すべて20km以上を走るのでエースでもエースでなくても変わらない。大切なのは10人がしっかり走ることで、今の駒大がそういうチーム」。大後監督はエースを「チームにいることでこういうレースをするという青写真を与えてくれる存在」と定義する。これまで多くの選手を指導してきた中では、93回大会の2区で区間賞に輝いた鈴木健吾(富士通/神奈川大卒)が唯一、エースと呼べる存在だったという。 箱根駅伝が「時代を超えて支持される理由」について、「学生スポーツなので、4年間しかない短い期間のなかで、筋書きのないドラマがたくさんある。応援する方も感情移入しながら見ることができる」と述べた今井は、「100回大会のみどころ」の回答として、フリップに「熱」と書いた。佐藤は「スーパースター誕生なるか」と記し、チームのエースにとどまらず、箱根駅伝全体を盛り上げるような新星の出現を待望している。 最後にパネリストたちが箱根駅伝ファンに向けたメッセージを語り、約2時間に渡ったシンポジウムが閉幕。第100回箱根駅伝は12月11日に16人のチームエントリーが行われ、12月29日の区間エントリーを経て、1月2日の往路、3日の復路(いずれも午前8時スタート)が行われる。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top