HOME 国内、世界陸上

2023.11.21

25年東京世界陸上の大会概要など開催基本計画を発表 種目は49種目で35km競歩も実施予定 アップ会場は代々木公園など4会場
25年東京世界陸上の大会概要など開催基本計画を発表 種目は49種目で35km競歩も実施予定 アップ会場は代々木公園など4会場

国立競技場

一般財団法人東京2025世界陸上財団は11月21日、第5回理事会を開き大会概要などを組み込んだ開催基本計画を策定したことを発表した。

開催基本計画には大会概要が明記。種目数は男女各24と男女混合1の合計49種目となり、混合は4×400mリレー、パリ五輪で未実施となる35km競歩も採用される予定となっている。メイン会場は東京・国立競技場で、ウォームアップ会場・練習会場は(1)代々木公園陸上競技場(2)東京体育館陸上競技(3)東京大学陸上競技場(4)大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場の4会場となる。

基本方針として「ミッション」と「ビジョン」も決定。ミッションは「多くの人々に夢や希望を届ける」「今後の国際スポーツ大会のモデルを示す」とした。ビジョンは「東京ドリーム」「東京ブランド」「東京モデル」という3つのキーワードで表現された。実現のために組織・大会・競技の運営や、東京の魅力発信、環境への配慮、国内外の連携などの方向性が盛り込まれている。この開催基本計画に沿って大会の成功を目指していく。

大会のメインカラーには「江戸紫」を採用。大会ロゴは過去大会のテンプレートをベースに11月末頃に公募されるという。

開催基本計画に際し、尾縣貢会長は「陸上には無限の力があります。2025年の世界陸上では、満員の国立競技場で大声援を浴びたアスリートの躍動に胸を躍らせながら、陸上が持つ無限の力を直に感じてもらいたい」「ミッション、ビジョン、そして、スポーツの根幹であるフェアネスとアスリートセンタードを基本に、大会を成功に導くための開催基本計画を策定」「ステークホルダーと連携を深めていくとともに、都民、国民の皆様のご理解とご協力を得ながら、世界陸上の成功に向けて歩みを着実に進めてまいります」としている。

東京世界選手権は2025年9月13日から21日までの9日間で開催。日本での開催は2007年大阪以来18年ぶり3度目で、東京は1991年以来2度目となる。

一般財団法人東京2025世界陸上財団は11月21日、第5回理事会を開き大会概要などを組み込んだ開催基本計画を策定したことを発表した。 開催基本計画には大会概要が明記。種目数は男女各24と男女混合1の合計49種目となり、混合は4×400mリレー、パリ五輪で未実施となる35km競歩も採用される予定となっている。メイン会場は東京・国立競技場で、ウォームアップ会場・練習会場は(1)代々木公園陸上競技場(2)東京体育館陸上競技(3)東京大学陸上競技場(4)大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場の4会場となる。 基本方針として「ミッション」と「ビジョン」も決定。ミッションは「多くの人々に夢や希望を届ける」「今後の国際スポーツ大会のモデルを示す」とした。ビジョンは「東京ドリーム」「東京ブランド」「東京モデル」という3つのキーワードで表現された。実現のために組織・大会・競技の運営や、東京の魅力発信、環境への配慮、国内外の連携などの方向性が盛り込まれている。この開催基本計画に沿って大会の成功を目指していく。 大会のメインカラーには「江戸紫」を採用。大会ロゴは過去大会のテンプレートをベースに11月末頃に公募されるという。 開催基本計画に際し、尾縣貢会長は「陸上には無限の力があります。2025年の世界陸上では、満員の国立競技場で大声援を浴びたアスリートの躍動に胸を躍らせながら、陸上が持つ無限の力を直に感じてもらいたい」「ミッション、ビジョン、そして、スポーツの根幹であるフェアネスとアスリートセンタードを基本に、大会を成功に導くための開催基本計画を策定」「ステークホルダーと連携を深めていくとともに、都民、国民の皆様のご理解とご協力を得ながら、世界陸上の成功に向けて歩みを着実に進めてまいります」としている。 東京世界選手権は2025年9月13日から21日までの9日間で開催。日本での開催は2007年大阪以来18年ぶり3度目で、東京は1991年以来2度目となる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top