HOME 駅伝

2023.11.18

国士大の山本雷我が競り勝つ「勝ち切れたことは大きい」“仮想・箱根駅伝5区”で主将が好走/激坂最速王決定戦
国士大の山本雷我が競り勝つ「勝ち切れたことは大きい」“仮想・箱根駅伝5区”で主将が好走/激坂最速王決定戦

登りの部を制した山本雷我(国士大)

激坂最速王決定戦2023が11月18日、神奈川・箱根のアネスト岩田ターンパイク箱根で行われ、登りの部(13.5km)男子は山本雷我(国士大4年)が54分11秒で優勝した。

天気こそ青空がのぞいたが、強風が吹き荒れ、山陰に入ると寒さを感じる悪コンディション。その中で箱根駅伝5区を過去2年連続で走っている山本が競り勝った。

終盤は弓削征慶(山梨学大2年)と競り合い、やや先行される場面もあったが「4年生で主将でもある自分がここで負けてはいられない。意地でも前に出ようと思いました」と必死の走りで、弓削を振り切った。

「仮想・箱根駅伝5区と言われているコースで勝ち切れたことは大きいです」

箱根の山上りでは、初出場となった2022年が区間13位、23年は区間11位だった山本。来年正月も3年連続となる5区を希望している。チームのシード権獲得を目標に掲げているだけに「区間5位を目指しています。自分のところでしっかり順位を上げたい」と意気込んでいた。

登りの部は小田原料金所から箱根大観山口(アネスト岩田スカイラウンジ)までの標高差981m、平均勾配7%の坂を駆け上がるコース。標高差840mを上る箱根駅伝5区を想定して、近年は学生選手も多数出場している。

激坂最速王決定戦2023が11月18日、神奈川・箱根のアネスト岩田ターンパイク箱根で行われ、登りの部(13.5km)男子は山本雷我(国士大4年)が54分11秒で優勝した。 天気こそ青空がのぞいたが、強風が吹き荒れ、山陰に入ると寒さを感じる悪コンディション。その中で箱根駅伝5区を過去2年連続で走っている山本が競り勝った。 終盤は弓削征慶(山梨学大2年)と競り合い、やや先行される場面もあったが「4年生で主将でもある自分がここで負けてはいられない。意地でも前に出ようと思いました」と必死の走りで、弓削を振り切った。 「仮想・箱根駅伝5区と言われているコースで勝ち切れたことは大きいです」 箱根の山上りでは、初出場となった2022年が区間13位、23年は区間11位だった山本。来年正月も3年連続となる5区を希望している。チームのシード権獲得を目標に掲げているだけに「区間5位を目指しています。自分のところでしっかり順位を上げたい」と意気込んでいた。 登りの部は小田原料金所から箱根大観山口(アネスト岩田スカイラウンジ)までの標高差981m、平均勾配7%の坂を駆け上がるコース。標高差840mを上る箱根駅伝5区を想定して、近年は学生選手も多数出場している。

激坂最速王決定戦2023の登りの部上位成績

1位 山本雷我(国士大) 54分11秒 2位 弓削征慶(山梨学大) 54分19秒 3位 吉村颯斗(東農大) 55分36秒 4位 後藤天馬(国士大) 55分45秒 5位 倉島啓人(駿河台大) 55分49秒 6位 柴田大輝(中央学大) 55分53秒 7位 新山舜心(駿河台大) 56分25秒 8位 永井駿(立教大) 56分37秒 9位 渡辺大喜(国士大) 56分42秒 10位 黒岩勇禅(中央学大) 57分25秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top