HOME 国内

2023.11.14

3年越しの思い込めた鹿児島特別国体「みなさんの協力あって開催できた」新開浩一先生は亡き恩師へも感謝
3年越しの思い込めた鹿児島特別国体「みなさんの協力あって開催できた」新開浩一先生は亡き恩師へも感謝

鹿児島国体最終日に集合写真

鹿児島特別国体の陸上競技が10月13日から17日、鴨池陸上競技場で行われた。桜島の火山灰が例年以上に降るといったこともあったが、普段は浜風で厳しい向かい風が吹き荒れるスタジアムながら、関係者が「珍しい」と言うほどホームストレートが絶好の追い風基調となり、好記録に沸いた。

地元・鹿児島は最終日に実施された少年男子共通800mで、立迫大徳(鹿児島城西高3)が1分47秒97の大会新記録で優勝。タイトルは1つだったが、5日間通して地元の観客を大いに沸かせた。

広告の下にコンテンツが続きます

鹿児島にとって、まさに「待ちに待った」国体だった。本来であれば2020年秋に開催予定だったが、コロナ禍のために中止が決定。国体の中止は昭和21年(1946年)に第1回大会が始まって以来、初めてのことだった。国体は通常、数年先まで開催地が決まっているため、「延期」となるのが難しい。そうした中でも各所のはたらきかけの上、2023年に「特別国体」として組み込まれることが決定。2023年だった佐賀、24年だった滋賀などが後ろ倒しになることに合意した。

監督を務めた新開浩一先生(鹿児島南高教諭)は「佐賀や滋賀も含め、みなさんの協力があって開催できました。感謝の気持ちでいっぱいです」と話している。国体が中止となった後は「子どもたちに夢を与えたい」と地元の関係者が尽力。ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅で冬に行われている室内競技会もその一つだ。

地元での国体を目指して競技を続けたものの、コロナ禍で先延ばしとなって引退した選手たちも少なからずいる。一方で、そこから成長を遂げたアスリートもいる。鶴田玲美(南九州ファミリーマート)もその一人。当時は国体が大きな目標だったスプリンターは、その年に大ブレイクを果たし、2021年には東京五輪4×100mリレー代表となり、今年はブダペスト世界選手権200mにも出場した。鶴田は「鴨池を走ることができて幸せでした」と笑顔を浮かべ、ともに4×100mリレーでバトンをつないだ後輩たちに温かい眼差しを向けていた。

鹿児島は男女総合で8位入賞。新開先生は「運営も含めて、選手、役員みんなが頑張ってくれました。中・高、先生方、スタッフ、一丸となった結果です」と胸を張る。表彰式では写真を手にしていた新開先生。順大OBの瀬戸口良一先生の写真で、瀬戸口先生は長きにわたって鹿児島の短距離界を指導し、強化部長や理事長などを歴任した。新開先生は「僕らの年代の指導者を成長させてくれた存在で、リードしていただいた」。その瀬戸口先生は2017年6月に他界。国体開催が決まっていたため「見届けてほしかった」といい、「僕らとしては先生のために、という思いもありました」。新開先生は目頭を熱くしていた。

広告の下にコンテンツが続きます

来年の佐賀大会からは「国民スポーツ大会=国スポ」へと名称変更。これが『最後の国体』だった。晴れ渡った最終日。いつものように桜島からは噴煙が青空に上がる。集合写真に収まった鹿児島チームはみんなが満開の笑顔だった。

文/向永拓史

鹿児島特別国体の陸上競技が10月13日から17日、鴨池陸上競技場で行われた。桜島の火山灰が例年以上に降るといったこともあったが、普段は浜風で厳しい向かい風が吹き荒れるスタジアムながら、関係者が「珍しい」と言うほどホームストレートが絶好の追い風基調となり、好記録に沸いた。 地元・鹿児島は最終日に実施された少年男子共通800mで、立迫大徳(鹿児島城西高3)が1分47秒97の大会新記録で優勝。タイトルは1つだったが、5日間通して地元の観客を大いに沸かせた。 鹿児島にとって、まさに「待ちに待った」国体だった。本来であれば2020年秋に開催予定だったが、コロナ禍のために中止が決定。国体の中止は昭和21年(1946年)に第1回大会が始まって以来、初めてのことだった。国体は通常、数年先まで開催地が決まっているため、「延期」となるのが難しい。そうした中でも各所のはたらきかけの上、2023年に「特別国体」として組み込まれることが決定。2023年だった佐賀、24年だった滋賀などが後ろ倒しになることに合意した。 監督を務めた新開浩一先生(鹿児島南高教諭)は「佐賀や滋賀も含め、みなさんの協力があって開催できました。感謝の気持ちでいっぱいです」と話している。国体が中止となった後は「子どもたちに夢を与えたい」と地元の関係者が尽力。ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅で冬に行われている室内競技会もその一つだ。 地元での国体を目指して競技を続けたものの、コロナ禍で先延ばしとなって引退した選手たちも少なからずいる。一方で、そこから成長を遂げたアスリートもいる。鶴田玲美(南九州ファミリーマート)もその一人。当時は国体が大きな目標だったスプリンターは、その年に大ブレイクを果たし、2021年には東京五輪4×100mリレー代表となり、今年はブダペスト世界選手権200mにも出場した。鶴田は「鴨池を走ることができて幸せでした」と笑顔を浮かべ、ともに4×100mリレーでバトンをつないだ後輩たちに温かい眼差しを向けていた。 鹿児島は男女総合で8位入賞。新開先生は「運営も含めて、選手、役員みんなが頑張ってくれました。中・高、先生方、スタッフ、一丸となった結果です」と胸を張る。表彰式では写真を手にしていた新開先生。順大OBの瀬戸口良一先生の写真で、瀬戸口先生は長きにわたって鹿児島の短距離界を指導し、強化部長や理事長などを歴任した。新開先生は「僕らの年代の指導者を成長させてくれた存在で、リードしていただいた」。その瀬戸口先生は2017年6月に他界。国体開催が決まっていたため「見届けてほしかった」といい、「僕らとしては先生のために、という思いもありました」。新開先生は目頭を熱くしていた。 来年の佐賀大会からは「国民スポーツ大会=国スポ」へと名称変更。これが『最後の国体』だった。晴れ渡った最終日。いつものように桜島からは噴煙が青空に上がる。集合写真に収まった鹿児島チームはみんなが満開の笑顔だった。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top