HOME 国内

2023.11.12

田中希実 次世代アスリートに向け「陸上が大好きな気持ち忘れず苦しみに真摯に向き合って」
田中希実 次世代アスリートに向け「陸上が大好きな気持ち忘れず苦しみに真摯に向き合って」

田中希実(New Balance)

女子1500m・5000m日本記録保持者の田中希実(New Balance)が11月12日、東京・渋谷区の公道で行われた北渋RunRunフェスタに参加後、活動報告会を開いて報道陣の取材に応えた。

この日はイベントで北渋マイルのスターターを務めたあと、自身が次世代アスリートをサポートする「NON STOP PROJECT」の選考の一つとして、New Balanceプレゼンツ「NOZOMIRAI MILE」で参加ランナーたちと疾走した。

田中は今年のブダペスト世界選手権5000mで日本記録を樹立し、決勝では日本勢26年ぶり入賞となる8位。ダイヤモンドリーグ(DL)ブリュッセルでは5000mで14分29秒18と日本記録を更新すると、DLファイナルでも6位に食い込んだ。10月21日のミドルディスタンスサーキットでシーズンを一区切りし、11月はオフに充てている。

今シーズンを振り返り、「怒濤のような1年。いいときもあったし、悪いときもあった。すごく長くも感じるし、短かったとも感じる」と言い、「充実した1年だったのは確かで、その裏で苦しんだ時間も多かった。プロとしての厳しさ、人間として『生きる』ということを考えさせられた1年で、学びが多かったです」と語る。

印象に残ったレースにはブダペスト世界選手権5000m予選を挙げ、「心と体が一致したというレース。(周囲の人に)希実らしいなと思ってもらえたのではないか」と理由を明かす。

今年6月に次世代アスリートたちに向けたプロジェクト「NON STOP PROJECT」を発足。「私が今まで経験してきたこと、考えてきたことを、次世代のアスリートたちに伝える」ことを目的とし、すでに選考も始まっている。

実際に参加者と面談も行い、「一人ひとり、志、信念をどこに持っているか意識して面談しました。志はこうじゃないといけない、ではなくて、一人ひとりが持っている意思や目標の強さを見ていたのですが、どの子もその部分は強かったので差はなかったです」。

参加者を含めて若きアスリートたちに向けて「大好きなことをするには苦しみもある。人それぞれ苦しいこともあると思いますが、(陸上競技が)大好きという気持ちを忘れず、苦しみと真摯に向き合って、『成長したきっかけが陸上だった』と思ってほしい」と思いを話した。

来季に向けて「すでにスピード練習も再開しています」。12月上旬にも準備が整えばレースにも出場する可能性を示唆した。年明けには都道府県女子駅伝を予定しており、その後はみたびケニア合宿へ。室内レースを経て屋外シーズンインを見込んでいる。

パリ五輪では「1500mと5000mで入賞以上」が目標。「今年の取り組みをより膨らませるようにしたい。パリ五輪で実ったら一番いいなと思っています。レースで『実戦力』を上げていきたい」と語った。

女子1500m・5000m日本記録保持者の田中希実(New Balance)が11月12日、東京・渋谷区の公道で行われた北渋RunRunフェスタに参加後、活動報告会を開いて報道陣の取材に応えた。 この日はイベントで北渋マイルのスターターを務めたあと、自身が次世代アスリートをサポートする「NON STOP PROJECT」の選考の一つとして、New Balanceプレゼンツ「NOZOMIRAI MILE」で参加ランナーたちと疾走した。 田中は今年のブダペスト世界選手権5000mで日本記録を樹立し、決勝では日本勢26年ぶり入賞となる8位。ダイヤモンドリーグ(DL)ブリュッセルでは5000mで14分29秒18と日本記録を更新すると、DLファイナルでも6位に食い込んだ。10月21日のミドルディスタンスサーキットでシーズンを一区切りし、11月はオフに充てている。 今シーズンを振り返り、「怒濤のような1年。いいときもあったし、悪いときもあった。すごく長くも感じるし、短かったとも感じる」と言い、「充実した1年だったのは確かで、その裏で苦しんだ時間も多かった。プロとしての厳しさ、人間として『生きる』ということを考えさせられた1年で、学びが多かったです」と語る。 印象に残ったレースにはブダペスト世界選手権5000m予選を挙げ、「心と体が一致したというレース。(周囲の人に)希実らしいなと思ってもらえたのではないか」と理由を明かす。 今年6月に次世代アスリートたちに向けたプロジェクト「NON STOP PROJECT」を発足。「私が今まで経験してきたこと、考えてきたことを、次世代のアスリートたちに伝える」ことを目的とし、すでに選考も始まっている。 実際に参加者と面談も行い、「一人ひとり、志、信念をどこに持っているか意識して面談しました。志はこうじゃないといけない、ではなくて、一人ひとりが持っている意思や目標の強さを見ていたのですが、どの子もその部分は強かったので差はなかったです」。 参加者を含めて若きアスリートたちに向けて「大好きなことをするには苦しみもある。人それぞれ苦しいこともあると思いますが、(陸上競技が)大好きという気持ちを忘れず、苦しみと真摯に向き合って、『成長したきっかけが陸上だった』と思ってほしい」と思いを話した。 来季に向けて「すでにスピード練習も再開しています」。12月上旬にも準備が整えばレースにも出場する可能性を示唆した。年明けには都道府県女子駅伝を予定しており、その後はみたびケニア合宿へ。室内レースを経て屋外シーズンインを見込んでいる。 パリ五輪では「1500mと5000mで入賞以上」が目標。「今年の取り組みをより膨らませるようにしたい。パリ五輪で実ったら一番いいなと思っています。レースで『実戦力』を上げていきたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top