HOME 駅伝

2023.11.06

大東大が7位!「通過点」の箱根予選会トップ通過経て「目標」の18年ぶりシード獲得/全日本大学駅伝
大東大が7位!「通過点」の箱根予選会トップ通過経て「目標」の18年ぶりシード獲得/全日本大学駅伝

23年全日本大学駅伝で7位フィニッシュを果たした大東大のアンカー・菊地駿介

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、大東大が7位に入り、6位だった2005年以来18年ぶりのシード権を獲得した。

3週間前の箱根駅伝予選会を2年連続でトップ通過したライトグリーンが、昨季からの“成長”を伊勢路で見せつけた。

「箱根予選会のダメージはあったと思うのですが、今年は箱根予選会が通過点で、全日本のシード権を目標に取り組んできました。夏合宿の走り込みで、その土台を作り上げてきたので、(連戦の)心配はしていなかったです」(真名子圭監督)

1区・佐竹勇樹(4年)が5位で発進すると、2区・西川千青(3年)は区間11位、3区・久保田徹(4年)は区間9位。3区終了時で10位まで順位を落とした。しかし、後半区間に強さを発揮する。

4区・入濵輝大(2年)、5区・西代雄豪(3年)で1つずつ順位を上げると、6区のピーター・ワンジル(3年)で6位、7区の大谷章紘(3年)で5位に浮上した。アンカー・菊地駿介(4年)は城西大と創価大にかわされたものの、目標達成の7位でフィニッシュしてシード権をつかみ取った。

「大エースがいないので、総合的な戦い方で8位をピンポイントで取ろうと考えていました。前半区間に主力を置いても、上位校には勝てないので、前半区間は我慢をして、後半区間でしっかりシード圏内に入るというプランを立てていたんです。そういう意味では全区間が頑張ってくれましたね。その中でも、ちょっと崩れかけた流れを戻してくれたのが5区・西代と6区のワンジルだったと思います」(真名子監督)

狙い通りの継走で、目標順位を1つ上回った。

「正直、18年ぶりのシード権は純粋にうれしいです。前回は5年ぶりに出場して、今回ようやく大東大、本来の立ち位置に戻ってこられたでしょうか」と真名子監督。今大会では1973~76年の4連覇を含む7度の優勝を誇っており、OBの真名子監督が4年生だった2000年には3位に入っている。

次なる戦いは4度の総合優勝を経験している箱根駅伝だ。伊勢路での躍進を自信に、9年ぶりの「シード権」獲得に向かって突き進む。

文/酒井政人

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、大東大が7位に入り、6位だった2005年以来18年ぶりのシード権を獲得した。 3週間前の箱根駅伝予選会を2年連続でトップ通過したライトグリーンが、昨季からの“成長”を伊勢路で見せつけた。 「箱根予選会のダメージはあったと思うのですが、今年は箱根予選会が通過点で、全日本のシード権を目標に取り組んできました。夏合宿の走り込みで、その土台を作り上げてきたので、(連戦の)心配はしていなかったです」(真名子圭監督) 1区・佐竹勇樹(4年)が5位で発進すると、2区・西川千青(3年)は区間11位、3区・久保田徹(4年)は区間9位。3区終了時で10位まで順位を落とした。しかし、後半区間に強さを発揮する。 4区・入濵輝大(2年)、5区・西代雄豪(3年)で1つずつ順位を上げると、6区のピーター・ワンジル(3年)で6位、7区の大谷章紘(3年)で5位に浮上した。アンカー・菊地駿介(4年)は城西大と創価大にかわされたものの、目標達成の7位でフィニッシュしてシード権をつかみ取った。 「大エースがいないので、総合的な戦い方で8位をピンポイントで取ろうと考えていました。前半区間に主力を置いても、上位校には勝てないので、前半区間は我慢をして、後半区間でしっかりシード圏内に入るというプランを立てていたんです。そういう意味では全区間が頑張ってくれましたね。その中でも、ちょっと崩れかけた流れを戻してくれたのが5区・西代と6区のワンジルだったと思います」(真名子監督) 狙い通りの継走で、目標順位を1つ上回った。 「正直、18年ぶりのシード権は純粋にうれしいです。前回は5年ぶりに出場して、今回ようやく大東大、本来の立ち位置に戻ってこられたでしょうか」と真名子監督。今大会では1973~76年の4連覇を含む7度の優勝を誇っており、OBの真名子監督が4年生だった2000年には3位に入っている。 次なる戦いは4度の総合優勝を経験している箱根駅伝だ。伊勢路での躍進を自信に、9年ぶりの「シード権」獲得に向かって突き進む。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top