HOME 駅伝

2023.11.02

3区に旭化成・相澤晃、西鉄・設楽悠太!九電工・赤﨑、三菱重工・井上&山下が外れる/九州実業団毎日駅伝
3区に旭化成・相澤晃、西鉄・設楽悠太!九電工・赤﨑、三菱重工・井上&山下が外れる/九州実業団毎日駅伝

2022年全日本実業団対抗駅伝3区で区間新を樹立した相澤晃

明日11月3日の第60回九州実業団毎日駅伝(7区間80.2km)を前に、出場チームの区間オーダーが11月2日に主催者から発表された。

前回優勝の黒崎播磨は5区(13km)にエースの細谷恭平を登録。1区(12.9km)にスピードランナーの田村友佑、4区(9.5km)に弟の田村友伸を配置し、6区(10.9km)にはマラソン2時間7分55秒のベストを持つ土井大輔が入った。

同2位の九電工は1区に駒大卒1年目の山野力、2区(7km)に10000m26分台のベナード・コエチを配置し、逃げ切りを図る。10月15日のパリ五輪マラソン代表選考会(MGC)に出場した3選手のうち、大塚祥平が6区、赤﨑暁と堀尾謙介はメンバー外となった。

3区(10.9km)には10000m日本記録保持者の旭化成・相澤晃、9月に西鉄に加入したマラソン元日本記録保持者の設楽悠太など注目選手が集結。西鉄には設楽の双子の兄・啓太も所属しているが、補欠登録となった。

そのほか、三菱重工はマラソンで歴代上位の記録を持つ井上大仁と山下一貴、ハーフマラソンで1時間0分38秒のタイムを持つ林田洋翔が外れた。

大会は福岡県北九州市の本城競技場(黒崎播磨競技場in HONJO)を発着点とするコースで行われ、11月3日9時にスタート。来年の元日に行われる全日本実業団対抗駅伝の予選を兼ねており、上位8チームに出場権が与えられる。

なお、MGCに出場した選手を擁する黒崎播磨、九電工、トヨタ自動車九州、安川電機、旭化成、三菱重工、西鉄の7チームは、競技者の負担軽減などを図るための特例措置により、レース完走で全日本大会出場となる。

大会の様子はRKB毎日放送(TBS系列九州・沖縄7局ネット)にて当日午後4時25分から5時50分まで放送される。

明日11月3日の第60回九州実業団毎日駅伝(7区間80.2km)を前に、出場チームの区間オーダーが11月2日に主催者から発表された。 前回優勝の黒崎播磨は5区(13km)にエースの細谷恭平を登録。1区(12.9km)にスピードランナーの田村友佑、4区(9.5km)に弟の田村友伸を配置し、6区(10.9km)にはマラソン2時間7分55秒のベストを持つ土井大輔が入った。 同2位の九電工は1区に駒大卒1年目の山野力、2区(7km)に10000m26分台のベナード・コエチを配置し、逃げ切りを図る。10月15日のパリ五輪マラソン代表選考会(MGC)に出場した3選手のうち、大塚祥平が6区、赤﨑暁と堀尾謙介はメンバー外となった。 3区(10.9km)には10000m日本記録保持者の旭化成・相澤晃、9月に西鉄に加入したマラソン元日本記録保持者の設楽悠太など注目選手が集結。西鉄には設楽の双子の兄・啓太も所属しているが、補欠登録となった。 そのほか、三菱重工はマラソンで歴代上位の記録を持つ井上大仁と山下一貴、ハーフマラソンで1時間0分38秒のタイムを持つ林田洋翔が外れた。 大会は福岡県北九州市の本城競技場(黒崎播磨競技場in HONJO)を発着点とするコースで行われ、11月3日9時にスタート。来年の元日に行われる全日本実業団対抗駅伝の予選を兼ねており、上位8チームに出場権が与えられる。 なお、MGCに出場した選手を擁する黒崎播磨、九電工、トヨタ自動車九州、安川電機、旭化成、三菱重工、西鉄の7チームは、競技者の負担軽減などを図るための特例措置により、レース完走で全日本大会出場となる。 大会の様子はRKB毎日放送(TBS系列九州・沖縄7局ネット)にて当日午後4時25分から5時50分まで放送される。

第60回九州実業団毎日駅伝の主な区間エントリー

*はMGC特例対象チーム 黒崎播磨* 田村友佑-シトニック・キプロノ-前田義弘-田村友伸-細谷恭平-土井大輔-福谷颯太 九電工* 山野力-ベナード・コエチ-福本真大-平駿介-中村信一郎-大塚祥平-西久保遼 トヨタ自動車九州* 大城義己-志水佑守-横田玖磨-牧瀬圭斗-山口賢助-右田綺羅-河野琉威 安川電機* 漆畑瑠人-レメティキ・ジョセフ・ラジニ-岡田浩平-古賀淳紫-鈴木創士-佐藤俊輔-大畑和真 旭化成A* 井川龍人-葛西潤-相澤晃-市田孝-齋藤椋-大六野秀畝-今井崇人 三菱重工* 吉岡遼人-キプラガット・エマヌエル-的野遼大-目良隼人-近藤亮太-定方俊樹-江島崚太 西鉄* 伊東大暉-ニクソン・レシア-設楽悠太-和田照也-津田将希-甲斐翔太-太田黒卓 戸上電機製作所 吉山侑佑-サイモン・カリウキ-三代和弥-金丸逸樹-岩室天輝-中島阿廉-渡邊太陽 ひらまつ病院 荻久保寛也-イェネブロ・ビヤゼン-上田結也-上村直也-永戸聖-福田穣-栃木渡 JR九州 中村幸成-野原幸也-池田眞臣-後藤将友-稗田将大-川野敬介-井筒幸一

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top