HOME 高校

2023.11.01

女子は新潟明訓が26年ぶり県最高記録で2020年以来の優勝 男子は開志国際が5年ぶりの都大路/新潟県高校駅伝

全国高校駅伝(京都)の出場権を懸けた新潟県高校駅伝が11月1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムを発着とする駅伝周回コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は、新潟明訓が県高校最高記録の1時間11分15秒で3年ぶり10回目の優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は、開志国際が2時間10分19秒で5年ぶり2回目の頂点に立った。

女子の新潟明訓は序盤から独走した。1区(6km)の橋本和叶(2年)が19分50秒で駆け抜け、後続に1分42秒リードして2区(4.0975km)の石川桃子(1年)に中継。3区(3km)の深澤陽菜(1年)と4区(3km)の石倉心結(3年)は連続区間賞でつなぎ、5区(5km)の寺木みのり(3年)も安定した走りを見せた。

これまでの県最高記録は、1997年の全国大会で新発田商がマークした1時間11分24秒で26年ぶりの更新。新潟明訓の都大路出場は3年ぶり10回目となる。なお、2位は3分18秒差で帝京長岡。2区では留学生のパウリン・ワンジク(1年)が13分21秒の区間新をマークした。

男子の開志国際は、中越とのマッチレースの末に、5年ぶりの2回目の全国大会出場を決めた。2区終了時で先頭から14秒差の3位だったが、3区(8.1075km)のジャクソン・マイナ・ワンディア(2年)が24分33秒の区間賞で首位に浮上。だが、4区(8.0875km)で中越に逆転を許し、1秒先行された。そのまま両校が競り合う展開となったが、2秒差の2位でタスキを受けた開志国際の7区(5km)・山口千皓(3年)がすぐに追いつくと、残り1kmを切って中越を振り切り、真っ先にフィニッシュテープを切った。中越は10秒差で2年連続の2位だった。

前回大会では男子の3区で先導員の誤誘導があり、選手が200mほど長く走った中越が、主催の新潟県高体連に抗議文を提出する事態に。県高体連陸上競技専門部は、上位校の監督を含めた駅伝準備委員会を通じて対策を講じてきた。今回も前回と同じコースで行われたが、分岐や周回する場所に競技役員を増やすなどして、選手が正しいコースを走るように大会を運営した。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝(京都)の出場権を懸けた新潟県高校駅伝が11月1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムを発着とする駅伝周回コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は、新潟明訓が県高校最高記録の1時間11分15秒で3年ぶり10回目の優勝を果たした。男子(7区間42.195km)は、開志国際が2時間10分19秒で5年ぶり2回目の頂点に立った。 女子の新潟明訓は序盤から独走した。1区(6km)の橋本和叶(2年)が19分50秒で駆け抜け、後続に1分42秒リードして2区(4.0975km)の石川桃子(1年)に中継。3区(3km)の深澤陽菜(1年)と4区(3km)の石倉心結(3年)は連続区間賞でつなぎ、5区(5km)の寺木みのり(3年)も安定した走りを見せた。 これまでの県最高記録は、1997年の全国大会で新発田商がマークした1時間11分24秒で26年ぶりの更新。新潟明訓の都大路出場は3年ぶり10回目となる。なお、2位は3分18秒差で帝京長岡。2区では留学生のパウリン・ワンジク(1年)が13分21秒の区間新をマークした。 男子の開志国際は、中越とのマッチレースの末に、5年ぶりの2回目の全国大会出場を決めた。2区終了時で先頭から14秒差の3位だったが、3区(8.1075km)のジャクソン・マイナ・ワンディア(2年)が24分33秒の区間賞で首位に浮上。だが、4区(8.0875km)で中越に逆転を許し、1秒先行された。そのまま両校が競り合う展開となったが、2秒差の2位でタスキを受けた開志国際の7区(5km)・山口千皓(3年)がすぐに追いつくと、残り1kmを切って中越を振り切り、真っ先にフィニッシュテープを切った。中越は10秒差で2年連続の2位だった。 前回大会では男子の3区で先導員の誤誘導があり、選手が200mほど長く走った中越が、主催の新潟県高体連に抗議文を提出する事態に。県高体連陸上競技専門部は、上位校の監督を含めた駅伝準備委員会を通じて対策を講じてきた。今回も前回と同じコースで行われたが、分岐や周回する場所に競技役員を増やすなどして、選手が正しいコースを走るように大会を運営した。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top