HOME 高校

2023.11.01

埼玉栄が男女V 男子は2時間5分43秒で7年連続、女子は1時間11分48秒で2年ぶりの都大路へ/埼玉県高校駅伝

全国高校駅伝の出場権を懸けた埼玉県高校駅伝が11月1日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場周辺コースで行われ、男子(7区間42.195km)、女子(5区間21.0975km)ともに埼玉栄が優勝した。

昨年の全国大会で4位に入っている男子は1区(10km)こそ2位発進だったが、2区(3km)を務めたインターハイ5000m7位の松井海斗(3年)が8分23秒の区間新で駆け抜けて首位に立つ。その後はトップを独走し、4区(8.0875km)では岸本駿吾(2年)が24分05秒の区間新。2位に4分04秒差をつけてアンカーの三井翔太(2年)がフィニッシュし、2時間5分43秒で7年連続42回目の優勝を決めた。全国大会は7年連続43回目の出場となる。

広告の下にコンテンツが続きます

女子は1区(6km)を務めた福山若奈(1年)が20分23秒で首位発進すると、2区以降もオール区間賞。アンカーの久保田菜々(1年)がフィニッシュテープを切り、1時間11分48秒で2年ぶり26回目の優勝を果たした。都大路出場は2年ぶり27回目。2位には坂戸西が1時間14分10秒で続いた。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝の出場権を懸けた埼玉県高校駅伝が11月1日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場周辺コースで行われ、男子(7区間42.195km)、女子(5区間21.0975km)ともに埼玉栄が優勝した。 昨年の全国大会で4位に入っている男子は1区(10km)こそ2位発進だったが、2区(3km)を務めたインターハイ5000m7位の松井海斗(3年)が8分23秒の区間新で駆け抜けて首位に立つ。その後はトップを独走し、4区(8.0875km)では岸本駿吾(2年)が24分05秒の区間新。2位に4分04秒差をつけてアンカーの三井翔太(2年)がフィニッシュし、2時間5分43秒で7年連続42回目の優勝を決めた。全国大会は7年連続43回目の出場となる。 女子は1区(6km)を務めた福山若奈(1年)が20分23秒で首位発進すると、2区以降もオール区間賞。アンカーの久保田菜々(1年)がフィニッシュテープを切り、1時間11分48秒で2年ぶり26回目の優勝を果たした。都大路出場は2年ぶり27回目。2位には坂戸西が1時間14分10秒で続いた。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top