月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【4×400mR 】日大が20年ぶりV 早大との死闘を制す/日本IC


日本インカレ(新潟)3日目、全日程の最後を飾る男子4×400mリレーは、壮絶な競り合いの末、3分04秒32をマークした日大が早大を0.02秒抑えて20年ぶりの優勝。2位の早大も学生歴代2位の好タイムで、どちらも大会新記録だった。

レース途中から激闘を演出するかのような強い雨が降り出す。日大は3走に400m覇者の井上大地を配置。後続を突き放して直前に400mハードルを制していた山本竜大にバトンをつないだ。だが、早大のアンカー・伊東利来也が「迷いはなかった」と得意の前半で一気に差を詰めるとバックストレートで日大・山本をかわす。

「結構速いスピードで抜かれたので必死でした」と山本。早大が逃げ切るかに思われたが、山本が伊東に並びかけると、身体を投げ出したところがフィニッシュライン。わずかの差で日大が制し、男子総合優勝に華を添えた。

「つないできた3人のためにも最後まであきらめない」という思いで走ったという山本。一方の伊東は「優勝を目指していたので悔しいですが、チーム早稲田として層の厚いいいチームでした」と胸を張った。

 0.02秒差、雨中の激闘は89回の伝統を誇る日本インカレのフィナーレにふさわしい、歴史に残る名勝負だった。

■男子4×400mリレー
日 大(鵜池・荘司・井上・山本)3.04.32=大会新
早 大(小久保・小竹・山内・伊東)3.04.34=大会新
東洋大(鈴木・川上・伊東・吉津)3.05.84
中 大(森・山口・船越・藤堂)3.07.20
法 大(澤田・村石・児玉・松本)3.08.59
立命大(細野・篠原・野瀬・福字)3.10.11
福岡大(岩城・福嶋・早田・筒江)3.14.07
東海大(井本・梅谷・園田・北谷)失格



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com