HOME ニュース、大学

2020.09.13

【4×400mR 】日大が20年ぶりV 早大との死闘を制す/日本IC
【4×400mR 】日大が20年ぶりV 早大との死闘を制す/日本IC


日本インカレ(新潟)3日目、全日程の最後を飾る男子4×400mリレーは、壮絶な競り合いの末、3分04秒32をマークした日大が早大を0.02秒抑えて20年ぶりの優勝。2位の早大も学生歴代2位の好タイムで、どちらも大会新記録だった。

レース途中から激闘を演出するかのような強い雨が降り出す。日大は3走に400m覇者の井上大地を配置。後続を突き放して直前に400mハードルを制していた山本竜大にバトンをつないだ。だが、早大のアンカー・伊東利来也が「迷いはなかった」と得意の前半で一気に差を詰めるとバックストレートで日大・山本をかわす。

「結構速いスピードで抜かれたので必死でした」と山本。早大が逃げ切るかに思われたが、山本が伊東に並びかけると、身体を投げ出したところがフィニッシュライン。わずかの差で日大が制し、男子総合優勝に華を添えた。

「つないできた3人のためにも最後まであきらめない」という思いで走ったという山本。一方の伊東は「優勝を目指していたので悔しいですが、チーム早稲田として層の厚いいいチームでした」と胸を張った。

 0.02秒差、雨中の激闘は89回の伝統を誇る日本インカレのフィナーレにふさわしい、歴史に残る名勝負だった。

■男子4×400mリレー
日 大(鵜池・荘司・井上・山本)3.04.32=大会新
早 大(小久保・小竹・山内・伊東)3.04.34=大会新
東洋大(鈴木・川上・伊東・吉津)3.05.84
中 大(森・山口・船越・藤堂)3.07.20
法 大(澤田・村石・児玉・松本)3.08.59
立命大(細野・篠原・野瀬・福字)3.10.11
福岡大(岩城・福嶋・早田・筒江)3.14.07
東海大(井本・梅谷・園田・北谷)失格

日本インカレ(新潟)3日目、全日程の最後を飾る男子4×400mリレーは、壮絶な競り合いの末、3分04秒32をマークした日大が早大を0.02秒抑えて20年ぶりの優勝。2位の早大も学生歴代2位の好タイムで、どちらも大会新記録だった。 レース途中から激闘を演出するかのような強い雨が降り出す。日大は3走に400m覇者の井上大地を配置。後続を突き放して直前に400mハードルを制していた山本竜大にバトンをつないだ。だが、早大のアンカー・伊東利来也が「迷いはなかった」と得意の前半で一気に差を詰めるとバックストレートで日大・山本をかわす。 「結構速いスピードで抜かれたので必死でした」と山本。早大が逃げ切るかに思われたが、山本が伊東に並びかけると、身体を投げ出したところがフィニッシュライン。わずかの差で日大が制し、男子総合優勝に華を添えた。 「つないできた3人のためにも最後まであきらめない」という思いで走ったという山本。一方の伊東は「優勝を目指していたので悔しいですが、チーム早稲田として層の厚いいいチームでした」と胸を張った。  0.02秒差、雨中の激闘は89回の伝統を誇る日本インカレのフィナーレにふさわしい、歴史に残る名勝負だった。 ■男子4×400mリレー 日 大(鵜池・荘司・井上・山本)3.04.32=大会新 早 大(小久保・小竹・山内・伊東)3.04.34=大会新 東洋大(鈴木・川上・伊東・吉津)3.05.84 中 大(森・山口・船越・藤堂)3.07.20 法 大(澤田・村石・児玉・松本)3.08.59 立命大(細野・篠原・野瀬・福字)3.10.11 福岡大(岩城・福嶋・早田・筒江)3.14.07 東海大(井本・梅谷・園田・北谷)失格

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top