月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【200m】兒玉がスプリント3冠 恩師の記録上回る23秒68/日本IC


日本インカレ(新潟)3日目、女子200mが行われ、兒玉芽生(福岡大)が23秒68(-0.8)で優勝。100m、4×100mリレーと合わせて3冠を達成した。この種目での3冠は2012年の市川華菜(中京大、現ミズノ)以来8年ぶり。

兒玉は「意識するポイントに集中した」と、取り組んできた「骨盤から走るイメージ」を持ってスタート。序盤はライバルの齋藤愛美(大阪成蹊大)に出られたが、その後はグングンと加速に乗って突き放した。

23秒68は学生歴代7位タイとなる自己新で、大学で指導を信岡沙希重コーチの記録を上回った。兒玉は「日本選手権ではいい記録で2冠できるように」と話した。

■女子200m決勝(-0.8)
兒玉 芽生(福岡大) 23.68
齋藤 愛美 (大阪成蹊大)23.98
壹岐あいこ(立命大)24.23
景山 咲穗(筑波大)24.30
田路 遥香 (中大)24.80
宮園 彩恵(国士大)24.88
渡邊  輝 (福岡大3)24.88
浜田 真衣(立教大)24.98

■女子200m学生歴代
23.15(1.5) 髙橋萌木子(平成国際大3) 2009. 5. 3
23.51(0.4) 市川 華菜(中京大4) 2012. 6. 9
23.63(1.8) 土井 杏南(大東大1) 2014. 5. 3
23.64(0.0) 丹野 麻美(福島大4) 2007. 6.10
23.66(0.6) 中村 水月(大阪成蹊大4) 2017. 5.12
23.67(1.3) 和田 麻希(龍谷大3) 2007. 9. 9
23.68(0.7) 今井沙緒里(至学館大2) 2010. 8.28
23.68(0.4) 青山 聖佳(大阪成蹊大1) 2015.10.18
23.68(-0.8) 兒玉 芽生(福岡大3) 2020. 9.13
23.74(1.9) 信岡沙希重(早大4) 1999. 5.30

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com