HOME 国内

2023.10.01

走高跳・戸邉直人がアキレス腱断裂から1年5ヵ月ぶり復帰戦!2m15で5位も「たくさんの人に感謝の気持ちでいっぱい」/新潟ACC
走高跳・戸邉直人がアキレス腱断裂から1年5ヵ月ぶり復帰戦!2m15で5位も「たくさんの人に感謝の気持ちでいっぱい」/新潟ACC

アキレス腱断裂から復帰した男子走高跳の戸邉直人

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンススタジアム)

日本グランプリシリーズ新潟大会のアスレチックスチャレンジカップ(新潟ACC)の2日目が行われ、男子走高跳の戸邉直人(JAL)は2m15で5位ながら約1年5ヵ月ぶりの競技会復帰を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

「とりあえず、ここに戻ってきて安心。記録や順位はまだまだだけど、ケガなく終えられて大満足です。ドクター、トレーナー、家族、たくさんの人に感謝の気持ちでいっぱいです」。戸邉はそう笑顔で振り返った。

跳び始めの高さが2m10。「とにかく記録を残そうと思ってやってきた」と言う戸邉は「試合に戻ってきて感慨深い思いがあるのかなと思ったけど、ただただ緊張していました」。それでも2回目にバーを越え、22年5月8日のセイコーゴールデングランプリ(2m24/4位)以来の公式記録を残した。続く2m15も2回目でクリア。2m20は3回ともクリアできなかったが、戸邉にとって大きな一歩となった。

昨年6月9日の日本選手権のウォーミングアップで、踏み切り脚の左足アキレス腱を断裂。2021年の東京五輪では日本勢49年ぶりの決勝進出を果たしたが(決勝は13位)、その予選でアキレス腱に痛みが出て、翌年に断裂という結果になってしまった。

それでも、「現役に復帰するつもりでした」。車椅子で病院に行く時に、集まってくれたチームメイトに「復帰するよ」と伝えたという。

広告の下にコンテンツが続きます

とはいえ、その後の道のりは簡単なものではない。「手術が終わって装具をつけている時は思うように歩けず、一番きつかった」。だが、2ヵ月後に歩行を始め、さらに2ヵ月後にジョギングを開始。そこからはスプリントなど本格的なトレーニングができるようになり、今年2月から跳躍練習を再開した。そこまでの期間、「あきらめずにやってこられました」と戸邉は振り返る。

「来年のオリンピックの舞台には立ちたい」と、きっぱりと語る。パリ五輪の参加標準記録は2m33。世界選手権では22年オレゴン大会で真野友博(九電工)、今年のブダペスト大会で赤松諒一(アワーズ)がいずれも8位と、自身がまだ成し遂げていない世界大会入賞を果たしており、代表争いを勝ち抜くのは簡単なことではないだろう。

それでも、2019年に出した自身の日本記録は2m35。「期間は限られていますが」と言いつつ、自身のパフォーマンスを信じて、あきらめずに突き進むつもりだ。

1991年3月生まれの32歳。世界を見ると、同年代の選手たちが活躍している。東京五輪で同時優勝を果たしたムタズ・エッサ・バルシム(カタール)は同学年で、ジャンマルコ・タンベリ(イタリア)は同じ92年生まれ。ダイヤモンドリーグなど彼らと同じ土俵で戦ってきた経験は、まだ自身の中で生きている。

広告の下にコンテンツが続きます

日本陸連アスリート委員会委員長を務め、25年東京世界選手権の大会組織委員会の理事を務めるなど、競技外での活動も積極的にこなす。大会前には中国・杭州で開催中のアジア大会を視察し、2日後には再び中国に渡るという。地元世界選手権に向けて、「さまざまな知見からより良い大会を目指していきたい」と語った。

◇アスレチックスチャレンジカップ(9月30日~10月1日/新潟市・デンカビッグスワンススタジアム) 日本グランプリシリーズ新潟大会のアスレチックスチャレンジカップ(新潟ACC)の2日目が行われ、男子走高跳の戸邉直人(JAL)は2m15で5位ながら約1年5ヵ月ぶりの競技会復帰を果たした。 「とりあえず、ここに戻ってきて安心。記録や順位はまだまだだけど、ケガなく終えられて大満足です。ドクター、トレーナー、家族、たくさんの人に感謝の気持ちでいっぱいです」。戸邉はそう笑顔で振り返った。 跳び始めの高さが2m10。「とにかく記録を残そうと思ってやってきた」と言う戸邉は「試合に戻ってきて感慨深い思いがあるのかなと思ったけど、ただただ緊張していました」。それでも2回目にバーを越え、22年5月8日のセイコーゴールデングランプリ(2m24/4位)以来の公式記録を残した。続く2m15も2回目でクリア。2m20は3回ともクリアできなかったが、戸邉にとって大きな一歩となった。 昨年6月9日の日本選手権のウォーミングアップで、踏み切り脚の左足アキレス腱を断裂。2021年の東京五輪では日本勢49年ぶりの決勝進出を果たしたが(決勝は13位)、その予選でアキレス腱に痛みが出て、翌年に断裂という結果になってしまった。 それでも、「現役に復帰するつもりでした」。車椅子で病院に行く時に、集まってくれたチームメイトに「復帰するよ」と伝えたという。 とはいえ、その後の道のりは簡単なものではない。「手術が終わって装具をつけている時は思うように歩けず、一番きつかった」。だが、2ヵ月後に歩行を始め、さらに2ヵ月後にジョギングを開始。そこからはスプリントなど本格的なトレーニングができるようになり、今年2月から跳躍練習を再開した。そこまでの期間、「あきらめずにやってこられました」と戸邉は振り返る。 「来年のオリンピックの舞台には立ちたい」と、きっぱりと語る。パリ五輪の参加標準記録は2m33。世界選手権では22年オレゴン大会で真野友博(九電工)、今年のブダペスト大会で赤松諒一(アワーズ)がいずれも8位と、自身がまだ成し遂げていない世界大会入賞を果たしており、代表争いを勝ち抜くのは簡単なことではないだろう。 それでも、2019年に出した自身の日本記録は2m35。「期間は限られていますが」と言いつつ、自身のパフォーマンスを信じて、あきらめずに突き進むつもりだ。 1991年3月生まれの32歳。世界を見ると、同年代の選手たちが活躍している。東京五輪で同時優勝を果たしたムタズ・エッサ・バルシム(カタール)は同学年で、ジャンマルコ・タンベリ(イタリア)は同じ92年生まれ。ダイヤモンドリーグなど彼らと同じ土俵で戦ってきた経験は、まだ自身の中で生きている。 日本陸連アスリート委員会委員長を務め、25年東京世界選手権の大会組織委員会の理事を務めるなど、競技外での活動も積極的にこなす。大会前には中国・杭州で開催中のアジア大会を視察し、2日後には再び中国に渡るという。地元世界選手権に向けて、「さまざまな知見からより良い大会を目指していきたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top